[CML 002277] 進行する日本のレイシズム(人種主義)

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2009年 12月 10日 (木) 17:41:54 JST


パレスチナ連帯・札幌の松元です。(重複失礼)
下記の記事を転送しますが、私は、すぐにイスラエル警察と兵士のパレスチナ人にたいする対応を思い出しました。シオニストでレイシスト(人種主義者)のユダヤ人入植者がパレスチナの子どもたちにどんな嫌がらせや暴力をふるっても、放置、野放しにして、たとえ死にいたらしめても逮捕されることはない、これがイスラエルの入植者です。

戦後日本の政府と警察は、一貫して在日朝鮮人の人権を侵害し続けてきました。朝鮮学校を各種学校扱いにおとしめている制度がそのあらわれです。度重なる今回のようなことが、一般の人に自覚されないという点で、日本の人種差別(レイシズム)が根深いと感じさせられました。北朝鮮蔑視は、過去の罪責を清算しないまま在日朝鮮人への差別を存続させている日本人の排外主義のあらわれです。この排外主義をテコに、日本の「イスラエル化」は深刻な事態で進行していると感じられます。日本もイスラエルも、都合の悪い過去を隠蔽しアメリカ世界戦略の緊密な同盟国としてアジア大陸の東西でにらみをきかしているからです。
弱者の声に耳をかたむけることが、事態を変える道だと思います。松元
━━━━━━━━
いつもお世話になります。朝鮮総聯京都国際部の李東一です。
先週の12月4日金曜日、京都の朝鮮学校を襲ったある事柄について、
以下のようなメールを頂きました。                                                                                                多くの方に、先ずは”事実”ではなく真実を知って頂くことが重要では
ないかと思い、転送するものです。 
年の瀬が近づく慌しい時期、寒さも募りますが、ご自愛下さい。
(お知り合いの方々に、転送して頂いて結構です。)
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\                                                              皆様

私は朝鮮第一初級学校に二人の子どもを通わせている
保護者の金と申します。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
先日4日に名前を言うのも忌まわしいようなレイシスト(人種差別)団体が

京都朝鮮第一初級学校のすぐ前で騒乱を起こしました。

http://corea-k.net/date/000.wmv

今まで生きてきてこんな腹立たしく悔しい思いをしたことがありません。

学校の前で子どもたちに聞こえるように
“スパイの子どもたち!”“朝鮮学校を日本からたたきだせ!”などと
人として信じられない暴言を拡声器の爆音をもって騒ぎ立てました。

子どもたちはおびえて、中には涙を流すこどもたちもいたそうです。

私が悔しい、腹立たしいと思ったのは、何もその団体に感じたことではありません。
朝鮮語のことわざに“糞を避けるのは怖いからで無く汚いからだ”という言葉があります。

私が本当に許せないのはこのような事態が許されている“この社会の規律と良識”に感じています。

当日警察も子どもたちがおびえてるにもかかわらず“自分たちは間に入っている立場”とし
制御しようともしない。スピーカを校門のまん前で校舎に向けて騒いでるにもかかわらず
禁止させない。
これが言論の自由ですか?法や警察はこどもを守ってくれないというのがむなしくてたまりませんでした。

自由使用の公園なのにも関わらず“不法占拠”とののしり、地域の方々も使っているゴールポストを
動かしたり、利用する子どもの安全のために設置されたスピーカーの線を切り、朝礼台と一緒に
校門前に投げつける暴挙。
器物破損ではないのですか?強制執行は一般市民に権限があるのですか?

子どもたちがおびえ、泣いているのに脅迫罪ではないのですか?
そこにいる個人や団体を誹謗中傷し侮辱罪ではないのですか?

日本は多くの先進国が批准している人種差別撤廃条約に加盟してないから許されるのですか?

そこに駆けつけた私たちは声がかれるまで警察に訴えたのに取り合ってくれませんでした。

私は学校に駆けつける前に、某大学で人権教育の招かれ、“人権とこどもの学ぶ権利”を物知り顔で語っていました。
このときほど“人権と子どもの学ぶ権利”が虚しく聞こえたときはありません。

私はこの問題が一部のレイシスト集団の問題ではなく、それを許容する日本社会の“良識”を問いたいです。
たしかにこのような集団は日本人の一部かもしれません。
“日本人は悪い人ばかりではありません。信じてください”とおっしゃりたい方もいるでしょう。
そういう意味では日本の方々も被害者かもしれませんが、今回の問題の本質ではありません。

明確にこのような事態が起こったことは、これが許されたことになると思います。

いまこそ“日本社会の良識”にとうべきだと思っています。

いままで本当に悔しい思いをいっぱいしてきましたが、もうたくさんです。
今後このような事態が起こったとき、また私たち朝鮮人は門扉の前で歯を食いしばり、血の涙をのみながら
我慢に我慢を続けないといけないのでしょうか?

正直に今回子どもたちに“守ってやれなくて申し訳ない”との考えが頭を離れず
夜も悔しくて眠れませんでした。

無くなった祖父母や一世たちが空の上からこの事態を見ているならば、どんな思いをしてるでしょうか?
自分たちの曾孫までもこんな仕打ちをされているのかと嘆き苦しんでいるでしょう。

長々と書きたて、最後まで読んでいただきありがとうございます。
もうこのような事態が起こらぬよう皆さんどうかこの社会を良識とあるべき姿を考えてください。。。

------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------ 


CML メーリングリストの案内