[CML 002329] 12/20@京都 伊勢崎賢治講演会「平和はつくれるか?−紛争の現場から−」のご案内

藤井 悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2009年 12月 15日 (火) 11:26:12 JST


藤井悦子です。
複数のMLに投稿しています。
重複、遠方、ご容赦ください。

12/20に京都アスニーで、
伊勢崎賢治講演会「平和はつくれるか?−紛争の現場から−」を行います。
ぜひご参加ください。

転送・転載、大歓迎!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ★ 伊勢崎賢治 講演会
       「平和はつくれるか?−紛争の現場から−」★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 米国・ブッシュ政権が推し進めた「対テロ戦争」を引き継ぐ形で、
オバマ政権でもイラク・アフガニスタンでの軍事作戦が行われてい
ます。オバマ政権は、とりわけアフガンに力を注ぎ増派を繰り返し
ていますが、治安状況は米国が侵攻した01年以来最悪のものになっ
ています。タリバーンの伸張とともに、米国を含む外国軍兵士の死
者は最悪を更新し、首都カブールでもテロが相次いでいます。この
ようなアフガンの状況は、外国部隊の武力による統治が困難である
ことを示しており、ドイツやオランダなどは学校の建設などの民生
支援に力を入れ始めています。
 日本は今なおインド洋での給油活動を続け、アフガンでの軍事作
戦に加担し続けています。鳩山内閣は給油活動の中止について発言
していますが、自衛隊を撤退を実行し、軍事力によらない支援を行
うべきです。
 講師の伊勢崎賢治さんは、アフガニスタンで軍閥の武装解除に携
わり、他にもシエラレオネ、東チモールで紛争後の平和構築に取り
組んでこられました。講演ではアフガニスタンを中心にその貴重な
経験を聞き、憲法9条を持つ日本が平和をつくるためにはどのよう
な活動に取り組むべきかを考えたいと思います。

【講師紹介】 伊勢崎賢治さん 東京外国語大学教授
1957年東京生まれ。大学卒業後、インド留学中にスラム住民の居住
権獲得運動に携わる。国際NGOスタッフとしてアフリカ各地で活
動後、東ティモール、シェラレオネ、アフガニスタンで紛争処理を
指揮。現在、東京外国語大学教授。紛争予防・平和構築講座を担当。
著書に『東チモール県知事日記』(藤原書店)『武装解除―紛争屋
が見た世界』(講談社現代新書)などがある。

【と き】 12月20日(日) 13時30分開場、14時開始
【ところ】 京都アスニー3階第2研修室
 アクセス:http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/about/institution/honkan/honkan_map.html
【参加費】 一般800円、学生500円
【主 催】 アジェンダ・プロジェクト京都
            http://www3.to/agenda/
【連絡先】 携帯:090-9998-9245
      メール:zetian1 at livedoor.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで



CML メーリングリストの案内