[CML 000277] 「熊谷氏リード」という千葉市長選挙の世論調査の結果をどう読むか?

higashimoto takashi taka.h77 at basil.ocn.ne.jp
2009年 6月 8日 (月) 22:52:43 JST


6月14日投開票の千葉市長選の中盤情勢について、メディア各紙(関東ブロック)は本日付の朝刊で
一斉に熊谷俊人氏(民主党、市民ネットワーク、新社会党推薦、社民党支持)優位という世論調査の
結果を発表しています。

■熊谷氏がリード、林氏追う  14日投開票の千葉市長選(共同通信 2009年6月7日)
http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009060701000437.html
■熊谷氏がリード 電話世論調査林氏が追う展開(東京新聞千葉版 2009年6月8日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20090608/CK2009060802000109.html
■熊谷氏先行、追う林氏 本社世論調査(読売新聞千葉版 2009年6月8日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20090607-OYT8T00878.htm?from=nwlb
■熊谷氏リード、追う林氏 収賄事件6割が考慮 千葉市長選(千葉日報 2009年6月8日)
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1244426469

上記の新聞報道の中盤情勢報告を総合すると次のようになります。

・自民党支持層の5割強(共同)、6割強(読売)、約6割(千葉日報)=林
・自民支持層の2割強(共同/千葉日報)=熊谷
・公明支持層の7割以上(共同)、8割近く(読売)、約8割(千葉日報)=林
・民主支持層の8割余り(共同/千葉日報)、7割(読売)=熊谷
・社民支持層の8割余り(共同)=熊谷
・共産支持層の2割強(共同)、約3割(千葉日報)=熊谷
・共産支持層の6割強(共同)、約6割(千葉日報)、8割強(読売)=結城
・無党派層の4割強(共同/千葉日報)、3割(読売)=熊谷
・無党派層の2割余り(共同/千葉日報)、2割弱(読売)=林
・無党派層の1割弱(読売)=結城

そして、上記の世論調査結果の特徴点をあげれば次のようになるでしょう。

[啗補は公明支持層の約8割を固めているが、自民党支持層の約6割しか固めきれていない。
自民党単独で首長選挙に臨むことができたのは昔の話で、いまや公明党の組織力に深く依存せざ
るをえないという自民党の体力の落ち込み、衰退は甚だしいということ。

公明党はいまや保守補完勢力というよりも完全な保守勢力であるということ。

N啗補推薦を決めた連合千葉とい労働組合連合の非革新性が改めて如実になったこと。しかし、
連合千葉の林候補推薦の影響はきわめて小さいこと。すなわち、労働者の労働組合(本来の労働
組合とはいえない労働組合)離れが一段と進度を深めていること。

ざ産支持層の約3割が熊谷氏支持を表明しており(千葉日報)、共産党は同党支持層の6割強
(共同)から8割強(読売)しか固めきれていないということ。また、無党派層の1割弱の支持しか得
ていないということ。

上記のい鯤簑すると、私は、共産党の千葉市長選挙の中盤情勢の世論調査に見られるこの低
迷ぶりは、結城候補の出馬表明の出遅れという事実以上に、同市長選挙における野党統一候補
の擁立について市民ネット、新社会党、共産党間の各党合意を交わしたにもかかわらずそれを反
故にした(CML000010、000042、000123、000130、000173参照)同党の姿勢に対する市民の批判
の現われと見た方がよいと思います。現実に野党統一候補に関する各党合意の場となった「市民
の千葉をつくる会」に踏み留まっておられる(共産党は脱退)共産党員、同党支持者の方々もおら
れるようです。

にもかかわらず、共産党の志位委員長は千葉市内における6月8日の結城候補の応援演説で次
のように強弁しています。

「選挙戦は、『清潔で温かい政治』の流れを代表するゆうきさんと、汚職市長が後継指名した自民・
公明が推す候補や、『西松マネー』疑惑が問われている民主党の丸抱えの候補という『腐った冷た
い政治』の流れとの対決です」と(ゆうきさんで清潔・温かい市政を 千葉市長選 志位委員長が応援
/しんぶん赤旗、2009年6月8日)。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-08/2009060801_05_0.html

一旦は政策協定にも合意した(注)候補者であるはずの熊谷候補を「民主党の丸抱えの候補という
『腐った冷たい政治』の流れ」とまで貶める言説を弄するのはまさしく天に唾する行為というべきでは
ないでしょうか。

注:市民の千葉をつくる会代表から共産党県中部地区委員長及び同党千葉市議会議員団団長に
宛てた2009年5月18日付の書簡には「同封の政策協定書はお二人のご意向に添つて作成され
たものです」とあります。また、この点について共産党側から提出された資料も私は確認しています。

共産党のためにも志位委員長のこの言説を私は悲しみます。

志位委員長のこの言説の問題は、6月4、5日に開かれた同党第8回中央委員会総会(8中総)で
の志位委員長の幹部会報告の問題点にも結びつくものですが、この問題についてはまた明日書く
ことにします。


東本高志@大分
taka.h77 at basil.ocn.ne.jp



CML メーリングリストの案内