[CML 000462] 世界経済金融危機およびその開発への影響に関する国連総会に注目を!

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2009年 6月 25日 (木) 23:50:19 JST


 紅林進と申します。
  皆さんは、現在、国連で「世界経済金融危機およびその開発への影響に関する国連総会」(UN Conference on the World Economic and Financial Crisis and its Impact on
 Development)が開催されているのをご存知でしょうか。私も知らなかったのですが、本日(6/25・木)、ATTACジャパン主催で、その学習会があり知りました。
   
   6月24〜26日、ニューヨークの国連本部で、すべての国連加盟国192カ国が参加
して開かれるこの国連総会は、ニカラグアのオルテガ大統領とともにニカラグアのサンディニスタ革命を担ったデスコト神父・元外相が議長を務めています。
   
   今回の世界的な金融危機、経済危機は、米国を始め、先進資本主義諸国のカジノ経済、新自由主義が生んだにもかかわらず、その影響、被害を一方的にもっとも受けているのは、その責任のない途上国の民衆、そして先進国をも含めた民衆です。
   しかしその被害を受ける圧倒的多数の途上国、そしてその民衆は、これまで発言の機会をほとんど与えられず、G8やG20などの、先進諸国やそのクラブが、この経済危機に対する対処や今後の世界の運命を再び決定しようとしています。
   またこれまで世界経済を我が物顔に牛耳ってきたIMF、世界銀行は、国連総会のような大国も小国も1国1票の民主的な決定機関ではなく、出資額に応じた議決権というまさに金持ち国優先の国際機関です。
   
   この世界的な危機、何十億もの人々の生命と生活が脅かされているこの経済危機に当たって、G8やG20などのような先進諸国、一部の豊かな国(の政府や企業)だけで、その運命を決められては、たまりません。
   大国も小国も関係なく平等(安保理の五大国の拒否権等の不平等な側面も残るものの)に参加する国連の場こそが、その決定の場にならなければいけません。
   
 
  その意味で、今回の国連総会は、非常に画期的なものですが、米国、EU、そして日本政府は、この総会には出席はするものの、この総会が、先進諸国の既得権、決定権を脅かすのではないかと見て、徹底的な妨害をし、その内容を骨抜きにしようとしています。またこの総会にぶつけるかのように、パリでOECD閣僚理事会(24〜2
6日)とWTO非公式閣僚会議(ドーハラウンド、25日)を開催し、この国連総会に人々の注目が行かないようにしようという姑息なこともしています。日本のマスコミもG8やG20については大騒ぎし、大々的に報じるのに、今回の国連総会は、徹底して無視しています。そして日本では、アタックなどいくつかの団体を除いて、運動団
体の間においても、この問題に対する関心はきわめて薄いそうです。

   5月半ば、デスコト国連総会議長は、この総会に向けて討議のための草案を発表し、各国政府のみならず世界の様々な団体(NGO、社会運動団体、労働組合など)に意見を求めました。スティグリッツも土台となるドラフトを書きました。
  
 この草案には、今回の国連総会がブレトンウッズ会議に次ぐ意味のある重要な会議であり、世界的な金融危機に対処するには、根源的な危機を直視して、世界的な影響を緩和し、さらに、貧困と不平等を克服し、持続可能な社会に向けて世界の金融システムを再構築する必要がある、と書かれています。もちろん、その原案でも、
アタックの立場からは、認められない項目や考え方も入っているそうですが、先進諸国中心の世界経済の在り方に転換を迫るものにほかなりません。何よりその決定の仕方、誰が決定するのかの変更を迫るものです。
   
   本日の学習会では、アタックジャパンの秋元さんから、この国連総会の成果文書や日本を含めた各国政府が、この総会において、どのような態度を取ったか、原案をどのように骨抜きにしようとしたかが詳しく語られましたが、日本政府への監視や批判を含めて注視してゆく必要があると思います。
   
 
  なお6月16〜26日、世界の様々な団体(NGO、社会運動団体、労働組合など)は、デスコト議長の呼びかけに応えて、国連本部前に集まり、行動を起こしています。今年1月世界社会フォーラム・ベレンの金融セミナーを主催した(attacジャパンも参加)オルタ・グローバリゼーション運動も参加して、セミナー、会議、集会など
、公正な金融システムの改革を求めるための行動(「行動の10日間(10 Days of Action)」)が予定されています。

   
   
   
 

 
---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.


CML メーリングリストの案内