[CML 001967] イスラエル軍侵入!―Tent of Nations

Yasuaki Matsumoto yasuaki29 at gmail.com
2009年 11月 9日 (月) 17:02:24 JST


現地の宮田めぐみさんから緊急連絡です。パレスチナ連帯・札幌:松元・白山(転送歓迎)

         

     10月・11月、 テント オブ ネイションへのイスラエル軍侵入



10月24日 土曜日、深夜12時過ぎテントオブネイションに30人のイスラエル軍兵士が6台のジープで侵入して来た。

第一ゲートは錠を壊され、第二ゲートは柱を地面から抜き、金網の扉は元の形をとどめない程に破壊される。



まずナサール家族が眠る家の扉を銃でたたき、ダハール、アマル、母ミラディに12人の兵士がM16銃を向け家から出させ、何かを探索するかのように家の台所を棚から何からある物を引っ張り出す。



その後、(ダウードの兄)ダハールに銃を向けたまま土地の建物を見せろと案内させる。 


真っ暗闇の中、動物ケーブを含めいくつか探索はしたものの、何かこれといって見つけた様子もないまま、あとの何人かの兵士はゲスト、ボランティアが眠るテントへと向かう。



同日、ドイツからの高校生ダンスグループ25人と、ボーイスカウトの熟年ドイツ人3人、オリーブハーベストを手伝いに来ていた女性グループ、オランダ、ドイツ、アイルランドからの4人、私とスウェーデン人がそれぞれ4つのテントに滞在していた。



一番手前にある私たちのテントに兵士が入ってきてチェックした後、隣の3人のドイツ人ボーイスカウトが眠るテントへ入り、その内の一人のドイツ人に銃を向けたたき起こし、名前、出身、ここにいる理由、何人ここに人がいるのか等質問攻めにし、銃を向けられた彼は恐怖のため声がどもる。



兵士たちには絶えず、どうしてこんな風に、こんな時間にやってこなければならなかったのか質問するが、“知らない”または沈黙の一辺倒。計1時間後、兵士達はなんの説明もなく破壊したものをそのままに去っていった。





ちょうど2週間後の11月6日金曜日、午前10時半、2人の兵士がテントオブネイションに侵入、ある“伝言“を伝えに来た。「ここに不法に建てられた建物がある。あと何日かのうちに正式な通知をもってくる、それまでに全員ここから出ること。」明らかにこの“不法建造物”を破壊しにやってくる、という脅しだ。



テントオブネイションの土地を巡る法廷は、まだ完璧には決着がついていない。

2002年以来入植者からの嫌がらせも、兵士からのハラスメントもほとんどなかったこの静かな時は、今新しい変化を迎えている。もしかしたらこのグッシュエチヨン・イスラエル入植地群においてとても大事なポイントに当たるこの土地を、正式にナサール家が登録する前にもう一度どうにかして引きずり出そうとしているのか。それともただ単に、イスラエル支配のC地域に当たるこの土地での権威を見せしめているのか。今のところそのはっきりとした理由は定かではない。



できるだけ多くのインターナショナルの関心と現地でのプレゼンスを今呼びかけ、弁護士を通した反対活動をおこなっている。



しかしC地域において、もしイスラエル軍が破壊するターゲットとして決めたら何事もそれを止めることは法律上出来ないだろう。



これからどうなっていくのかきっちり見守って、できる限りのことをしていきます。

日本からも声援、お願いします。宮田めぐみ



(参考:7月25日松元発「パレスチナ便り―平和をつくりだす人々―Tent of 
Nations」)

注:声援は Daoud Nassar <dnassar at tentofnations.org>  
Web:www.tentofnations.org







****************
■パレスチナ連帯・札幌■
・ヘルプページ:   http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/

・投稿用アドレス
    palestine_sis at yahoogroups.jp
・グループへの参加(自動処理)
    palestine_sis-subscribe at yahoogroups.jp
・グループをやめる(自動処理)
    palestine_sis-unsubscribe at yahoogroups.jp
・グループ管理者の連絡先
    palestine_sis-owner at yahoogroups.jp
・グループページのURL
    http://groups.yahoo.co.jp/group/palestine_sis

・モバイル: http://rd.yahoo.co.jp/egroups/050616info/1.html
・移行手続: http://rd.yahoo.co.jp/egroups/050616info/2.html
・利用規約: http://rd.yahoo.co.jp/egroups/050616info/3.html 
------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------



CML メーリングリストの案内