[CML 002163] 民団の全国の慰霊施設を調査・協力依頼をめぐるある応答

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2009年 11月 29日 (日) 09:23:13 JST


来年は「韓国併合」100年の年にあたりますが、民団生活局は、これを機に来年度の事業として
全国にある韓国・朝鮮人の慰霊施設(納骨堂、慰霊碑、慰霊塔など)と各地で執り行われている
韓国・朝鮮人の慰霊祭を総合的に取りまとめ、冊子に仕上げようと計画をしているようです。

下記は、民団生活局の同調査依頼を転送されたあるMLのメールに対する私の応答です。

問われている応えとしては決してはかばかしい応答とはいえないのですが、「韓国・朝鮮人の慰霊
施設」ではない韓国・朝鮮人の無名墓地、無縁墓についての「言葉にするのも臆するほどのあまり
にも痛ましい朝鮮人強制連行者の記録」のある地方(大分県)の実態の小報告にはなりえている
気がします。また、ある地方の問題はある地方の問題に終わるのではなく、全国的な問題の在り
処を把握する一視点を提供することにもつながるようにも思えます。本MLにも転載させていただく
しだいです。(下部に民団の調査依頼のメールも貼りつけておきます)

━━━━━━━━━━━
○○さんの標記の転送メールを拝見して、私も地元の革新的市民が参加しているMLに「大分県
内の韓国・朝鮮人の慰霊施設」の存否について問い合わせてみました。が、いまだになんらの応
答もないところをみると、私も上記施設の存否についてなにも知りませんが、みなさんもその存否
をご存じないのだと思います。

というわけで、残念ながらこの件に関しての有用な情報を○○さんにお知らせすることはできない
のですが、この件について私なりに調べをする中で「朝鮮人『強制連行』大分県の記録」という資
料を見つけました。→http://www.coara.or.jp/~toyotugu/renkou07.html


同記録はおそらく朝鮮人強制連行問題に関しての大分県内でのもっとも詳しい記録ではないか、
と思われます。同記録の中に「慰霊施設」の記録は見だすことはできませんでしたが(注:下記に
記す「旧鯛生金山殉職者之碑」には「「朝鮮人と思われる8体を含む」との銘記があるようですの
であえていえば朝鮮人慰霊施設のひとつと数えられなくもありませんが)、朝鮮人無名墓地に関
する複数の記録を見出すことができました。言葉にするのも臆するほどのあまりにも痛ましい
朝鮮人強制連行者の記録がここには記されていました。下記に同記録から該当部分を抜粋して
みます。

今回の民団の韓国・朝鮮人の慰霊施設全国調査の必要性はよく理解できるのですが、慰霊施
設に安置されている朝鮮人強制連行者の《みたま》はごく一部で、同強制連行者の圧倒的多数
の《みたま》は荒れ果てた無名墓地、もしくは雑草の生い茂る野の地中深くに眠らざるをえなくし
て眠らされていることを私はこの記録の読了を通じて改めて思い知らされることになりました。
全国慰霊施設の調査は調査として、無名墓地や地中に眠る《みたま》の地を探索し、弔悼の火
を焚き慰霊することの重要性をいま思っています。そういう(無名墓地などなどの)調査もできな
いものか、と。

以下、同記録2章「強制連行とその実態」から。 

………………………………………………………………
(一)県下の主な連行場所と状況
http://www.coara.or.jp/~toyotugu/renkou07.html

●昭和14年の強制連行者
・佐賀関製錬所(昭和14年)340名
・鯛生金山(昭和14年)50名
・旭金山(昭和14年)40名
・新水涌鉱山(昭和14年)40名
・尾平鉱山(昭和14年)35名

●1945年の敗戦前の強制連行者
・中津一帯(神戸製鋼)約3,000名
・宇佐一帯(飛行場、兵器廠、弾薬庫)約3,000名以上
・目田(宝珠山炭坑その他)約1,000名
・玖珠(日出台軍事練習場関係)約1,000名
・別府(十文字原)数百名
・大在坂市(住友化学及兵器廠)約3,000名以上
・戸次(飛行場関係)約800名
・犬飼・大南・中判田、約1,500名
・大野郡一帯(飛行場及その他)1,500名
・津久見一帯(小野田セメント)数百名
・佐伯一帯(軍港湾工場関係)数百名

(ニ)強制連行とその実態(2)強制連行とその実態
(注:無縁墓地があるらしいところに限って抜出しています)
http://www.coara.or.jp/~toyotugu/renkou08.html

△鯛生金山、無縁墓、八ッ
鯛生金山は、坑道延長110キロメートル、深さ540メートルといわれ、毎日が生命をかけたきわ
めて危険な労働場所であったことは言うまでもない。したがって多くの死亡者がでた。「鯛生金
山殉職者氏名」によると計236名となっている。このなかで氏名の判明しているのは日本人91
名、無縁仏15柱、その他120名となっている。その他及無縁仏合計135名はいったい日本人か、
または朝鮮人であったのか不明である。大分県朝鮮人強制連行共同調査団は地元民の「証
言」により、「共同墓地」の一角に朝鮮式につくられた頭等大の石を置いただけの墓石八つを
確認した。これらの墓石にはもちろん氏名もない。盆と正月には地元民により花と線香が供え
られていたという。現在、この無縁仏15体は金山入口の「旧鯛生金山殉職者之碑」に移されて
いるが、その碑には「朝鮮人と思われる8体を含む」と銘記してある。

△米入津小浦の軍事基地 避病院の白壁に多くのハングル文字で「とう人一八八匹」
大分県米入津には海軍回転魚雷秘密基地と思われるところに朝鮮人強制連行者が働かされ
ていたし、多数が死亡した事実が判明した。米入津小浦には人間魚雷(回転)が格納されてい
たと思われる無数の洞窟があるが、そのうち6ヵ所を確認した。某地元住民の(匿名とする)証
言によると、「朝鮮人飯場が3ヵ所、避病院(伝染病患者収容所)が1ヵ所あったが、村人たちは
あまり近よらなかった」という。避病院と言われた家屋は現在も残っている。6畳の部屋が3つ程
ある。その白壁に多くのハングル文字(朝鮮文字)が発見された。
その主なるものを記載する。
 「とう人一八八匹」とある。
 これは当時の朝鮮人労働者の人数と思われ、朝鮮人がいかに人間以下の扱いをうけていた
かをしめすものである。
 「山田    」とある。
 これは山田と言う監督の氏名と思われるが山田の奴は私の子供にも劣る奴の意味である。
 「吉澤バカ様」とある。
 吉澤は監督と思われ、馬鹿に様をつけて皮肉っている。
 「無情歳月」とある。
 これはその日、その日を悲しく過ごしている強制連行者の心情であろう。
 その他「望みはるかな波のせに、誓う心は君ゆえに」など当時の流行歌がハングル文字で書
かれている。

△尾平鉱山 無縁墓 23
尾平鉱山における朝鮮人強制連行者の実態も他の鉱山における実態と同様である。昭和14年
より4年間、同鉱山で働いていた「馬場武夫氏・68才)は「朝鮮人は坑内作業が多く(社宅や飯場)
に住んでいた。その数は300〜400名はいたと思う。家族連れの人もいた。朝鮮人の葬式を何回
もみた。鉱山の共同墓地に埋められてある。また朝鮮人が会社に石を投げるなどの騒動もあっ
た」と証言している。馬場さんの案内により「共同墓地」を調査した。共同墓地は鉱山から1キロ
メートルほどの草ヤブと雑木林のなかにあった。墓地には上の方に日本人墓地があり、下の方
に朝鮮人の墓と患われる23の墓石を確認した。墓地の入口には死亡者を「露天焼」の方法で
火葬した跡がそのまま残っている。「尾平鉱山共同墓地」は名ばかりで見るかげもない。雑木林
の中にうずもれ、だれ一人線香をあげる人もなく荒れはてたまま放置されている。

△富士紡績 大分市生石の 朝鮮人女工の無縁墓←左記は私が付け加えたものです。
大正期から戦前にかけて大分市西大分生石の富士紡績に多数の朝鮮人女工が雇用(強制連
行)されていたことや、同所の八幡地区に朝鮮人無名墓地があった(ある)ことを20年ほど前に
私は大分県の朝鮮人強制連行研究者から聞いたことがあります。

追記:
△木浦鉱山 女郎墓という無縁墓
上記に記し忘れていましたが、大分県佐伯市(旧宇目町)の木浦鉱山のある山林に地元の人
から「女郎墓」と呼ばれている石ころをポツンと置いただけの体の無縁墓があります。私も20、
30年前に同地を訪ねたことがあり、このとき「女郎墓」を確認しました。「女郎墓」はその名の
とおり同鉱山で働いていた人夫たち相手の体を張った商売をさせられていた「女郎」たちの墓
です(20、30年前までは同鉱山麓に同女郎たちが「商い」をしていたと思われる木賃宿のよう
な長屋用の小屋が遺っていましたが、いまは取り壊されています)。そのときに土地の老人か
ら同女郎墓には朝鮮人の女郎の墓も交じっている、ということを聞いたような記憶があります。
………………………………………………………………

東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp

《参考》:
●以下、民団中央本部生活局の全国にある韓国・朝鮮人の慰霊施設(納骨堂、慰霊碑、慰霊
塔など)の調査依頼のメール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 民団生活局では来年が韓日併合100周年ということで、来年度の事業として全国にある韓国・朝鮮人の慰霊施設(納骨堂、慰霊碑、慰霊塔など)と各地で執り行われている韓国・朝鮮人の慰霊祭を総合的に取りまとめ、冊子に仕上げようと計画をしています。
 現在、民団各地方本部には情報調査を依頼中です。この計画がよりよいものに仕上がるためには数多くの方からできるだけ多くの情報を集めることが是非とも必要だと考えております。
 つきましては全国連絡会の皆さまのネットワークのご協力を得て、ご協力をお願いするものです。
 まず第一次調査として
^嵶郢楡潴
∋楡澆亮鑪燹頁執堂、慰霊碑、慰霊塔など)0嵶郢楡澆僚蟶瀉
ぐ嵶邵廚亮損寨無
グ嵶邵廚亮膾甜圈紛催を含む)の団体または個人名を調査し、

次に冊子の構成・装丁等にあわせてー命伸⇒獲茘F睛禿を盛り込んでいきます。

是非、多くの方にお声をかけて頂き、ご協力下さいますようお願いします。
情報は民団生活局メールアドレス(seikatsu at mindan.org)か私宛のメールアドレスに送って下さればありがたいです。よろしくお願いします。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
民団中央本部/生活局
   副局長 陳信之
      sj-jin at mindan.org
TEL : +81-3-3454-4916
FAX : +81-3-3454-4614
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CML メーリングリストの案内