[CML 001714] 新国会議員に『ウラン兵器なき世界をめざして』を!

Kazashi nkazashi at gmail.com
2009年 10月 16日 (金) 23:45:28 JST


[転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦くだ 
さい]
                     2009年 
10月16日
皆様
 1)最近、愛媛の「反核医師の会」の方が、地元 
出身の新国会議員に『ウラン兵器なき世界をめざし 
て—ICBUWの挑戦』を差し上げてくださることになり 
ました。
 核兵器廃絶のみならず、劣化ウラン兵器問題でも 
日本がリーダーシップを取ってくれるように訴える 
ため、皆さんの地元でも様々な形で新国会議員や県 
会議員の方々などに働きかけていただけませんで 
しょうか。
 
 『ウラン兵器なき世界をめざして』は、昨年4月 
の発行ですが、発行後まもない6月6日、衆議院の決 
算行政監視委員会では、民主党の横光克彦議員が、 
劣化ウラン兵器問題に対する日本政府の姿勢につい 
て質問をし、2007年12月の国連総会で採択された「劣 
化ウラン兵器の使用の影響に関する決議」を受けて 
日本政府が国連に提出した報告書の消極的内容を問 
いただし、最後は、『ウラン兵器なき世界をめざし 
て—ICBUWの挑戦』を手に持って、「総理も、この本 
に目を通してみてください!」と訴えてくれていま 
す。現政権には、野党時代の民主党のこうした姿勢 
をさらに大きく発展させ、劣化ウラン兵器問題でも 
国際的リーダーシップを取って欲しいものです。 
            http://www.nodu-hiroshima.org/ 
publication/170-2008-11-01-15-30-05

2)『ウラン兵器なき世界をめざして』発行後、政 
治家の皆さんなどへの働きかけで活用していただく 
とともに、全国の公立・大学図書館に所蔵してもら 
うようキャンペーンを進めてきています。現在のと 
ころ、おかげさまで、公立図書館は100を越す自 
治体の図書館で所蔵されていますが、大学図書館 
は、残念ながら、55大学にとどまっています。 
(NACSIS調べ/詳しくは、「図書館所蔵」マップを参 
照ください
            ーー http://www.nodu- 
hiroshima.org/multimedia/180-library

 「図書館所蔵推進キャンペーン」へのお力添えも 
合わせてお願いいたします。皆さんの地元の図書館 
や大学図書館に所蔵希望を出していただくだけで 
も、大変大きな意味があるかと思います。何卒宜し 
くお願いいたします。      草々   嘉指 
信雄      ICBUWヒロシマ・オフィス


    『ウラン兵器なき世界をめざして—ICBUWの 
挑戦』
      (合同出版、2008年4月発行/2008年度 
「平和・協同ジャーナリスト基金」奨励賞受賞)
      (定価2,500円ですが、5冊以上ご購入 
の場合は一冊2,000円で、さらに多くまとめての購 
入、あるいは委託販売の場合は一冊1,500円で対応さ 
せていただきます。)
        
   [なお、英語版『ウラン兵器なき世界をめざ 
して』も、近く刊行予定です。現在、最近の国際 
キャンペーンの展開なども加え、最後の編集作業に 
取り組んでいるところです。]


CML メーリングリストの案内