[CML 002010] 非戦つうしんミディア464  09.11.12

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2009年 11月 12日 (木) 15:38:04 JST


■前号463号でのアンケートの結果報告 5名

■今月の写真(2009年08月)・高原の花  あざみ
http://www.lcv.ne.jp/~aoyama/kongetuput908/kongetu200908.htm
==================================================
毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp
                 http://www.lcv.ne.jp/~mourima/
      ホームページアドレス(URL)が変わりました
〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
==================================================
できましたら、このつうしんが届いた機会に、
http://www.news-pj.net/をご覧下さい
特に、論評欄にご注目を
http://www.news-pj.net/comment/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
動画 続く大集会

■普天間基地即時閉鎖の意思示す/県内移設反対 21000人/沖縄県宜野湾市で県民大会[2009.11.8]
http://www.youtube.com/watch?v=SaGNJLj5C00
http://www.youtube.com/watch?v=saAFksIdMW4
http://www.youtube.com/watch?v=V7jmhPsK9pM
http://www.youtube.com/watch?v=4MRwSLggyQA
【沖縄発】「何が基地統合か!」民主党に裏切られた
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911082873/1.php
シュワブで上陸演習 米軍ヘリも上空を旋回/住民「なぜこの日に」
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-11-09-M_1-031-1_002.html
 「反対している人の大半は、県外の人。辺野古の住民で反対しているのは指で数えられるぐらい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091112-00000074-san-pol

■「雇用を守れ」「生活できる賃金と仕事を」/国民大集会に3万5000人/東京・代々木公園[2009.11.8]
http://www.youtube.com/watch?v=d-UgnD1zR5g

■反貧困世直し大集会2009〜ちゃんとやるよね!?新政権
        2009年10月17日開催の反貧困大集会の報告ビデオの短縮版(7分)です。別にフルバージョン
(19分)があります。新政権 ができて最初の反貧困ネットワークの集会です。当事者の訴え、山井厚労大臣政
務官の発言、加藤登紀子の出演もあります。700名 で「ヒンキー」の人文字をつくりました。
http://www.youtube.com/user/AntiPovertyNetwork

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
オバマ大統領にアフガニスタンからの撤兵を求める手紙が

http://salsa.democracyinaction.org/o/424/p/dia/action/public/?action_KEY=1695

で出来ます。 署名は 名前 姓 メールアドレス 所番地 市町村 その次は 最後の
Other を選択 最後の郵便番号は 00000 といれてください。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
内閣法制局長官の過去の答弁にしばられず、「政治主導」で決めていく

■憲法解釈「過去の法制局答弁にしばられず」 官房長官
2009年11月4日23時33分
http://www.asahi.com/politics/update/1104/TKY200911040357.html

■【憲法解釈をめぐる「政治主導」の暴走】
              文責: goo-needs
http://blog.goo.ne.jp/goo-needs/e/d141669539377bb2c1628ed04a3761ca

■民主党政権 四つの問題点ただす
沖縄基地 後期医療 「政治とカネ」 「官僚答弁禁止」
志位委員長が会見
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-06/2009110601_01_1.html

■岡山の野田です。
 みなさん、ぜひ民主党に反対、抗議のメールを送りましょう。
(私が送った文章を末尾に添付します)
宛先  http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
天皇陛下在位20年:会見要旨

私がむしろ心配なのは、次第に過去の歴史が忘れられていくのではないかということです。

 昭和の時代は非常に厳しい状況のもとで始まりました。昭和3年、1928年、昭和天皇の即位の礼が行われ
る前に起こったのが張作霖爆殺事件でしたし、3年後には満州事変が起こり、先の大戦に至る道のりが始まりま
した。第一次世界大戦のベルダンの古戦場を訪れ、戦場の悲惨な光景に接して平和の大切さを肝に銘じられた昭
和天皇にとって、まことに不本意な歴史であったのではないかと察しております。

 昭和の六十有余年は、私どもに、さまざまな教訓を与えてくれます。過去の歴史的事実を十分に知って、未来
に備えることが大切と思います。
http://mainichi.jp/select/wadai/koushitsu/news/20091112k0000m040132000c.html

■以上の部分の発言、皆さんはどう思いますか。
私は、「昭和天皇にとって、まことに不本意な歴史であった」というところにはとても賛同できません。
ちなみに、朝日は肯定的に報道していますが。毛利
http://www.asahi.com/national/update/1111/TKY200911110439.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【読谷村「ひき逃げ事件」と日米地位協定「改定」】
                   goo-needs
米軍関係者に容疑がかかっている沖縄県読谷村でのひき逃げ事件について、平野官房長官は10日、
「起訴前引渡し」の対象にならないとの考えを示しました。

1995年の「合意」

 これが変わったのは1995年でした。その頃、女子小学生に対する米兵らの卑劣極まりない犯行と
、その実行犯が引き渡されないことに、多くの沖縄県民が怒り、立ち上がりました。
 折りしも、自社さ連立の村山政権が誕生しており、「殺人又は強姦という凶悪な犯罪の特定の場合」
に限り、起訴前の身柄の引渡しを、米国側が「好意的な考慮を払う」という「合意」の締結に漕ぎ着け
ました。このわずか一歩の「前進」には、日米地位協定の締結から35年の歳月を要したことになりま
す。

今回の平野氏の発言に対して、「ひき逃げは『凶悪犯罪』ではないのか」という批判があがっていま
す。
 私もそう思います。
http://blog.goo.ne.jp/goo-needs/e/d60e9e70f8bd6b1aa5c360e2f4a93abb

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
国連 :  世界有数の武器貿易国らが武器貿易条約を約束

10月30日、国連での数年にわたる議論の末に、合計153カ国という大多数の国が、通常兵器の国際的な移転を規
制するために「強力で確固とした」武器貿易条約 (ATT)を「最高の共通基準」に沿って成立させるための計画に
同意した。現在、通常兵器の国際貿易に関する国際条約はない。

米国、英国、フランスとドイツを含む世界有数の武器貿易国のほとんどが、今や国連プロセスを後押ししてい
る。棄権した19カ国もそのプロセスに加わることが予想される。ジンバブエは唯一反対票を投じた国である。
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=720

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
医療保険改革案を可決/米下院本会議 保険加入率、96%に/オバマ大統領「歴史的な投票」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-10/2009111007_01_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
軍医、銃乱射13人死亡
米基地 イラク派遣近く予定

 【ワシントン=西村央】米テキサス州にあるフォートフッド陸軍基地で5日午後1時半(日本時間6日午前4
時半)ごろ、銃の乱射事件があり、兵士ら13人が死亡、30人が重軽傷を負いました。容疑者は精神衛生の軍
医、ニダル・マリキ・ハサン陸軍少佐。近くイラクに派遣される予定でした。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-07/2009110707_02_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
テント オブ ネイションへのイスラエル軍侵入

10月24日 土曜日、深夜12時過ぎテントオブネイションに30人のイスラエル軍兵士が6台のジープで侵入し
て来た。

第一ゲートは錠を壊され、第二ゲートは柱を地面から抜き、金網の扉は元の形をとどめない程に破壊される。

まずナサール家族が眠る家の扉を銃でたたき、ダハール、アマル、母ミラディに12人の兵士がM16銃を向け家か
ら出させ、何かを探索するかのように家の台所を棚から何からある物を引っ張り出す。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-November/001938.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
イラク2題

■バグダッドの大爆発で60人の子どもが消息不明 2009/10/30
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/uruknewsjapan/view/20091030/1256910385

■靴を投げたイラク人がジュネーブで英雄に
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/uruknewsjapan/view/20091106/1257513392

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
急増、深みにはめる気/パチンコ店にATM(現金自動払出機)/関東・関西 近く150台 金融機関の責任重大

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-11-12/2009111215_01_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
若者の孤立と絶望から互いにつながる希望へ
  - 重松清が考える、働く人の貧困と孤立のゆくえ 詳報

番組では、「若者の孤立」の深刻さを浮き彫りにすると同時に、先日の「クローズアップ現代“助けて”と言え
ない30代」 でも指摘していた若者の内面の問題だけでなく、若者が孤立せざるをえない社会構造上の問題にも
迫っていました。そして、「若者の孤立と絶望」をどのように「希望」に変えていくのかという課題について
も、首都圏青年ユニオン の取り組みを紹介しながら、若者が「居場所」をみつけ、「つながり」「連帯」をつ
むぐことにこそ「希望」があることを明示していました。以下、いくつか印象深かったところを要旨で紹介しま
す。
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10386457906.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
元日本兵「中国・撫順戦犯管理所」収容体験を証言

収容当初は「なぜ俺たちが戦犯!、命令に従っただけ!」と反抗していた。そして暖房の効いた部屋で中国人以
上の食事待遇等などを受け、自分たちの過去を振り返り「これで処刑か」と覚悟さえしていた。しかし、何時に
なってもその待遇は変わらず、過去を振り返り体験を書くように勧められたものの決して強制はなかった。

 そして、54年になって自分たちの過去を振り返る人たちが出始め、宮崎弘(中尉)が管理所の中庭に全員を
集めた前で、師団長命令で抗日分子7名を殺し、また、中国人家屋への放火、略奪、殺人等を部下に命じ自らも
行ったと告白、「極刑に価する」と絶叫しひれ伏し涙しながら謝罪した。

収容中に自らの良心と処刑の恐ろしさからか2人が自殺した事も証言した。一人は便所のクレゾールを飲んで、
もう一人は大きな溜の便槽に身を投げ、管理所職員が便槽に飛び込み口を合わせ糞尿を吸っては吐きを繰り返し
て救出しようとしたが、命を救うことが出来なかった。
http://www.news.janjan.jp/living/0911/0911082877/1.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
司馬遼太郎さん原作「坂の上の雲」ドラマ化めぐり論議
 
 NHKが11〜12月に放映するドラマ「坂の上の雲」をめぐり、市民団体や近代史専門家らが、原作者の故
司馬遼太郎さんが「ミリタリズム(軍国主義)を鼓吹(こすい)しているように誤解される」と映像化を拒み続
けていたことを挙げ「9条改悪の世論作りになる」などと批判している。県内では問題点を考えるシンポジウム
も開かれるが、NHKは「誤解を恐れた司馬さんの思いを生かして制作している」と説明する。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002497102.shtml

■坂の上の雲」と司馬遼太郎  馬 場 和 夫(映画人九条の会
http://masrescue9.seesaa.net/article/127847239.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「いのちの山河――日本の青空供彎絮濃呂泙
http://www.jicl.jp/hitokoto/index.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
記録映画「葦牙―こどもが拓く未来」

子育てを放棄されたり、虐待で心に深い障害を負った子供たちは、そのままでは普通に成長することができませ
ん。これは、そうした子供たちと養護施設の職員たちとの格闘と子供たちの逞しい成長を真摯に描いた画期的な
ドキュメンタリーです。“虐待には関係ないよ”という人にとっても、家族の愛情の大切さや、人間が自立する
とはどういうことか、そして教育の本質とは何かを深く考えさせてくれる奥行きの深い作品です。
http://www.jicl.jp/now/cinema/backnumber/20091109.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



CML メーリングリストの案内