[CML 000458] 「つくる会」教科書をめぐる日韓市民共同シンポジウムのお知らせ

Okumura Etuo zxvt29 at dokidoki.ne.jp
2009年 6月 25日 (木) 16:03:36 JST


 
愛媛の奥村です。

「つくる会」教科書をめぐる日韓市民共同シンポジウムのお知らせ

BCCでお送りします。
重複される方、すみません。

転送歓迎

以下、同チラシより
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2009年 中学歴史教科書採択に向けて 
 
 「つくる会」教科書をめぐる日韓市民共同シンポジウム

なぜ 私は「つくる会」教科書に反対するのか

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

8月1日(土)13:30〜
松山市総合コミュニティセンター
2F第6,7会議室
愛媛県松山市湊町7−5  筺089-921-8222

資料代 500円

主催 
「つくる会」教科書をめぐる日韓市民共同シンポジウム・実行委員会

協賛 
/えひめ教科書裁判を支える会
/子どもの人権と教科書の問題を考える越智今治の会
/アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ心に刻む会・四国
/「平澤と愛媛市民との交流2009」実行委員会
/「東アジアの歴史を学ぶ会」松山

発言者
* 日本軍「慰安婦」被害者の証言(ビデオ)
   靖国神社に祭られている韓国人遺族の方々の証言(ビデオ)
* 金貞淑さん/平澤・愛媛の市民団体交流会
* 金敏yYさん/アジアの平和と歴史教育連帯
* 日本人の戦争体験世代など(愛媛)


----------------------

日本がアジアの地域・国々に対して行った侵略・植民地支配、
アジアの人々に対しての加害行為 
―― これらを認めたくない政治家や官僚、民間人らの勢力は、
このいまも引き続き、
歴史を歪曲し、
改ざんする言動に多くのエネルギーを注ぎ込んでいます。


その中心となる活動が、自ら歴史教科書をつくり、
それを用いて子どもたちを教育する 
―― させることであることは、みなさんご存知のことと思います。


このような危険な動きに対して、私たちは、彼らがつくったその教科書を、

「歴史歪曲・偽造」「国家主義的」「自己中心的」「女性蔑視」

「天皇制賛美」「戦争賛美」等々、

さまざまな視点と切り口から批判してきました。


私たちは、再び「教科書採択」のときを迎えたこの夏、

こういうときだからこそ逆にじっくりと腰を据えて、
上記のような、
すでに繰り返されて来た批判の言葉に依りかかることなく、
自らの言葉で「なぜ私は『つくる会』教科書に反対なのか、
なぜ子どもたちに使わせたくないのか」を問い、
語り合う場を持ちたいと考えました。


そして、この〈問い〉を深める作業を、

日本によって植民地支配された側の韓国の人々にとって、

「『つくる会』教科書とは何なのか」を

韓国からのゲストの人たちに語ってもらいながら、

日韓市民の共同の営みとして行えればと思っています。



ぜひ、ご参加くださいますようお願いします。

********************************************
Okumura Etuo
zxvt29 at dokidoki.ne.jp

教科書裁判
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/su2-saibannsiryou.htm
********************************************



CML メーリングリストの案内