[CML 000628] FW: [Kyoukasyo-west 2342] 抗議を!大田原市教委が扶桑社版を採択!

Okumura Etuo zxvt29 at dokidoki.ne.jp
2009年 7月 9日 (木) 23:04:36 JST


愛媛の奥村です。

大田原の採択に関するメールを転送します。

各地から、抗議をお願いします。

重複される方、すみません。

BCCでお送りします。


  _____

From: kyoukasyo-west-bounces+zxvt29=dokidoki.ne.jp at list.jca.apc.org [mailto:
kyoukasyo-west-bounces+zxvt29=dokidoki.ne.jp at list.jca.apc.org] On Behalf Of
伊賀
Sent: Thursday, July 09, 2009 9:13 PM
To: kyoukasyo-west at list.jca.apc.org
Subject: [Kyoukasyo-west 2342] 抗議を!大田原市教委が扶桑社版を採択!


大阪の伊賀です。

大田原市教委が、扶桑社版を採択した模様です。
抗議の声を集中してください。

歴史教科書の採択について、
最初から扶桑社版と自由社版を比較するだけとして、
他の7社を排除した採択でした。
採択手続きそのものにも多いに問題があります。

抗議先
大田原市教育委員会 学校教育課
gakkou-kyouiku at city.ohtawara.tochigi.jp
0287-98-7114  FAX0287-98-7123


*************************************

読売新聞 2009年7月9日朝刊より

扶桑社の歴史教科書採択へ 大田原市、05年に引き続き

大田市の教科書採択協議会は8日、市立中学全9校で来春から使う歴史の教科書に、
現在使っている「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した扶桑社の教科
書「新しい歴史教科書」を引き続き選定した。同市教委は、9日の委員会で正式に採
択する方針。

同市は2005年7月、全国の市町村で初めて同会のメンバーらが執筆した扶桑社の
歴史教科書を採択した。その後、同会は扶桑社に発行継続を拒否されたとして、別の
発行元「自由社」からの出版を決定した。自由社の教科書は、扶桑社版と「約8割は
同じ内容」(同会)で、大田原市がどちらの教科書を採択するか注目していた。
採択協議会は、教育委員やPTAなどの委員7人で構成。協議会は市役所湯津上庁舎で
開かれ、審議部分は非公開だった。両方の採択に反対する市民団体のメンバーら11
人が冒頭部分のみ傍聴した。
協議会では、現場教師による教科書の調査結果が報告され、「最も中学生が学ぶのに
適している」として、扶桑社の教科書の継続使用を答申にまとめた。
通常、教科書採択は4年ごとだが、12年度に中学の新学習指導要領が実施されるこ
とに伴い教科書も一新されるため、次回の採択は2年後となる。








CML メーリングリストの案内