[CML 000237] 『季刊ピープルズ・プラン』46号<特集:民衆運動の構想力、小特集:ワシントン反基地会議>

ピープルズ・プラン研究所 muto at jca.apc.org
2009年 6月 4日 (木) 19:41:43 JST


【重複ご容赦。転送・転載歓迎】

ピープルズ・プラン研究所の山口と申します。

以下のように、『季刊ピープルズ・プラン』46号を発行しました。
特集が「民衆運動の構想力」、小特集が「ワシントン反軍事基地会議」です。

目次は、以下のURLをご覧ください。また、このメールの下の方にも貼り付けて
あります。
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd0/index.php?id=50

ご入用の方は、以下のフォームを使って、ppsg at jca.apc.org までご注文くださ
い(このメーリングリストに返信しないようにお願いします)。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『季刊ピープルズ・プラン』46号を注文します。

【注文数】    冊
【送付先】



【お名前】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※『季刊ピープルズ・プラン』のバックナンバーについては、以下をご覧くださ
い。1年以上前のものについては、割引販売実施中!
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd0/


**************************************************
『季刊ピープルズ・プラン』46号(2009年5月発行)

定価1300円+税、A5版180ページ
発行・ピープルズ・プラン研究所、発売・現代企画室

----------------------------
【特集】民衆運動の構想力
----------------------------

◆特集にあたって(白川真澄)

◆「脱経済成長」が提起された
  ――経済危機の中の世界社会フォーラム(山口響)

◆生存権保障による資本主義システムからの転換へ
  ――野宿者運動から          (なすび)

◆【湯浅誠さんインタビュー】
生存と労働の問題がひとつながりになった――「派遣村」の運動から

◆【小谷野毅さんインタビュー】
反失業の新しい運動を――「派遣切り」への怒りをバネに

◆【鴨桃代さんインタビュー】
ユニオンは役に立つ! 社会的認知が広がっている

◆可視化から解決へ――女性の貧困と女性運動 (竹信三恵子)

◆欧州社会運動のうねりと創造(コリン・コバヤシ)

◆資本主義の危機下の連帯経済(北沢洋子)

◆【民衆憲章序論(1)】
非物質的労働とマルチチュードの不思議
   ――ネグリ、ハートのネガ・ポジ反転論を批判する(武藤一羊)

------------------------------------
《小特集》ワシントン反軍事基地会議
------------------------------------

◆アメリカの運動が踏み出した反基地運動の第一歩
  ――今後の動きを決めるカギは私たちの手にも(笠原光)

◆【インタビュー/高里鈴代さん】ネットワークの継続と拡大の希望を持って――
沖縄からワシントン反基地会議に参加して

◆横須賀の運動を世界の反基地運動につなげる(中森圭子)

◆オバマ大統領、口約束だけではダメだよ(フィリス・ベニス)

-----------
特集外
-----------

◆「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」と
   オバマ大統領の核政策に何が期待できるか
    ――草の根運動が果たすべき役割(田中利幸)

◆【インタビュー/マイク・ベイムさん】虐殺の村ソンミで活動する元「敵兵」

【シリーズ】
◎うちなーだより(37)/「何が何でも」に抗して(由井晶子)
◎アジアのムラから見た《世界》(23)/ネグロス・ケータイ事情(大橋成子)

【書評】
◎屋嘉比収他編『沖縄・問いを立てる』(新崎盛暉)
◎花崎皋平著『風の吹きわける道を歩いて――現代社会運動私史』(小泉雅弘)
◎C・ダグラス・ラミス、辻信一著『エコとピースの交差点』(松本なみほ)
◎中西新太郎編『一九九五年――未了の問題圏』(山根徹也)
◎牧野剛著『偏差値崩壊』(松田洋介)

【交流】
琉球大学で外国語授業半減に抵抗
「田をつくる」全国シンポ
「グアム移転協定」の成立を許さない集会
「抵抗する勇気」日米交流ツアー
「アシスト」設立記念シンポ

◆加地永都子さんの急逝を悼む

などなど。


CML メーリングリストの案内