[CML 002254] ●「坂の上の雲」徹底検証ブックレット完成

kokubo mzs at jb3.so-net.ne.jp
2009年 12月 7日 (月) 23:59:04 JST


こんにちわ!小久保です。

「えひめ教科書裁判を支える会」が、ブックレットを完成させました。そして、新しい全国的ネットワークも結成されました。以下、同会のメッセージを紹介します。転送・転載大歓迎です。

************************************************************

『坂の上の雲』の原作を徹底検証したブックレット、『検証「坂の上の雲」――その、あまりにも独善的、自国中心的なる物――』が完成
(転送・転載歓迎です)

以前にお知らせしていた、『坂の上の雲』を徹底検証した
『ブックレット』が完成しました。
http://kakaue.web.fc2.com/tu/ehime.html#book
http://kgcoms.cocolog-nifty.com/jp/2009/12/post-5d5e.html
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/a49711b3338ad909bf3efcb28d56dd6b

なお、下記の『坂の上の雲』を徹底検証した『ブックレット』
の注文・問い合わせは下記までお願いします。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
『坂の上の雲』を徹底検証した『ブックレット』が完成
皆さま、「えひめ教科書裁判を支える会」からのお知らせです。
NHKが大々的に宣伝し、放送を始めたスペシャル大河ドラ
マ『坂の上の雲』の原作を徹底検証したブックレット
検証『坂の上の雲』
――その、あまりにも独善的、自国中心的なる物――
を作成しました。
作品『坂の上の雲』の内容に即して、問題部分を引用しつつ、
その間違い・問題性について、具体的な史料・<事実>を対
峙させる形で徹底検証しています。

そして、その作業を通して、<歴史的事実の歪曲><日本の
行った朝鮮植民地化等の正当化><根拠なき「明治日本」過
剰賛美><アジアへの蔑視>等々、この作品の持つ重大な問
題性を、はっきりとした形で、具体的に提示していく形のも
のとなっています。

NHKによる、ドラマ化しての大々的な宣伝と放送、それに
便乗しての、他メディアによる『坂の上の雲』及び日清・日
露戦争の賛美言説のばらまき、これから三年間にわたって続
くであろう、これら<歴史の歪曲・偽造>攻勢にだまされず、
自らの眼で、この作品の中味・実体を検証していくための武
器として、このブックレットを活用していただければ、とて
も嬉しく思います。ぜひ御注文ください。

<問い合せ先>
TEL・FAX/0898-23-5808(おもしろ共和国気付 高井)

<注文先>
TEL・FAX/089-977-9175(藤原)090-7572-9175(藤原携帯)
メールアドレス/zxvt29 at dokidoki.ne.jp
価格/@ 500円+送料(実費)

※ 但し、20冊以上まとめて御注文いただいた方には、1冊
あたり400円とさせていただきます。差額を、それぞれの
団体等の運動のための資金に充てていただければ幸いです。

<振込先>
口座名:教科書裁判を支える会
口座番号:01610−4−31943

※ 代金の支払いは、ブックレットに同封している振込用紙を
ご利用ください。
※ 「えひめ教科書裁判を支える会」の振込用紙を既にお持ち
の方は、お手数ですが<「坂の上の雲」代金>と通信欄に
ご記入ください。

<目次>
第一章 はじめに
――司馬遼太郎という名が持つイメージに惑わされ
ることなく――
第二章 近代日本が朝鮮を植民地にするまでの歴史過程
―― 近代日朝関係史素描 ――
第三章 『坂の上の雲』の重大な問題点 ―作品に即して―
(1) 歴史的事実の無視・歪曲・偽造
(2) 誇大妄想的な域にまで達している「明治日本」賛美の
数かず ― その、あまりに独断的・非実証的なるもの ―
(3) 肯定し得る「明治日本」像を造り出すための、司馬の
巧妙かつ詐欺的手法
(4) アジアへの蔑視 ― 日本型オリエンタリズム ―
(5) 女性蔑視
(6) 日露戦争・明治日本を描く司馬の目線・立ち位置は国
家統治者のそれである
第四章 『坂の上の雲』によってつくられる新たなナショナ
ルアイデンティティー
第五章 おわりに― NHKの『宣伝文書』を前にして ―
(以上)




CML メーリングリストの案内