[CML 000382] 6/23発行栗原佳子さん著 狙われた「集団自決」と6/23京都大田さんと沖縄戦関連番組、沖縄関連催し

h2o-k.hiroshi-87 at ezweb.ne.jp h2o-k.hiroshi-87 at ezweb.ne.jp
2009年 6月 20日 (土) 06:26:38 JST


「6/23発行栗原佳子さん著 狙われた「集団自決」と6/23京都大田さんと沖縄戦関連番組、沖縄関連催し」


転送・転載歓迎
重複すみません。


京都の菊池です。

栗原佳子さん著

狙われた「集団自決」
大江・岩波裁判と住民の証言

が
社会評論社
http://www.shahyo.com/
から

2009年6月23日に発行されます。 
ぜひお読みください。ぜひ多くの人に伝えてください。

詳しくは
新刊・近刊案内欄を
ご覧ください。
http://www.shahyo.com/mokuroku/gendai_shahyo/okinawa/ISBN978-4-7845-1473-1.php


目次を紹介します。
 
【目次】

   はじめに
 ●1 大江・岩波裁判 
   控訴審判決
   大江・岩波裁判の論点
   沖縄プロジェクト
   被告は「沖縄戦の真実」
   「集団自決」は「殺意なき虐殺」
 ●2 「集団自決」と教科書検定 
   三・三〇ショック
   書き換えられた教科書
   教科書問題ふたたび
   「集団自決は殉国の死」
   国会論戦のテーマに
   幻の「沖縄条項」
 ●3 高まる抗議 
   六・九県民大会
   文科省が仕組んだ
   門前払い
   訴訟は山場へ
   助役の妹の新証言
   証人の前提欠く二人
   沖縄出張法廷
 ●4 国動かした島ぐるみの怒り 
   超党派の県民大会
   歴史歪められた「現場」から  空前の参加者
   勇気もらった執筆者
 ●5 「玉砕」の島 
  a 座間味の「集団自決」
   父の面影探して
   兄二人の無念
   「軍命」はっきりと
   手榴弾は日本兵から
   校長先生も
   大和馬の壕で
   投降許されず
  b 渡嘉敷の「集団自決」
   軍命で一か所に
   玉砕場から脱して
   スパイとして処刑
 ●6 大江・岩波裁判勝訴 
   矛盾だらけの梅澤氏本人尋問
   『沖縄ノート』パラパラとだけ
   大江さん、タテの構造問題に
   訂正申請
   大江・岩波裁判結審
   慰霊の日に「朗報」
   「汚名」晴れた
 ●7 控訴審 
   相変わらずの不備
   「決定的な新証人」
   エスカレートする「秀幸証言」
   自壊する「秀幸証言」
   紙一重で「集団自決」免れた
   「玉砕」訓示のあった慶留間島
   ふたたび勝訴
 ●8 天皇の軍隊 
   なぜ援護法が争点に
   援護法への批判
   「天皇教」と「命どぅ宝」
   思い引き継ぐ
   教科書問題はどこへ
   「つくる会」教科書合格
   「超党派」の思い
   おわりに 


次の本も6月に出るそうです。
新聞の
吉川弘文館の広告に

歴史文化ライブラリー
6月の新刊
林博史さん著
沖縄戦 強制された「集団自決」
が載ってました。



6/23火曜、京都で次の催しがあります。

命の尊さ、平和の大切さを語り継ぐ会
=平和な未来へ、沖縄からのメッセージ=
 
「いちゃりばちょうでい(会えば兄弟)」、「命どう宝(命は最も大切な宝)」、沖縄言葉には、人としての優しさと、命と平和への思いがあふれています。
深い悲しみの歴史を持つ沖縄からのメッセージを未来へ語り伝えてまいりましょう。
 
日時:6月23日(火)
時間:午後7時〜9時
会場:だん王法林寺
入場無料
 
第一部:歌い継ぐ「三線と島歌」
shinka(琉球ソングバンド)
 
第二部:語り継ぐ「沖縄からのメッセージ」
大田昌秀氏
元沖縄県知事 大田平和総合研究所主宰
 
会場案内:左京区川端三条上る(075-771-0870)
 
主催:だん王法林寺 京都宗教者平和協議会
後援:京都沖縄県人会 京都沖縄ファン倶楽部
世界の平和を求める京都宗教者連絡会



NHKの番組情報誌ステラを見ていたら、

沖縄戦 64年の告白 〜 "集団自決"ある兄弟の苦悩 〜
総合 6月22日(月) 午後10:45〜11:28

を見つけたので、

NHK沖縄放送局
http://www.nhk.or.jp/okinawa/

を検索してみたら
ほかにも興味深い番組がありました。
沖縄県のみでなく、全国放送のものもあります。

※
証言記録 兵士たちの戦争
戦場を駆けた少年兵たち 〜沖縄県 鉄血勤皇隊〜
総合 6月27日(土) 午前8:00〜8:43
は
今回は関西での放送はないようで残念。


NHK沖縄放送局
6月のおすすめ番組
http://www.nhk.or.jp/okinawa/program/index0906.html
より


朗読シアター2009 〜家族をひき裂いた沖縄戦〜
総合(全国) 6月21日(日) 午前3:00〜3:55


アナウンサーが戦争体験者の綴った手記などをオムニバス形式で朗読。疎開、空襲、地上戦によってひき裂かれていった家族の記録を朗読することで、戦争の実相と人々に残した深い傷跡を描きます。
とのこと。

 【ゲスト】古謝美佐子(民謡歌手)、佐原一哉(キーボード奏者)
とのこと。

http://www.nhk.or.jp/okinawa/program/index0906.html#roudoku


沖縄戦 64年の告白 〜 "集団自決"ある兄弟の苦悩 〜
総合 6月22日(月) 午後10:45〜11:28

http://www.nhk.or.jp/okinawa/program/index0906.html#okinawa


沖縄全戦没者追悼式
総合(九州・沖縄) 6月23日(火) 午前11:35〜11:54
総合・BS2(全国) 6月23日(火) 午後0:20〜0:45
ラジオ第1(全国) 6月23日(火) 午後0:20〜0:55
※番組は国際放送を通じて、世界のウチナーンチュにも生放送でご覧いただけます。
とのこと。

http://www.nhk.or.jp/okinawa/program/index0906.html#tuito


証言記録 兵士たちの戦争
戦場を駆けた少年兵たち 〜沖縄県 鉄血勤皇隊〜
総合 6月27日(土) 午前8:00〜8:43

1945年3月末、アメリカ軍の上陸直前、県内の中学生を中心に組織された鉄血勤皇隊。幼い頃から軍国主義教育を受け、勇ましい兵隊になることに憧れ続けてきた少年たち。しかし、現実の戦争は、思い描いていたものとは大きく異なる、惨めで、悲惨なものでした。いやおうなく動員され、少年兵として戦場を生き抜いた人々の証言を元に、「地獄」と呼ばれた沖縄の地上戦を見つめます。
とのこと。


ラジオ深夜便
ラジオ第1 6月28日(日) 午後11:20〜午前5:00

5月23日に公開収録された「朗読シアター2009」の模様をお送りします。
とのこと



沖縄から、次のお知らせをいただきました。


*転載歓迎* 週末・慰霊の日〜予定です


----*転載歓迎*----

今週末から、慰霊の日当日、来週にかけての各地の集会・イベントをピックアップしました。
ご参照下さい。

もう少し詳細はこちらにあります。
hhttp://henoko.ti-da.net/e2455267.html
辺野古浜通信


6月20日(土)
平和の火でキャンドルナイト『命どぅ宝』
場所:風人の家(大阪市)

6月20日(土)UA(うーあ)やんばるLIVE上映会
場所 風在舎( 名古屋市緑区鳴海町前の輪 83)
午後4時〜6時
同時開催 シーサーを作ろう

6月21日(日)19:00〜(大阪玉造)
 “遊朴民とジュゴンの海中さんぽ” @カフェ magatama

6.22(Mon) 琉球魂『慰霊の意味を問う〜話と唄〜』NAKED LOFT(東京新宿)
【出演】大田昌秀 / 佐渡山豊 / 古我地 / 田中優
OPEN18:00 / START19:00

6月23日 第26回 国際反戦沖縄集会
優美堂(「ひめゆりの塔」斜め向かい)の駐車場に集合(11時 )
行進出発(11時20分)→会場「魂魄之塔」そば着(11時50分)
【集会終了 15時】

6月23日(火)18時-20時
琉大理学部105教室
「アメリカ核戦略と原爆症認定集団訴訟」矢ヶ崎克馬氏(元琉大理学部)
「平和教育について」(仮)北島幸三氏(名護市東江中学)
主催:日本科学者会議沖縄支部・琉大分会

6月24日(水)
高江ヘリパッド「通行妨害仮処分命令申立事件」第4回「審尋」
10時半より事前集会、新人は11時から、終了後報告集会を開きます。
場所 那覇地方裁判所及び地裁前

6月25日(木)
・午後1時時半(事前集会は12時半) 泡瀬干潟、控訴審第2回公判 那覇地裁内福岡高裁那覇支部
・午後7時〜9時 講演会 辻淳夫さん(藤前干潟を守る会)を招いての講演会 @沖縄市かりゆし園

6月27日午後5時
午後5時:環境ネットワーク総会
午後6時半:記念講演:花輪伸一(WWFJ)
内容は:生物多様性条約締結国会議(CBD)/COP10に向けてNGOの取り組み(仮題)
桜井国俊沖縄大学学長から戦略的な位置づけと取組の提起もなされる予定です。

6月27日:14時〜16時(東京水道橋)
I know! You know! 工事NO!-沖縄・泡瀬干潟を守れ-
全水道会館 中会議室
・VTR上映・水野隆夫氏講演(質疑応答有り)・大学生による講演・写真展

6月29日(月)6:30-
「朝鮮半島情勢と憲法9条」
徐勝(ソ・スン)氏(立命大学コリア研究センター長)
ぶんかテンブス館会議室



また登録しているMLを通して、
次の催しも教えていただきました。


[keystone 16661] Fw: いよいよ明日(6/20土曜)、佐渡山豊(沖縄慰霊の月に)ライブ


----- Original Message ----- 
From: 琉球センターどぅたっち 
To: 太田 武二 
Sent: Friday, June 19, 2009 5:11 PM
Subject: いよいよ明日、佐渡山豊(沖縄慰霊の月に)ライブ


みなさまへ
お忙しい日々をお過ごしのことと、思いますが。
沖縄の6月に、心を寄せる夕べを過ごしませんか?
沢山の皆さまのご参加をお待ちしています。
佐渡山豊ライブ
「うりずんの風・・南から
 OKINAWAの6月・慰霊の月・64番目の夏に」
6月20日(土)午後7時開演(午後6時半開場)
予約3000円 当日3500円
03−5974−1333
琉球センター どぅたっち(山手線駒込駅東口から2分)
dotouch2009 at ybb.ne.jp

詳細は以下 沖縄ブログで
http://dotouch.cocolog-nifty.com/blog/


また、大阪で次の上映会もあります。


映画「銀の鈴」上映会
日時 6月21日(日)
  午前11時/午後3時
   (開場はそれぞれ30分前)
場所 クレオ大阪中央 4Fセミナーホール
  大阪市天王寺区上汐5丁目6番25号 
   電話06-6770-7200
(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅下車、1・2番出口から北東へ徒歩約3 分)

詳しくは
http://www.ginnosuzu.com/info/osaka0521.html
をご参照ください。


映画「ひめゆり」、大阪での上映会

7月5日(日)12:00〜/15:30〜
大阪市北区 アーツホール(ビジュアルアーツ専門学校・新館3F)
 問い合わせ:「ひめゆり」を大阪で上映する会
メール:himeyuri.osaka.tsudoi at gmail.com
※各回とも字幕付き上映
※各回の上映後引き続き、会場と沖縄の若い世代を「スカイプ」で結び、互いの顔を見ながらともに語り合うイベント(30分)を開催します。
とのこと。

関東でも
ポレポレ東中野
http://www.mmjp.or.jp/pole2/
で6/13〜26上映中とのこと

長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」公式HP
http://www.himeyuri.info/




※ブログ京都の情報系(http://blog.livedoor.jp/kyo_info/)にも転載しました。
「6/23発行栗原佳子さん著 狙われた「集団自決」と6/23京都大田さんと沖縄戦関連番組、沖縄関連催し」
http://blog.m.livedoor.jp/kyo_info/c?id=744674


菊池
h2o-k.hiroshi-87 at ezweb.ne.jp



CML メーリングリストの案内