[CML 002320] 明日『名古屋・ボラんぽセンター連続解雇事件・Yさん解雇事件』第三回仮処分の審尋(審理)があります。(転送歓迎)

Esaman esaman at i-ml.com
2009年 12月 14日 (月) 23:32:46 JST


名古屋のEsamanです。
明日午後『ボランティアセンターのYさん解雇事件』の第三回の審理があります。
名古屋市の施設で発生している、かなり無茶苦茶な事件ですので、皆様の注目をお願いします。

**(転送歓迎)**

『名古屋ボラんぽセンター連続解雇事件』のインフォメーション
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/e/f2104d4bf5463d37693ccdd889a9d1e2



●次回の行動

現在、YさんはNPO法人ワーカーズコープに対して、地位確認の仮処分申し立てを行っています。

12月15日、13時30分から地方裁判所にて、第三回目の審尋(審理)があります。
応援してくださる方は、13時20分頃に、名古屋地方裁判所の2階ロビーにお越しください。


●今回までのらすじ…

前回の仮処分の心尋では、Yさん側は、NPO法人ワーカーズコープに対して、解雇の無効と職場復帰を求めて提訴し、証拠資料を提出して望みました。 

それに対して、NPO法人ワーカーズコープは、 
「労働契約ではなくて就労契約である。現在労協法案を制定する話が進んでいて、議員も多く賛成している(労協の宣伝?)」 
「NPOセンターからの情報流出の原因と懸念される大掃除はしていない(でも荷物の整理はしたと認める←自己言及のパラドックス?)」 
「名古屋市に情報誌の発禁を求められて、応じなかったことが事件の発端である」 
「名古屋市に指定管理を取り消される恐れがあった」 
などの主張を行い、証拠資料を提出しましたが、情報誌発行禁止の話や指定管理取り消しの話は、とくに証拠はありませんでした。 

また「Yさんらが情報誌を勝手に発行した」という話も、実は編集発行を主な業務として行っていたのは、 
Yさんではなく、他の職員であったことが発覚。 

さらに、ワーカーズコープ側は、Yさんが「業務命令に従わなかった」「会議を無断で欠席した」と言ってきましたが、 
その業務命令は女性差別の疑いの濃厚なもので、Yさんではない現場職員の反発によって霧散してしまっていたこと、 
無断で欠席したといわれた会議は、賃金も発生しないにもかかわらず、業務命令は出るという「QCサークル」のようなものであることが判明しました。 

*:QCサークル活動 
トヨタ自動車で行われていた時間外活動。 
生産現場の従業員が勤務時間外にグループで生産性向上などに取り組むQC(品質管理)サークル活動。自主的な活動とされながら、生産現場の従業員約4万人の全員
参加が原則となっていて、活動の成果は人事評価の対象となっている。このため、位置づけが不明確で、サービス残業の温床となっていた。 
2007年11月の名古屋地裁がQCサークル活動についても「業務と判断するのが相当」との判断を示した。 


●ここに注目!!

次回は、Yさん側が反論します。

前回、NPO法人ワーカーズコープ側の出してきた書面は、
Yさんとほかの職員を完全に混同して、Yさんが、してもいないことを解雇事由にしているものでした。
また、QCサークル状態の職場会議の実態と詳細も暴かれようとしています。
さらには、突如として全国から動員された当局側職員による『労働者代表選出の強行』の模様や、
当局側が行った『参加者水増し講座』が名古屋市に発覚して大目玉を受けたことを、全て関係のないYさんのせいにしたり、
当局側の情報管理ミスによる疑いが濃厚な『情報流出事件』をYさんのせいにするために、
連日数時間にわたってYさんを監禁査問、精神疾患に追い詰めた事件についても、その詳細が証言されようとしています。

あまりにも異様な事件の多発する労協センター事業団の実態。
『NPO法人ワーカーズコープ・ボランティアセンター解雇事件』の今後に注目です。



ボランティアセンターのYさんを支える会・準備会
460-0024 名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山303 名古屋ふれあいユニオン気付
TEL:052-679-3079 FAX: 052-679-3080
nagoya_vnpo_mondai at mail.goo.ne.jp
http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/
当会ではカンパ・賛同人を募集しています。カンパ個人一口1000円。会報も発行予定。
郵便振替 00800-8-126554 名古屋ふれあいユニオン(「Yさんを支える会」とお書き下さい)

準備会呼びかけ人・酒井徹(名古屋ふれあいユニオン運営委員長)


関連記事
効率重視?指定管理者制度で「なごやボランティアNPOセンター」職員総入れ替え(2008/03/22)
http://www.news.janjan.jp/area/0803/0803203247/1.php
『KY解雇』が発生? 名古屋市の施設の指定管理者交代のその後(2008/06/15)
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0806130507/1.php
労働者の味方の筈のワーカーズコープが組合つぶし?なごやボランティア・NPOセンター(2008/08/29)
http://www.news.janjan.jp/living/0808/0808275639/1.php
ワーカーズコープ所長独裁で暴走続く、なごやボランティア・NPOセンター(2008/09/05)
http://www.news.janjan.jp/living/0809/0808295827/1.php
「なごやボランティア・NPOセンター」依然、経営側の暴走続く(2008/12/01)
http://www.news.janjan.jp/area/0812/0811292477/1.php
今度は実体のない出向斡旋 依然不誠実な「なごやボランティア・NPOセンター」の対応(2008/12/26)
http://www.news.janjan.jp/living/0812/0812223962/1.php
ワーカーズコープが労働者代表選挙結果を改ざん? なごやボランティア・NPOセンター(2009/01/23)
http://www.news.janjan.jp/living/0901/0901215849/1.php
なごやボランティア・NPOセンター 当局の大掃除で大混乱(2009/04/13)
http://www.news.janjan.jp/area/0904/0904111351/1.php
ホームレス支援のアルバイト職員自身がホームレスに(2009/06/10)
http://www.news.janjan.jp/area/0906/0906074685/1.php
「なごやボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、第1回審尋(2009/10/13)
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910121561/1.php
「なごやボランティアNPOセンター」労組書記長解雇事件、第1回審尋(2)(2009/10/17)
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910141606/1.php

なごやボランティア・NPOセンター
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/

なお、なごやボランティア・NPOセンターで起こっている事件についての詳細は、下記のキーワードでも多数出てきます。ぜひ検索を。 
『KY・労協』 『ワーカーズコープ・解雇』 『脳内出向』
『KY解雇』 『松垣所長』 『イキナリ労組』 『労働者代表選挙』 

**(記事ここまで)**


CML メーリングリストの案内