[CML 000478] Re: 外国人排斥を許さない6・13緊急行動(京都)報告/緊急行動実行委員会

dugong5656-gonta at k.vodafone.ne.jp dugong5656-gonta at k.vodafone.ne.jp
2009年 6月 27日 (土) 01:39:58 JST


こちらも比喩が悪かったと思います。そのことは誤ります。ただ実行委員会の声明は逃げているとしか思えません。アヒンサーとはいっさいの生きものを殺さず、殺さしめず慈悲の心を持って接することです。僕もまだまだそんな気持ちにはなれませんが。ガンジーは民衆が暴力に走ったとき、暴力をやめさせるために断食をしました。今回のバクチク、ハリセンで殴る、在特会の集会に行ってヤジをとばすという行為は、非暴力運動を辱めただけです。僕はこの観点から総括を行って欲しかったと思います。インドのジャイナ教では夜、水を飲みません。なぜでしょうか。水に誤って入った虫を殺してしまうからだそうです。ブッダは言葉の暴力さえ戒めました。相手がファシストだから何をしてもいいというわけではありません。ケン、ローチのスペイン内戦を描いた映画がありましたが、ファシストの下っ端は捕虜になってもすぐに釈放されていました。時代は大きく右に揺れていますが、それを押し返すには僕もなかなかできませんが、おおきな心をもつ必要があるでしょう。あの日の抗議行
動はそんなものが少しも感じられませんでした。   最近、右翼の本をよく読みますが、彼らは批判されることについては怒りませんが、おちょくられることについては激怒するようです。日の丸の丸をうんこにしてしまったことはどこかに独善的な臭いがします。今回の総括、あれでいいのか疑問は持っています。澤田春彦


CML メーリングリストの案内