[CML 000230] 非戦つうしんミディア441  09.6.3

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2009年 6月 3日 (水) 22:57:45 JST


■開設  資料集 北朝鮮問題を非戦の方向で解決するために
http://www.lcv.ne.jp/~mourima/09.6.2kitatyousen.html
大切な問題なので、Webの中から、資料として掲載します。
自薦他薦でご紹介ください。

■みなさん、今日6月3日は、私・毛利にとって記念すべき日です。
さて、どんな日でしょうか。当たった人に抽選で記念品を差し上げます。

■戸狩あじさい寺 高源院
http://www.iiyama-catv.ne.jp/~x_x-x/temple/ajisai/
==================================================
毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp
                 http://www.lcv.ne.jp/~mourima/
      ホームページアドレス(URL)が変わりました
〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
==================================================
できましたら、このつうしんが届いた機会に、
http://www.news-pj.net/をご覧下さい
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
緊急のお願い:憲法審査会の始動に反対するFAX(与党理事・委員への抗議と野党
理事・委員への激励)を

憲法審査会始動の動きが衆院議院運営委員会で重大局面を迎えております。
この間、国会内外の力で食い止められてきた憲法審査会の「規程」制定問題につい
て、2日の衆院議院運営委員会理事会で自民党は、9日の同委員会で自由討議、11
日の本会議で規程案を採決という提案をしました。野党は同調せず、協議継続になっ
ていますが、自民党は与党単独でも強行する姿勢です。国会会期は延長されたとはい
え、いつ解散になるか分かりません。与党は早期に議決したいとしています。憲法審
査会が始動すれば、改憲案を議論することが
可能になります。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-June/000220.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【海外派兵に反対する全国のみなさんへの緊急アピール】

 「麻生政権と自民・公明両党に対し、『海賊対処法案』の撤回を求め、ソマリ
ア沖とインド洋・アラビア海から自衛隊を撤退させることを要求する市民の共同
声明」にご賛同をお願いします!!

 呼びかけ人  石川逸子(東京都) 井上澄夫(埼玉県) 浦島悦子(沖縄)
大谷正穂(山口県) 奥田恭子(愛媛県)  加賀谷いそみ(秋田県) 梶原得三
郎(大分県) 木村眞昭(福岡県) 辻子 実(東京都) 寺中正樹(山口県)
 花村健一(東京都) 廣橋隆一(山口県) 渡辺ひろ子(福岡県)
 〔50音順、5月31日現在〕
                         2009年5月31日
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-May/000183.html
◆【賛同表明の通知先】  下のメールアドレスにご送信下さい。この共同声明へ
の賛同表明の集約を目的とした専用メルアドです。論争用ではありません。
  ■  haheisosi at mbn.nifty.com

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「敵基地攻撃論」 が狙う9条改憲  弁護士 井上正信

「敵基地攻撃論」 は、専守防衛政策を否定するものです。専守防衛政策とは、昭和
56年防衛白書において、我が国の軍事政策の基本として明確に概念化されました。そ
の内容は、(1) 相手から武力攻撃を受けたときに初めて防衛力を行使 (2) そ
の態様は自衛のための必要最小限度 (3) 保持する自衛力も必要最小限度とする
というものです。この内容は、9条のもとでの自衛権行使の三要件と同じです。自衛
権行使の三要件とは、(1) 急迫不正の侵害行為 (武力攻撃) の存在 (2) 自
衛のための必要最小限度の反撃行為 (3) 他に方法がないというものです。自衛
権行使の三要件は、自衛隊が9条2項の戦力にあらざる自衛力であり、9条に違反し
ないという政府解釈の不可欠の要素です。つまり専守防衛政策は、9条に関する政府
解釈から必然的に導かれる防衛政策なのです。
http://www.news-pj.net/npj/9jo-anzen/20090530.html

■沖縄タイムス2009年05月30日 社説
[敵基地攻撃]軍拡あおる愚を避けよ
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-05-30-M_1-005-1_001.html?PSID=d9715c
31393272b5220bc6a044610f4d

■北朝鮮の核実験
核廃絶の世論に挑戦する暴挙
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-05-26/2009052602_01_1.html

■北朝鮮の言うとおりかもしれない(Maybe We Should Take the North Koreans at
Their Word)
IPPNW(核兵器廃絶を求める医師たちの世界的組織)政治顧問の現在の北朝鮮論
http://homepage1.nifty.com/thinkbook/ShouldTakeNorthKoreansAtTheirWord.html

■北朝鮮とどのように向き合うのか・・・対話回復のために
http://izumi-tsushin.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-6315.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
原爆症認定訴訟 全員救済を決断する時だ(新潟日報)
http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/index.asp?syasetsuNo=2020
「原爆症」高裁判決 積極認定へ政治決断を(中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200905290124.html
原爆症認定訴訟 「全面解決」の時を逃すな(西日本新聞)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/98838
原爆症訴訟―政府は全員救済を急げ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
社説:原爆症救済 政治決断迫られている(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20090529k0000m070140000c.ht
ml
原爆症認定 見直しも救済も急げ(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2009052902000085.html
原爆症訴訟 認定基準を見直す時だ(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/168184.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
民意削る衆院比例80減 民主代表が政権公約へ

 民主党の鳩山由紀夫代表は二十五日、自民党の菅義偉選対副委員長が衆院の議員定
数(四百八十)を五十以上削減すべきだとの考えを示したことについて「私どもは八
十減らすと提案しており、たぶんマニフェスト(政権公約)に書く。五十じゃ足りな
い」と述べました。東京都内で記者団に語りました。
民主党は、旧自由党と合併して臨んだ二〇〇三年の総選挙マニフェスト以来、衆院議
員定数のうち比例代表(百八十)を八十削減する方針を国政選挙で掲げています。鳩
山氏の発言は、次期総選挙マニフェストでも同じ方針を盛り込むことを明言したもの
です。

 国民を代表する国会議員定数の削減は、民意の切り捨てにつながります。とりわ
け、比例代表は政党の得票に応じて議席を配分するもので、いまの選挙制度では唯一
民意を正確に反映する部分。その大幅な削減は、民意を正しく反映できないゆがみを
いっそう高め、多様な民意を切り捨てることになります。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-05-26/2009052601_03_1.html

■百害あって一利なしの「比例区定数削減」にこだわる民主党
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-914.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
次官経験者の証言要旨  核持ち込み日米密約

60年の日米安全保障条約改定に際し、核兵器を積んだ米軍の艦船や航空機の日本立
ち寄りを黙認することで合意した「核持ち込み」に関する密約は、外務事務次官ら外
務省の中枢官僚が引き継いで管理し、官僚側の判断で橋本龍太郎氏、小渕恵三氏ら一
部の首相、外相だけに伝えていたことが31日分かった。4人の次官経験者が共同通
信に明らかにした。

 核持ち込みの日米密約をめぐる外務事務次官経験者(80〜90年代)4人の証言
要旨は次の通り。
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009053101000379.html

■真相究明改めて必要  証言者の国会招致を
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-06-02/2009060201_04_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
悪名高い「在日特権を許さない市民の会」が、
京都市役所前からのデモを計画しているという情報です。

こんなことが白昼行なわれる社会-まちは、異常です。人権を否定し、マイノリティ
を攻撃する連中を許すことはできません。こんな小さなデモであっても広がらないよ
う、これを厳しく批判し、日常的なさまざまの取組みによって、十分反撃できるで
しょう。滋賀では、朝鮮人通信使や雨森芳洲などの歴史があるではないですか。あわ
てず、シッカリ批判する視点を確立して広げていけば、恐れることはないでしょう。
その上で、一方で、マイノリティとともに立ち上がる日本人の集会・デモもやってい
く必要があります。在日の人たちの人権を守っていくことは、私たち日本社会(日本
人)の課題だからです。
「特攻服など・・・ご遠慮ください 日章旗、プラカード持参大歓迎」という恥ずか
しいコメントがデモの性格を現しています。「外国人参政権問題に危機意識を持たれ
る皆さま」という排外主義丸出しの言い草も。
/////////////
外国人参政権断固反対!京都デモ

80年代より民団が執拗に求めてきた外国人参政権が、民主党・公明党・自民党左派
などの政治勢力によって実現目前となる危険水域に入っています。在日特権を許さな
い市民の会は関西地域からも外国人参政権断固反対の声を上げるべく、来る6月13
日(土)に『外国人参政権断固反対!京都デモ』を決行します。外国人参政権問題に
危機意識を持たれる皆さまにぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。

【日時】
平成21年6月13日(土) 14:00出発
【集合場所】
京都市役所前広場
【その他】
雨天決行
特攻服など現場にそぐわない服装はご遠慮ください
日章旗、プラカード持参大歓迎
当日は撮影が入りますので、顔を写されたくない方はサングラスなどをご持参くださ
い

【主催】
在日特権を許さない市民の会


♪   木村幸雄
   yu-kimura at nifty.com

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
朝日新聞の矛盾

朝日新聞が5月31日付で「宗教の昭和史」と題する全面特集記事を掲載した(中部
地方)。

新聞の戦争責任を検証する好特集である。

率直に自らの戦争責任を検証し、二度と過ちを繰り返さないようにとの自戒を込めた
良い特集に見える。

しかし、だが、どうしてか、
名古屋地方では、その裏面(31面)の地方欄で自衛隊の広報を行っている。
朝日新聞は、ただ、小牧基地司令(イラク訴訟の訴訟担当)の言い分をそのまま垂れ
流すだけだ。

名古屋高裁の違憲判決の影響を限定しようとする小牧基地司令の言葉だけ掲載して、
当然起きてくる疑問をなぜぶつけないのか。

それとも名古屋高裁の判決文すら読まず、インタビューをしているのか。

ブルーインパルスの展示飛行に反対する住民の声を掲載した上、

「基地にはじっとしていてほしい」というのが地元自治体の本音だ

と伝えている。
僕は5月いっぱいで、物心ついて以来、読み続けてきた朝日新聞の購読をやめた。
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2009/06/post-04a9.html
私も、この4月に、長く購読していた朝日新聞を止めました。毛利

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
車所有で生活保護停止は違法…身体障害者夫婦の主張認める

 自家用車の所有を理由に生活保護を停止したことは、憲法などに違反するとして、
北九州市門司区の身体障害者の夫婦が同市を相手取り、処分取り消しや慰謝料など約
252万円の支払いを求めた訴訟の判決が29日、福岡地裁であった。

 増田隆久裁判長は「自動車以外の手段で通院などを行うことは極めて困難で、所有
を認めなかった処分は違法」として夫婦の主張を認め、市に処分取り消しと慰謝料6
0万円の支払いを命じた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000978-yom-soci
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-05-30/2009053015_01_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
拷問と米国の良心
2009年5月28日
ポール・クレイグ・ロバーツ

オバマ新政権は、法の支配を遵守するために、自分の立場を悪用して法を犯した者た
ちを処罰しようとはしていない。

今や私たちは、ブッシュ政権が捕虜を拷問した理由は、イラクとサダム・フセインが
アルカーイダと9月11日の攻撃に関係しているという、でたらめな証言を、捕虜か
ら無理やり引き出すためだったことを知っている。この「証拠」がなければ、米国に
よるイラク侵略は、ニュルンベルク基準のレベルで戦争犯罪となる。

したがって、拷問は、米国による、正当な理由のない不法なイラク侵略に対するアリ
バイを作るためにブッシュ政権が使った二つ目の犯罪,、ということになる。

アメリカ市民が拷問を許容しているのは、米国のキリスト教信仰が崩壊したせいだと
考える人がいるかもしれない。悲しいかな、ピュー・フォーラムが最近発表した世論
調査によると、白人の福音派キリスト教徒と白人カトリック教徒のほとんどが拷問を
許容している。それに対して、教会にはほとんどあるいはまったくいかない人々のう
ち拷問を許容しているのは少数派である。
http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
日本の需要不足、推計45兆円に 過去最悪

日本経済が過去最悪の需要不足に陥ったことが、内閣府が1日発表した推計で明らか
になった。日本全体の需要と供給の差を示す「需給ギャップ」は09年1〜3月期に
マイナス8.5%となり、08年10〜12月期のマイナス4.5%から大幅に悪
化。過去最悪だった99年1〜3月期のマイナス5.0%を下回った。金額では45
兆円もの需要不足となり、08年10〜12月期の20兆円の倍以上だ。
http://www.asahi.com/business/update/0601/TKY200906010315.html?ref=goo

■GDPが戦後最悪15.2%減
http://www.asahi.com/kids/news/TKY200905220087.html?ref=reca

国民に、安定安心の生活を保障することによって、購買力の強化を図る以外に、根本
的解決の道はないのでは。毛利

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ジュゴン国会請願署名 30360筆 提出しました!
報告
http://www.sdcc.jp/result/09/05-21-tokyo.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
公共交通網も地球環境も破壊する最悪の「1000円高速」
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-919.html

■景気対策、逆に「エコ破産」「公共交通衰退」を加速?
      実は「選挙対策」のための値下げと短期ばらまき
http://www.news.janjan.jp/government/0906/0905294272/1.php

私も、1000円高速は、環境破壊・公共交通破壊・観光産業破壊・利益誘導政治の
とんでもない悪政だと思います。毛利

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
上海・千変万化:「南京!南京!」=鈴木玲子

 見終わった後、胸の奥にずしりと重い鉛を抱えたような気持ちになった。
1937年12月の旧日本軍による南京虐殺事件を題材にした中国映画「南京!
南京!」。「戦争とは何か」を真正面から強烈に問いかけてくる。
「中国人の思いを知ってほしい」。陸監督は日本上映をあきらめてはいない。
中国でも議論を呼ぶ作品が、日本で公開されないままなのはあまりに惜しい。
http://mainichi.jp/select/opinion/suzuki/news/20090601dde012070014000c.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「情報サイトWANは、女性問題とそれに関連する様々な活動をつなぐウェブサイトで
す。

 女性に役立つ情報を提供し、女性たちの連携を深め、
発信力を高める、ゆるやかで力強いネットーワークをつくります。
 行政・民間双方にまたがる全国の様々な活動や団体・グループの動きを互いに結び
付け、
女性の活動をさらに有効なものにしていきます。
 当サイトは、多様でひろがりをもった、
フェミニズムとジェンダーに関する情報をネット上で発信します。
 NPO法人WANは、女性情報総合サイトWANを運営するとともに、
女性たちの活動を支える諸事業を行います。」
http://blog.goo.ne.jp/teramachi-t/e/099b045f37a5f01a28112281291423c8

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「丸腰国家」コスタリカに学ぶ 「憲法の使い方」
                  足立力也さん(コスタリカ研究家)

■コスタリカにおける憲法の活用例と「統合的価値観」としての平和主義

平和とは民主主義、自由、人権、豊かな自然環境、寛容さといった「価値観」を統合
したものだと、多くのコスタリカ人は考えている。そのため、コスタリカで平和とい
う単語が使われるのも、戦争や軍事にまつわる話ではなく、より身近な社会、政治、
経済の話がされる時のほうが圧倒的に多い。

日本の「護憲運動」は、条文ごとのテーマ別に分かれて活動しているように思える。
9条護憲派、25条護憲派などだ。しかし、それらは不可分のものであり、どれかひと
つが欠けても憲法の理念を体現しえない。また、例えば第13条の幸福追求権、14条や
16条のような不差別条項、24条の性別間における平等など、憲法第三章に示されてい
る国民の諸権利も、個別に追求して達成されうるものではない。9条も含め、それぞ
れが有機的に結合した「ひとつの統合的価値観」であることは、これがひとつの憲法
という章典にまとまっていることからもうかがえるし、前文の趣旨もそのようにとら
えるべきだろう。
 コスタリカでは、それらの権利や人権、あるいは自由といったことがらが、平和と
いう単語でひとくくりに扱われている。どんな言葉でくくるかは大した問題ではな
く、それらは有機的に結合したひとつの「統合的価値観」だと考えられている点が重
要である。だからこそ、戦争に賛成した大統領に対する違憲判決も決定的に重い意味
を持ったのだ。
http://www.jicl.jp/hitokoto/index.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



CML メーリングリストの案内