[CML 000436] 転載6/25東京/6・25集会のお知らせです。「いま、ニッポンのナショナリズムを問う」

h2o-k.hiroshi-87 at ezweb.ne.jp h2o-k.hiroshi-87 at ezweb.ne.jp
2009年 6月 24日 (水) 07:02:46 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です

登録しているMLを通して、次のことを教えていただきました。
ご都合つきましたらぜひご参加ください。
また、よろしければ関東をはじめ多くの人にお知らせください。
6/23火曜受信。
転載します。 




+++++転送歓迎++++++++++++++++++++++++++

「いま、ニッポンのナショナリズムを問う」
6/25立教大学

●趣旨●
「不況の進む中、日本人の関心はますます内向きとなり、外に開かれた意識を自ら閉じつつある。再び、偏狭なナショナリズムの時代が来るのだろうか」―。
日本軍元「慰安婦」や靖国神社などをテーマにして日本の姿を記録してきた、3人の中国、米国人ドキュメンタリー映画監督たちの「ニッポン論」に耳を傾け、海外からの視点で日本社会を照射します。

○パネリス(立教大学)
・ジャン・ユンカーマン (「チョムスキー9.11」、「映画日本国憲法」監督)

・班忠義(バンチュンイ) (「ガイサンシーとその姉妹たち」監督)
・李纓(リ イン) *(「靖国」監督)
「いま、ニッポンのナショナリズムを問う」

○日時:6月25日(木)18:30〜21:00
○場所:立教大学 8号館8202号
<wlmailhtml:%7BF50A2A4F-1EEB-4EC4-8037-04AFD488C552%7Dmid://00000117/%21x-usc:http://www.rikkyo.ac.jp/access/pmap/ikebukuro.html>
(池袋駅西口より
徒歩12分)

○コメンテーター  カプリオ・マーク(立教大学大学院21世紀社会デザイン研
究科教授)
○司会  野中章弘(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)
○主催 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科
  共催 早稲田大学ジャーナリズム教育研究所
○問い合わせ 立教大学独立研究科事務室 TEL 03−3985−4530
  申込不要・参加費無料


***転送ここまで*****




※ブログ京都の情報系(http://blog.livedoor.jp/kyo_info/)にも転載しました。
「転載6/25東京/6・25集会のお知らせです。「いま、ニッポンのナショナリズムを問う」」
http://blog.m.livedoor.jp/kyo_info/c?id=750397


菊池
h2o-k.hiroshi-87 at ezweb.ne.jp



CML メーリングリストの案内