[CML 002451] 非戦つうしんミディア470  09.12.23

毛利正道 mouri-m at joy.ocn.ne.jp
2009年 12月 23日 (水) 20:07:34 JST


■毛利正道のブログご紹介
観ました「いのちの山河」  注目した村民パワーと繋がり!
http://mouri-m.mo-blog.jp/blog/2009/12/post_8107.html

■〜高ボッチからの富士山〜
http://ameblo.jp/rv9084/entry-10409383137.html
私も、10年前の元旦に、長男とともに高ボッチに登り、
初日の出・富士山・八ヶ岳をカメラに収めました。毛利
==================================================
毛利正道   mouri-m at joy.ocn.ne.jp
                 http://www.lcv.ne.jp/~mourima/
      ホームページアドレス(URL)が変わりました
〒394-0028岡谷市本町2-6-47 信州しらかば法律事務所
tel0266-23-2270 fax0266-23-6642 携帯090-4096-7065
==================================================
できましたら、このつうしんが届いた機会に、
http://www.news-pj.net/をご覧下さい
特に、論評欄にご注目を
http://www.news-pj.net/comment/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
デュゴンを守れ:辺野古移設反対国際署名

浅田です。
デュゴンを守れ という立場から辺野古移設に反対する国際署名(オバマ大統領等宛て)が
http://www.salsa.democracyinaction.org/o/2167/p/dia/action/public/?action_KEY=1798
で行われています。署名は名前 姓 メールアドレス 所番地 市町村 State/Province は最後のOther  Zip
は00000といれてください。 最後は国名です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
普天間基地閉鎖と辺野古新基地建設反対闘争
       安次富浩さん(ヘリ基地反対協代表委員)

私たちは、1997年、普天間基地の代替施設として新たな米軍基地建設計画に対し、「大事なことはみんなで決め
よう!」と立ち上がり、名護市の市民投票では「海上基地建設NO!」の意思を示しました。しかしその後、市
民の意思は無視され、新基地計画は中味を二転三転させながら、12年後の現在まで闘い続けています。その間、
日本政府による様々な「アメとムチ」政策は地域共同体に亀裂を生み出し、多くの人びとが悩み苦しんでいま
す。
http://www.jicl.jp/hitokoto/index.html

■先日、長野県岡谷市まで辺野古で闘う大西照雄さんからおいでいただき、
パワーポイントでたっぷり闘いの歴史と現局面をお聞きし、会場一杯の参加者が大いに盛り上がりました。上記
安次さんの論説は、簡潔で要を得ているものです。ぜひ、お読みいただき、沖縄から本土に闘士をお呼びして全
国各地で燃え上がり、普天間基地即時閉鎖と、日米安保から平和友好条約への切り替えの世論を大いに広げま
しょう。毛利

■日米同盟の動揺 日米間に平和友好条約を結ぶ好機
◆日米同盟堅持を無条件の前提とする全国紙
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-December/002362.html


■朝日新聞の米軍基地特集記事はプロパガンダ?〜公開質問状、本日発送

12月18日付朝日新聞朝刊3面(13版)に「在日米軍基地 なぜ縮小されない?」という特集記事が掲載さ
れている。しかし、この記事には、思いやり予算の話が一言も触れられていない。「なぜ縮小されないのか」と
いうテーマで、思いやり予算に触れないということは事実を直視していない記事、プロパガンダということなる
のではないだろうか。
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/d2a25bc47e365601dbb9546f4e66e7bc

■代表質問 沖縄・宜野湾市の伊波市長に聞く
         米軍普天間基地を抱える沖縄・宜野湾市の伊波洋一市長が、日テレNEWS24の番組「代
表質問」に出演し、普天間基地移設問題について小西美穂キャスターの質問に答えた。伊波市長は、米軍側の資
料を基に海兵隊のグアム移転計画を分析したうえで、「辺野古移設を普天間返還の前提とする考えはおかしい」
などと主張した。 番組のもようを全編ノーカット配信30分。
http://www.news24.jp/articles/2009/12/11/04149543.html

■伊波市長が与党の国会議員に講演した際の、最新資料
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.html

基礎資料
******************************
■普天間基地移設問題の経過
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152446-storytopic-53.html
1995年9月(少女暴行事件)から2009年10月までの年表

******************************
■再編実施のための日米のロードマップ(仮訳)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/g_aso/ubl_06/2plus2_map.html
2006年5月1日付の、在日米軍・自衛隊の再編実施のためのロードマップ

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
京都12/22緊急集会に参加して  最新情報

多くの発言者があったが、最後に、集会決議を大きく長く続く拍手で採択し、学校を守り抜くぞとシュプレヒ
コールをして、集会が閉じられた。
 予定は、9時終了だったと思いますが、時間の長さを感じさせず、熱気あふれる集会は、9時20分に終了。
なお、参加者は600人で会場満杯、立ち見の方も多かったです。カンパは実に23万円を超えた。

■ [集会報告と御礼]12・19緊急報告会 民族差別を許すな! 京都朝鮮学校襲撃事件を問う
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-December/002355.html

■本日19日の緊急集会、在特会を圧倒して大成功!

平和力フォーラムを主宰されている前田朗先生も驚かれていたぐらいの参加者があり(200名以上だったような
気が)・・・会場には人があふれ、それも若い人も多く熱気で暑いくらいになり、センター前で騒いでいる30〜
40人の在特会を圧倒し、大成功でした! 

集会では、京都から上京された朝鮮第一初級学校の校長先生が詳しく報告してくださいました。「彼らが言って
いることはみんなウソです」・・・在特会のHPでは、「自分たちは公園使用許可を取っている」なんて書いてい
ますが、実は電話で市役所の担当の方に「使うからな」と一方的に電話しただけで、正式な使用文書に必要な公
園管理者のハンコももらっていない、ということでした。それに対し学校は50年近く、ちゃんと町内会の方たち
や市役所の担当に使用の件について了解をとってあるのです。

 校長先生が「『学校に行くの、いやや』と言う子も出てきて、心が痛いです」と言われたのには、本当に心が
痛く、ため息が出ました。どうか、あんな醜い日本人の大人たちの思うツボにはまらないで、元気を取り戻して
ほしいと祈るのみ・・・
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-December/002351.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
英「治安判事裁判所」イスラエル前外相に逮捕状(「恒久平和のために」)

イスラエル軍が去年の暮れから行ったパレスチナのガザ地区に対する大規模攻撃をめぐってイギリスの裁判所が
「戦争犯罪」の容疑でイスラエルの前外相に逮捕状を出していたことがわかりました。
イギリスの法律では国外で起きた戦争犯罪についても容疑者がイギリスに入国すれば逮捕できるとされており、
リブニ氏は直前に訪問を取りやめ、裁判所側は逮捕状を撤回しました。

この問題についてイスラエル外務省は15日、イギリス大使を呼んで重大な懸念を伝えたうえで「同様の事態が
繰り返されれば、両国関係は損なわれる」と抗議する声明を発表しました。
イギリスの裁判所は、過去にもパレスチナ人に対する「戦争犯罪」の容疑でイスラエルの政治家や軍人に逮捕状
を出していて、今後も両国の間の外交問題となりそうです。
http://blog.goo.ne.jp/05a21/e/2d4580938f86754c107f65db212a5268

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
年末年始 都、「派遣村」開設へ

東京都は21日、住居を失った求職中の失業者を対象に年末年始の28日から1月4日まで、渋谷区の国立オリ
ンピック記念青少年総合センターで生活総合相談として宿泊場所・食事の提供を行うことを決めました。自治体
がこのような取り組みを行うのは初めて。センターは500人が宿泊可能だとしています。

 利用できる人は求職中で困窮し住居がないことに加え、(1)都内に生活実態がある(2)都内のハローワークで求
職登録をしている(3)年末年始の生活総合相談をハローワークや区市町村などで申し出て、28日までに電話で
予約する―条件をすべて満たした人に限るとしています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-23/2009122314_01_1.html
こんなに厳しい条件を付けてはだめ! 毛利

■年の瀬募る困窮 相談
日弁連実施 電話6台鳴りやまず
           このうち東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会の3弁護士会による電話
相談が22日、行われました。午前10時の開始とともに、6台の電話が鳴りっぱなしに。雇用・労働、生活保
護、中小業者の破産など、夏の2倍を超える150件以上の相談が寄せられ、弁護士が対応しました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-23/2009122301_05_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
派遣村を繰り返すな! まやかしの制度改正 田中龍作

公益委員が示した改正案は予想通り「まやかし」だった。仕事がある時だけ雇用契約を結ぶ「登録型」派遣は原
則禁止されるが、3年間の猶予がある

 大量の「派遣切り」で社会問題化した製造業への派遣は長期の「常用型」に限って認めるとした。だが有期で
あることには変わりなく、用済みになれば解雇するが可能だ。使い捨てにされる状況はこれまでと同じなのであ
る。残念ながら大メディアの報道はそれを指摘していない。
http://www.news.janjan.jp/living/0912/0912194565/1.php

■登録型禁止
5年後に先送り
派遣法改正案 25日報告へ
労政審部会
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-23/2009122305_01_1.html

■独大手企業が雇用維持
上半期までに50万人
政府の操業短縮手当活用
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-23/2009122307_01_1.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
パナソニック 偽装請負は認定
最高裁、雇用責任を免罪
逆転判決
救済に背を向けた不当判決
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-12-19/2009121901_04_1.html

■吉岡会の見解、弁護団声明、判決全文
http://www.yoshiokakai.org/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
記者の目:1カ月ルール破った象徴天皇の会見=真鍋光之

そもそも、なぜ天皇の政治利用か否かが問題になるのか。それは、多くの犠牲者を出した太平洋戦争の教訓に他
ならない。

 1890(明治23)年に施行された大日本帝国憲法では、天皇は「国の元首にして統治権を総攬(そうら
ん)」するとされ、軍部を統率する大元帥だった。天皇が出席する国家最高会議の御前会議で、太平洋戦争開戦
など重要な国策が決まった。軍部は天皇の名の下に戦争に突き進んでいった。

 現在の日本国憲法は、天皇を「日本国の象徴」で「国政に関する権能を有しない」と規定している。それは悲
惨な戦争を経験した末に得た結論であり、だからこそ私たちは天皇と政治の「距離」に敏感に反応し、細心の注
意を払ってきたのではないか。
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20091222k0000m070136000c.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【資料】人権白書Tokyo要約/韓統連などが分担執筆担当
   在日コリアン差別の現状と課題(前半)
http://www.korea-htr.com/jp/171180/117212cr.htm

【資料2】人権白書Tokyo要約/韓統連などが分担執筆担当
    在日コリアン差別の現状と課題(後半)
http://www.korea-htr.com/jp/171180/117311cr.htm

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
生活保護申請不当逮捕起訴事件 A 君が不当に逮捕されるまでの詳しい経緯

 起訴状では、「保護開始申請書の受理及び保護決定の処分をさせるために脅迫を加えたもの」とされています
。しかし、申請書の受理は法律で定められた義務です。また保護は逮捕後も廃止されておらず、不当な決定はな
かったと福祉事務所自体が認めています。もちろん撮影された映像の公表もされていません。

 こうした不当な逮捕にも関わらず、起訴をされ、保釈請求も却下され、50日以上にもわたる身体拘束が続いて
います。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2009-December/002348.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
沖縄返還交渉における核密約文書、佐藤元首相邸に…初の存在確認

日米首脳 「合意議事録」 全文和訳
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091222-OYT1T00797.htm?from=main1

沖縄返還交渉をめぐる「沖縄核密約」の決定的な証拠の発見は、県内関係者に衝撃を与えた。
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-12-23-M_1-027-1_001.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
特集「始動 裁判員制度」

裁判員へのアピール度の高い視覚的なプレゼンテーションが追求されるあまり、立証と主張の区別があいまいに
なる可能性の問題や、公判前整理手続期日から裁判員の招集をかけるまで8週間以上空ける扱いによって、保釈
されない限り未決勾留期間が2ヶ月以上に及ぶ問題など、これまでの裁判員裁判の運用で明らかになってきた改
善すべき課題が指摘されています。同時に、これまでの“業界の阿吽の呼吸”が通用しなくなったことで、減刑
を見越した求刑の“よく分からない要素の上積み分”がなくなり、“求刑が、いわば可視化された”という透明
性がもたらされていることも。

この座談会で、裁判員裁判は、刑事司法に変化をもたらすにとどまらず、「罪を犯す人を異物化しない見方が育
まれ、それが時間をかけてゆっくり積み重なっていくことで、日本の社会に大きな変化をもたらす」と述べられ
ていることは大変印象的でした。
http://www.jicl.jp/now/ronbun/backnumber/20091221.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「虐待」 その苦海を越えて−記録映画『葦牙』からのメッセージ

冒頭のシーンにもどる。取っ組みあいの2人の子どもの間に男性指導員が割って入る。そのことによって、2人
のテンションがさらに上がる。涙があふれる。それは、自分の怒りの正当性を指導員に向かって主張する行為で
あり、それを伝えきれないもどかしさでもあろう。虐待を受けた子どもは、他との関係が取りにくいという。指
導員は2人にきちっと向きあい、それぞれの言い分を聞き取りながらトラブルの原因を整理していく。厳とした
その裁きによって、2人の間で張りつめていたものが、ゆっくりとほどけていく。心がつくられていく。

 このシーンは、傷ついた子どもたちの心を、どのように社会的に養い護っていくかという「みちのくみどり学
園」の基軸であり、映画『葦牙』に通底する社会への問いかけでもあると、わたしは理解した。
http://www.news.janjan.jp/culture/0912/0912224676/1.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



CML メーリングリストの案内