[CML 000201] 映画「雪の下の炎」−チベットの人権は存在しない

坂井 貴司 donko at ac.csf.ne.jp
2009年 6月 1日 (月) 20:23:14 JST


 坂井貴司です。」
 転送・転載歓迎。
 
 私は以前、チベットは中国の一部でも良いではないかと思っていました。しか
し、自分なりにチベットの現状を調べたところ、それは完全な誤りであったこと
を思い知らされました。チベットは、パレスチナやチェチェンと同様に、外国の
軍隊に占領され、植民地支配を受けているのです。絶え間なく起こるチベット人
の蜂起がそれを証明しています。中国政府はチベットを豊かにするためと称して、
大々的な投資と開発を行っています。しかし、それによって豊かになっているの
は漢民族であって、チベット人ではありません。チベット人は漢民族の経営者や
役人にアゴでこき使われ、不安定雇用と低賃金に苦しんでいます。そして漢字と
北京語の使用を強制されています。チベット人は中国の底辺に押し込められてい
ます。そして、新自由主義が入り込み、カネこそがすべての価値観がチベット人
に襲いかかっています。
 
 その植民地支配に対して33年間獄中で戦い続け、亡命後は世界中でチベット
解放運動を展開している仏教僧パルデン・ギャツオさん(1933年生まれ)の
ドキュメンタリー映画が4月から全国で順次上映されています。
 
 映画「雪の下の炎」
 http://www.uplink.co.jp/fireunderthesnow/
 
 「チベットに人権なぞ存在しません。私が生き証人です」と語る老僧パルデン
・ギャツオさんは、1959年、チベット占領に抗議するデモに参加したことで、
中国当局に逮捕され、33年間投獄されました。獄中で言語に絶する拷問と強制
労働、「思想改造」に苦しみながらも、決して屈しませんでした。釈放後、ヒマ
ラヤ山脈を越えてインドに亡命し、世界中を回ってチベットの現状を訴えていま
す。
 
 チベットで何が起こったのか、何が起こっているのかを知る映画です。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
==============================
クリック募金サイトです。
1クリックで人助けができます。

イーコロ!クリック募金
http://www.ekokoro.jp/linkfree.html
クリック募金
http://www.dff.jp/index.html
募金パーク
http://www.bokinpark.com/
Click to Give
http://www.thehungersite.com/clickToGive/home.faces?siteId=1
1日1クリック募金集
http://park7.wakwak.com/~f-x/THEOLOGIA/bokin.html
  


CML メーリングリストの案内