[CML 000226] 空に歌えば――平和・人権・環境(29)カクマクシャカ

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2009年 6月 3日 (水) 18:40:14 JST


前田 朗です。
6月3日


雑誌「マスコミ市民」連載中の「空に歌えば−−平和・人権・環境(29)」は
沖縄のカクマクシャカに登場してもらいました。

この世界は ただ広く 青い空が笑うだけ

僕等の自由 僕等の地球に 心が千切れそうだ

na na na・・・

歌えばforever 思い出だけが繋ぐ心 コロコロ変わり

川ぬ流れ スピードの中 時間よ 止まれ 気付いた別れ

ゆらゆらに 対岸に 幾つ思い出 足止める 今

遠くなるよ 今日のこのことも いつだったかに記したノート

 freedom 日々はまた流れ freedom 歌がまた生まれ

 freedom  人はまた流れ freedom 歌う!

 カクマクシャカは、沖縄在住のミュージシャンだ。

特定のジャンルに拘らず、様々な表現をしていく姿勢をとり、加藤登紀子や
shing02など世代もジャンルも越えたアーティストとのコラボレーションを生み
出してきた。



 二〇〇七年には初の単独作品『シャカの掌の惑星』を沖縄限定でリリースし
た。「この世界」「アレの話(はやめとこう)」「シャカの掌の惑星」
「ANETTAI」「街の詩」「じゃあ、またね」を収録している。

平和、平等が支配する日本 Tabooな話はしないのが基本

食えなくなったって良いなら話な 家族がいるなら絶対無しだ

乗らない電波に 行かない現場に 実際起きてることなら知ってる気

赤は止まれ 黄色は止まれ 青でも絶対 アレだけは言うな

黄色人種に生まれた我等 ハブにされてる哀れな彼等

雁字搦めが人生じゃないか 線をひいてるアンタは誰だ?

ほら また???広がるわけだ 自問自答せず答えは得れず

寝れずに仕返し怖くて泣いた 戦争 戦争 誰が儲かるんだ?

他方shing02と坂本龍一による「stop-rokkasho」という青森県六ヶ所村の再処理
工場に対してのプロジェクトに賛同し、shing02とともに制作した楽曲「無知の
知」をホームページで公開している。

 青森県六ヶ所村の再処理工場の甚大な放射能汚染に対するその活動のウェブサ
イトでは、 世界中のアーティストが放射能の恐ろしさを訴えるために様々な作
品を無償で公開している。「初めてそのサイトを見た時、こんなにも世界では放
射能への関心が高かったのか!と驚いた」という。

「『無知の知』を書く以前は、放射能についての知識はほぼ皆無でした。沖縄に
原子力発電所はまだないし、青森は沖縄から遠い。でも、少し調べれば、放射能
の恐ろしさはすぐにわかりました。一度、事故が起きてしまえば、取り返しのつ
かない事態になり、日本のみならず、世界中にまでその被害は影響します。その
被害は事故が起きていない今も海や食べ物を伝い、確実に広がっています」。


「無知の知」

http://kakumakushaka.com/bonus/

「繋がるスピーカー」

http://kakumakushaka.com/tspeaker/

こちらの映像はオススメです。「民のドミノ」

http://jp.youtube.com/watch?v=lScWHMZIvdg




CML メーリングリストの案内