[CML 001732] シカゴの反戦パレードの映像

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2009年 10月 18日 (日) 08:37:59 JST


こんにちは。
イラク平和テレビ局inJapanの川島です。
今週の映像は『ピースパレード(Peace on Parade)2009』です。
シカゴの映像グループ・レイバービートから送れた
2009年7月4日の独立記念日での反戦パレードの映像です。
無料サンプル映像が下記で見られます。 ぜひご覧下さい。

 http://peacetv.jp/ 

★毎月500円の視聴登録でイラク市民メディアSANA衛星テレビの運営維持にご協力お願いします。

 
<紹介>
7月4日は、アメリカの独立記念日です。 
今年も全米各地で様々な記念行事が行われました。 
反戦運動が活発なシカゴでは、ユニークな光景がくり広げられます。 

シカゴでも記念パレートが行われ、たくさんの地域住民がパレードを見に 
来ています。 
自宅の前に椅子を置いて座っている人もかなりいて、のどかな感じです。 
このパレードに、地元の反戦団体が繰り出して、イラクからの撤退とアフ 
ガン派兵反対を訴えました。 
その姿をシカゴの映像グループのレイバービートが伝えてくれています。 
シカゴ市民の明るい反響ぶりをどうかご覧ください。 

パレードに参加しているマイク・ウォルフさんは訴えます。 
「石油とガスを守るんだと言って、何百億ドルもの予算が企業につぎこま 
れています。だから私たちはこの戦争に反対なんです。若者たちは人殺し 
をするな、自分の命もすてるな、それで儲かるのはブッシュの取り巻き連 
中だけなんだ、もうただちに撤退するしかないんだ。全兵士を今すぐ帰還 
させよう、戦争には一文も使うな、必要なのは雇用の創出なんです。」と。 

それでは、沿道の市民の反応はどうでしょうか? 
映像は戦争支持派が指を突き立てていやがらせをしている姿も写しだしま 
す。しかし、圧倒的に多くの反応は「アメリカ軍撤退」です。 

参加者のトム・シェファードさんは、「スタート地点では罵声が飛んだり 
もするんですが、終わるころになると支持者がふえていくです。今年は子 
供たちが大勢集まっているんで、とっても平静ですよ。」と語ります。 




CML メーリングリストの案内