[CML 001702] Fw. [Cyberaction] 証拠の開示を求める署名をスタートしました、ぜひご参加ください

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2009年 10月 15日 (木) 23:13:40 JST


寺尾です。

グリーン・ピース・ジャパンからのメールの転送です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

件名:[Cyberaction] 証拠の開示を求める署名をスタートしました、ぜひご
参加ください
差出人:cyberaction at greenpeace.or.jp
送信日時:2009/20/15 12:34

★「公平な裁判」のために真実を明らかに!
 現在、最高裁判所の判断待ちの状態です、
 証拠の開示を求める署名にご参加ください!

昨年、調査捕鯨船団乗組員によるクジラ肉の組織的な横領を告発して逮捕・
起訴されたグリーンピース・ジャパンの2人、佐藤と鈴木の裁判で、検察に
よって記録された日新丸乗組員らの証言がまだ開示されていません。その証
拠開示の請求は現在、最高裁判所の判断を求めて特別抗告中です。真実が明
らかにされる公平な裁判の実現のために、証拠の開示を求める署名にご参加
ください。

再審無罪がほぼ確定となり免罪事件として有名な「足利事件」では、検察官
が持っていた取り調べの際の録音テープがついに弁護団に開示され、「冤罪
事件の構造」を解き明かす貴重な機会になるといわれています。検察官の持
っている証拠を開示しないまま裁判を行う日本における刑事事件の扱い方は、
国連からも繰り返し改善勧告を受けています。

最高裁判所が国際基準に沿って証拠の開示を命じてくれることを求め、みな
さまの署名を募っています。ぜひご参加ください。

お寄せいただいた署名とメッセージは、最高裁判所と青森地方裁判所へ提出
させていただきます。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/oceans/cyberaction/t2/?cyber


特定非営利活動法人グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F
電話: 03-5338-9800 FAX: 03-5338-9817

_____________________________________________________
サイバーアクション・ニュース以前のメールはhttp:
//greenpeace.or.jp/pipermail/cyberaction-news/2009/date.html
===========================================================================
講読中止・アドレス変更は以下のページで可能です。
http://www.greenpeace.or.jp/info/mail/mailmagazine_change_html






CML メーリングリストの案内