[CML 001720] 姜徳相さん第2回講演会のお知らせ

furuno yasuyo fur-yas at vc.catv-yokohama.ne.jp
2009年 10月 17日 (土) 11:25:28 JST


みなさま、100年ネット関東からのお知らせです。

7月20日に姜徳相さんの講演会を開きましたが、もっと続きが聞きたいという要望が強く、2回追加開催することにしました。姜徳相さんからもご快諾をいただきました。これはその2回目講演会のお知らせです。  100年ネット関東 古野

       「韓国併合」100年市民ネットワーク・関東 主催講座

    第2回『韓国併合の真実−日韓の100年を問い直す』 



    講師・姜徳相 (カン・ドクサン)さん



    10月31日(土曜) 午後1:30―4:30(開場1:00)



会場・岐部ホール404(ザビエル・ホール)四谷駅徒歩2分

    千代田区麹町6−5−1、聖イグナチオ教会隣り 上智大学正門手前

参加費・500円                                        

来年2010年は、いわゆる「韓国併合」100年に当たります。「併合」=植民地化について、「村山談話」(1995年)、「日韓共同宣言」(1998年)では、「多大の損害と苦痛を与えた」と反省と謝罪の意を表明しました。他方では、「併合は朝鮮の近代化を進めた」「良い植民 地支配であった」などという言説がまかり通っています。これが日韓関係に 
陰を落とし、日朝関係の正常化を阻んでいます。こんな歴史認識の隔たりと過去清算の未了を放置したままで 「韓国併合」100年を迎えては「未来志向の日韓関係」などユメモノガ 
タリでしかありません。 こんな状況を変えていくため、市民ネットワークは運動を進め学習を重ねていくなかで、7月20日、姜徳相(カン・ドクサン)先生を講師にお招きし『韓国併合の真実−日韓の100年を問い直す』のテーマで第一回の講演会を持ちました。今回はこれに続く第二回目の講演会です。尚、第三回講演は、11月21日(土)、同時刻、同会場開催を予定しています。

一回目を聞き逃された方には概要プリントを用意していますので、今回初めてという方も、どうかふるってご参加ください。

主催:「韓国併合」100年市民ネットワーク・関東 

連絡先 港区六本木3の5の11 松本記念会館内 中山法律事務所気付  電話 03-3586-5064




CML メーリングリストの案内