[CML 000291] 足立力也さん講演会のご案内

okaby forum212002 at yahoo.co.jp
2009年 6月 10日 (水) 09:52:24 JST


岡林です。
bccにて送信しています。
重複ありましたらお許しください。

以下転送転載歓迎!!
---------------------------------------------------
市民社会フォーラムのご案内

■第48回例会
 足立力也さん講演会
  軍隊を放棄したコスタリカ 60年の平和戦略
  6/17(水)@神戸 & 19(金)@大阪

■協力企画
 フォトジャーナリスト 宇田有三氏講演会 
 「知らされていないビルマ」
  7/4(土)@大阪市内 

■賛同企画
 社会の基本を変えよう!
 −時代はまるで『資本論』−
  8/30(日)@神戸市・元町

詳細は以下参照ください。

=========================
□■市民社会フォーラム第48回例会のご案内■□
      足立力也さん講演会
 軍隊を放棄したコスタリカ 60年の平和戦略
    6/17(水)@神戸&19(金)@大阪

 「改憲手続き法(国民投票法)」施行を1年後に控えた今、
「海賊新法」や「恒久派兵法」の動きなど、
「軍隊を持たない」と世界に誓った憲法9条の理念が骨抜きに
されようとしています。
 こうした日本の現状と対比して、
1948年に軍隊を廃止したコスタリカの歴史、社会、文化につい
て知ることは、
平和憲法の意味を捉え直す上で、
重要な視座を提供することになることでしょう。
 今回の例会では、
『丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ60年の平和戦略』(
扶桑社新書)と
『平和ってなんだろう?〜「軍隊をすてた国」コスタリカから
考える』(岩波ジュニア新書)を最近著された、
足立力也さんをお招きし、
「軍隊を持たない文化」を作り上げてきた、
コスタリカの現実について、ご講演いただきます。

★神戸・三宮会場
日 時 6月17日(水)18時30分(開場18時)〜20時40分
会 場 神戸市勤労会館講習室308

・会場アクセス
 地図URL
 http://www.kobe-kinrkinroukaikan/index.html
 ou.jp/shisetsu/
 三宮駅から東徒歩5分
 神戸戸市中央区雲井通5丁目1-2 
 電話078-232-1881 

★大阪・梅田会場
日 時 6月19日(金)18時30分(開場18時)〜20時40分
会 場 伊藤塾大阪梅田校

・会場アクセス
 地図URL
 http://www.itojuku.co.jp/20sch_umeda/map/255.html
 JR大阪駅より徒歩5分/阪急梅田駅より徒歩3分
 大阪市北区芝田2-7-18 オーエックス梅田ビル新館5階 
 電話06-6372-0610

◆参加費 いずれも500円

共 催 健康道場サラ・シャンティ
    日本国際法律家協会関西支部      
協 賛 九条の会ひょうご
    神戸学生青年センター
    神戸ラブ&ピース
    DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
    トランセンド研究会 
    被災地NGO恊働センター
    非暴力平和隊・日本
    平和の井戸端会議
    法学館憲法研究所

◆足立力也(あだち りきや)さん
1973年福岡市生まれ。立命館大学大学院国際関係研究科博士前
期課程修了。
1999年からコスタリカに滞在し、国立ナシオナル大学大学院博
士課程中退。
コスタリカを描いたドキュメンタリー映画「軍隊をすてた国」
アシスタント・プロデューサー。
現在、コスタリカ・ピースツアーの企画、平和問題や教育問題
などに関する執筆、講演を行っている。
著書に『平和をつくる教育』(岩波ブックレットなど)。


※お申し込みなしで、どなたでも参加できますが、
 人数把握のために事前に連絡いただければ助かります。

お申し込み・お問い合わせ先 市民社会フォーラム
 メール civilesocietyforum at gmail.com
 
=========================
□■市民社会フォーラム協力企画のご案内■□
フォトジャーナリスト 宇田有三氏講演会 
「知らされていないビルマ
 〜「情報」の向こう側にある現実から、
          私たちの足元を考える」

 2007年の僧侶のデモ、国軍との衝突、日本人ジャーナリスト
の射殺事件…
あれほど衝撃的に見えたビルマ(ミャンマー)の混乱から、
2年が過ぎようとしています。
事件は解決したのでしょうか。市民生活は平和になったのでし
ょうか。
私たちに知らされていないことが、たくさんありそうです。

 ビルマの今の政治的状況、「少数民族」の状況、
軍事独裁政権下での国政選挙の行方、
そしてビルマと日本との関わりの状況についてなど、
ビルマの「今」を宇田有三さんにお話しいただきます。

日 時:2009年7月4日(土)14:00〜16:00(開場13:30)

場 所:大阪市立住まい情報センター 3階ホール
http://www.sumai.city.osaka.jp/index/page/e811183529a0905131f34550bc5039d3/
 大阪市北区天神橋筋6丁目4−20
    ・地下鉄「天神橋筋六丁目」駅下車3号出口より連絡
    ・JR環状線「天満」駅から北へ徒歩7分

参加協力費(資料代):1,000円

テーマ
 「知らされていないビルマ〜
 「情報」の向こう側にある現実から私たちの足元を考える」

主 催:DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
   http://daysjapan.jp/

問合せ・参加申込:e-mail v-kansai at daysjapan.net
          Tel 090-2386-2219
*準備の都合上、事前にお申込いただけると助かりますが、
    当日参加も歓迎です。


 DAYS JAPAN関西サポーターズクラブでは、
2008年2月に宇田有三さんをお招きして
「ビルマ最新事情」についてお話いただきました。
「情報」としてマスメディアで流れるものと、
現実との違いやビルマと日本のかかわりについて学び、
その一端に触れることができたと思います。

 ビルマでは、2007年に僧侶のデモに端を発したとされる混乱
と
それに対する国軍による大規模な弾圧があり、
その中で日本人ジャーナリストが国軍兵士に射殺されるという
事件がおきました。
当時マスメディアは、この事件を大きく取り上げました。

 また、翌年の2008年5月にはサイクロン「ナルギス」がビル
マ南西部を直撃し、
約14万人の死者・行方不明者を出しました。
その状況も、日本で大きく報道されました。

 しかし、あれほど私たちの心を揺さぶった出来事だったのに
、
その後の人々の生活の様子、
生活復興の様子はマスメディアで伝えられることは極めて少な
い状態です。

 そこで今回、再び宇田さんをお招きし、
今の状況をお話しいただくことにしました。
 宇田さんは15年間、
ビルマを継続的に取材し続けられておられます。
メディアでは知らされない宇田さんのお話から、
私たちとビルマとの関わりを考え、
私たち自身の足元の状況を考える機会にできればと思います。

宇田有三さんプロフィール:
 1963年生まれ。フォトジャーナリスト。
 平和・共同ジャーナリスト基金奨励賞、
日本ジャーナリスト会議黒田清新人賞などを受賞。
 写真集に「ビルマ軍事政権下に生きる人びと」(解放出版)
。

=========================
□■市民社会フォーラム協賛企画のご案内■□
     8・30協働シンポジウム
社会の基本を変えよう!−時代はまるで『資本論』−

日 時 2009年8月30日(日) 午後1時〜5時
会 場 兵庫県私学会館301・302  
     http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
     JR・阪神元町駅から北徒歩2分
     神戸市中央区北長狭通4丁目3-13
     電話(078)331-6623 
    
◆基調報告
 ●悪化する労働環境と『資本論』的現実   
    森岡 孝二(関西大学経済学部教授)
  ●正規・非正規の連帯を『資本論』から解く
       −教職員組合運動の経験を踏まえて−  
    大西  広(京都大学大学院経済学研究科教授)
 ●金融危機の中で、労働運動をどう再興するか 
    北野 正一(兵庫県立大学経済学部教授) 

参加費 1000円(学生・65歳以上は、500円)

主 催 基礎経済科学研究所(基礎研)
    兵庫県労働運動総合研究所(兵庫労働総研)
協 賛 市民社会フォーラム、日本科学者会議兵庫支部、
    兵庫県自治体問題研究所、兵庫県保険医協会

開催趣旨
 新自由主義的な資本主義の行き詰まりが実感される中で、
改めてマルクスが注目されています。
19世紀の中ごろ、『共産党宣言』や『資本論』をカール・マ
ルクスやフリードリッヒ・エンゲルスが著してから、
一世紀半余りの時間が経ちました。
19世紀半ばのヨーロッパと21世紀初頭の日本を「進化・停
滞・退化」の視点で比べてみたら、
面白いかも知れません。
「一世紀半も経っているのに何とよく似たことが起きているの
か」と、
疑問にも似た思いが湧いてきます。
 時代の課題としての「貧困」を解決するにはどうしたらいい
のか、
社会の隅々に表出している「劣化」をどのように考え、
解決したらいいのか、時代を掴むことができず、
不安ばかりが押し寄せ、考えあぐねてしまいます。
 そんな時、『時代はまるで資本論』(基礎経済科学研究所編
)という書物が昨年末、出現しました。
まさにそのような時代に、
あの大部な『資本論』を読もうというブームも出始めています
。
『資本論』などもう古いとの印象をもたれている方もおられる
かも知れません。
しかし、新しいものが生まれるとしたら、
古いものの中からこそ生まれるのではないでしょうか。
『資本論』の場合はどうか?
 そこで、『時代はまるで資本論』をまとめた“基礎経済科学
研究所”(京都市)と
『労働・生活白書』をまとめた“兵庫県労働運動総合研究所”
(神戸市)が協働して、
「社会の基本を変えよう!−時代はまるで『資本論』−」とい
うシンポジウムを企画しました。
 ひょっとしたらこのシンポジウムは、
何か新しいことを発見できる、
そんな貴重な機会になるかも知れません。
夏の終わり8月30日、神戸にお越し下さい。
                        
【連絡先】兵庫県労働運動総合研究所
650-0027 神戸市中央区中町通3-1-16サンビル201号
電    話:078-371-4593 ファクス:078-371-5985
Eメール:td02-hrq at kh.rim.or.jp
ホームページ:http://www.shinsaiken.jp/
携  帯:090-5658-5242

=========================
市民社会フォーラム 
HP http://sites.google.com/site/civilesocoietyforum/ 
ブログ http://civilesociety.jugem.jp/ 
MIXIコミュ http://mixi.jp/view_community.pl?id=1875159 
メール civilesocietyforum at gmail.com 
--------------------------------------



















--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/


CML メーリングリストの案内