[CML 000398] 7/11 (土)「草の実アカデミー」 第6回講演会<貧困と戦争の元凶 「世襲政治と小選挙区制」 〜世襲政治打破と小選挙区廃止で日本は必ず再生する !  〜>のご案内

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2009年 6月 21日 (日) 01:35:04 JST


紅林進と申します。
  下記講演会のご案内を転載させていただきます。
   
   
    第二言論の結集 「草の実アカデミー」 第6回講演会
  7月11日(土)  貧困と戦争の元凶 「世襲政治と小選挙区制」   〜世襲政治打破と小選挙区廃止で日本は必ず再生する ! 〜          



  講師 村岡到(政治の変革をめざす市民連帯事務局長)        林克明(草の実アカデミー執行委員長・世襲政治を考える会         世話人・ジャーナリスト)   
     

  日時 7月11日(土) 1時10分開場 1時30分開始 4時45分終了
         
  場所 神宮前穏田区民会館 神宮前 6-31-5  電話:03-3407-1807
交通 JR 原宿 6分:東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 徒歩2分
   都バス[池86][早81]系統「表参道」 2分
  地図http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html
      資料代 500円   
  
      主催 草の実アカデミー 
  問い合わせ先 草の実アカデミー
         〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
         (社)マスコミ世論研究所内
         TEL 03-3916-2664(火・目・土日祝)
         FAX 03-3916-2676 
   
   
        1、貧困化の元凶は世襲議員(お殿様、若様、お姫様) 









                         戦後最悪の不況、雇用不安、貧困化、海外派兵、外国人排斥・・・。
  日本は貧困化と軍国化の道を歩んでいる。アメリカの侵略戦争に加担する
  政策を進めている主要な政治家は世襲議員だ。そして庶民を貧困化させる
  無慈悲な政策を強行してきたのも世襲議員たちが中心だ。 
    
  
  
   
  2、小選挙区制度が世襲に拍車 
  
  
  
       膨大な人々が貧困にあえぐ今日の状況は、すでに1994年に決定づけられて
  いた。同年に政治改革関連法案が通過したが、その核は、一つの選挙区で
  一人しか当選できない小選挙区制の導入だった。 
  
  
   このころ、旧世代の政治家(お殿様たち)が引退し、若様たちが増えて
  きた。 
  
  
   小選挙区制では、世襲の有名人が圧倒的に有利であり、これに旧世代の
  引退が重なって、世襲万延の原因となったのである。彼らが「貧乏人は死ね」
  とばかりの政策を推進してきたのである。 
   
    
  
  
  3、少数者排除で世襲議員は、やりたい放題
    
  
       実際に小選挙区で総選挙が実施されたのは1996年。それ以後、社会党
  (社民党)や共産党など少数会派は、実際の得票率を大幅に下回る議席
  になり、自民党の世襲議員たちがやりたい放題のわがままを通してきた。 
  
  
   自衛隊の海外派兵も、度重なる労働関連法の改悪で極貧派遣
  労働者を生みだした。これだけ見ても、世襲議員と小選挙区制は、
  貧困の元凶だ。
    
  
     
  4、悪の三点セット「世襲政治・小選挙区・議員定数削減」に警戒を 
  
  
  
   
   この三つを結びつけて考えることがいま求められている。議員定数を
  削減して比例代表を削り、さらに小選挙区制度推進させようという勢力
  もある。議員定数削減という聞こえのいい意見に騙されてはならない。
  
  
  
   
        7月11日(土)は、原宿の「隠他区民会館」に
  結集しよう



















 

 
---------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.


CML メーリングリストの案内