[CML 002188] Fwd: 米国防省漏洩文書が明かす 「イラク・アフガニスタンへの劣化ウラン弾輸送」

Kazashi nkazashi at gmail.com
2009年 12月 1日 (火) 19:28:06 JST


皆様

 下記ニュースは、今年8月上旬のものですが、 
「オバマ政権によるアフガニスタンへの増派決定」 
という現在の動きにも大きく関係しますので、改め 
て流させていただきます。

    草々     嘉指信雄
           NO DU ヒロシマ・プロジェク 
ト   http://www.nodu-hiroshima/org/
                                          『ウラン兵器なき世 
界をめざして—ICBUWの挑戦—』(合同出版、2008)


Begin forwarded message:

> From: Kazashi <nkazashi at gmail.com>
> Date: August 9, 2009 6:55:13 PM JST
> To: nodu <noduproject at yahoogroups.jp>
> Subject: 米国防省漏洩文書が明かす 「イラク・アフ 
> ガニスタンへの劣化ウラン弾輸送」
>
> [転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦く 
> ださい]
>
> 米国防省漏洩文書が明かす
> 「イラク・アフガニスタンへの劣化ウラン弾輸送」
>
> [転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦く 
> ださい]
>                    2009年8月 
> 9日
>
>  これは、少し前のニュース(2007年1月)です 
> が、今まで日本では紹介しないできてしまってい 
> るニュースです。これも、今後の日本での取り組 
> みにとっても重要かと思いますので、ご参考まで 
> に紹介させていただきます。
>
>  下掲の文章は、劣化ウラン兵器のイラクやアフ 
> ガニスタンへの輸送に関し、2005年5月19日、米国・ 
> 国防省の担当官から米国・運輸省の担当官宛に出 
> されたものが何らかのルートで外部に漏洩したも 
> のの日本語訳ですが、以下のことが読み取れるか 
> と思います。
>  このお知らせの一番下に英語原文を添付してあ 
> りますが、オリジナル文書の写真ファイルは、「NO  
> DUホームページ」にアップされています。
>  http://www.nodu-hiroshima/org/
>
> 1)9.11以降のいわゆる「テロとの戦争」におい 
> て、米軍は、劣化ウラン兵器をアフガニスタンや 
> イラクに投入し続けてきていること。
> 2)劣化ウラン兵器の投入は、「きわめて重要 
> な」(critical)な意義を有するものとはっきりと 
> 位置づけられていること。“critical”という表現 
> が、繰り返し使われており、劣化ウラン兵器が、 
> 現在、米軍にとり、主要兵器となっていること。
> 3)劣化ウラン兵器の移送に伴う危険性も十分に 
> 認識されていること。
> 4)ただし、危険物質の移送に関し、軍によって 
> 定められた措置を講ずるにはかなりの費用がか 
> かってしまうので、特別の免除待遇を、所轄官庁 
> である米運輸省から受け続けているが、防衛省と 
> 運輸省との間には、まだ合意に達せないでいる点 
> も存在すること。
>
> ***
> 陸軍省・軍事交通管理コマンド本部
> 200 Stovall Street, Alexander, VA 22332-5000
>
>                          2005年5月19日
>
> ロバート・マクガイアー博士
> 「危険物質安全」副長官
> 合衆国・運輸省
>
> マクガイアー博士殿
>
> 国防省(DOD)の代表として、我々、SDDC(陸海上補 
> 給展開コマンド)は、貴オフィスが、DODに対し、 
> 数々の輸送上の免除措置や所轄官庁認可を与え続 
> けてくださっていることに対し感謝いたします。 
> これらの[免除措置や認可]に関する文書は、 
> 我々の任務の達成とグローバルな「テロとの戦 
> 争」の成功にとって不可欠なものです。
>
>  「劣化ウラン(DU)の安全輸送に関するDOD(国 
> 防省)の記録は、非の打ちどころのないもの 
> (flawless)です。今まで、DODによるDU(劣化ウラ 
> ン)砲弾の移送において、安全上問題のある出来 
> 事は一つもありませんでした。こうした事実にも 
> かかわらず、DOT-E 9649(劣化ウラン砲弾の移送に関 
> わる)は、我々が合意に達することができないで 
> いる数少ない文書の一つです。私たちは、免除措 
> 置の更新が行われないならば、これらの決定的に 
> 重要な[critical]砲弾をイラクやアフガニスタン 
> の我が軍隊に供給し続けることが不可能になって 
> しまうかもしれません。
>  DOD(国防省)は、この極めて重要な[critical] 
> 件について、DOT(運輸省)と連携して行くことを 
> 望みます・・・・  敬具
>
>  パトリシア・M・ヤング
>  長官補佐官
>
>
> [英語原文]
> Department of the Army
> Headquarters, Military Traffic Management Command
> 200 Stovall Street  Alexander, VA 22332-5000
>
>                         May 19, 2005
>
>    Reply to Attention of
> Office of the Deputy to the Commander
>
> Dr. Robert A. McGuire
> Associate Administrator for Hazardous Materials Safety
> United States Department of Transportation
> 400 Seventh Street, SW. Washington, DC 20590
>
>    Dear. Dr. McGuire: As the representative for the Department of  
> Defense (DOD), the Military Surface Distribution and Deployment  
> Command (SDDC) would like to thank your office for its continued  
> support in providing DOD with its numerous transportation  
> exemptions and Competent Approval Authorities. These documents are  
> vital to the accomplishment of our mission and critical to the  
> success of the Global War on Terrorism.
>   The DOD’s record of safe transportation of depleted uranium (DU)  
> ammunition is flawless. There has never been a single safety  
> incident concerning DODO DU ammunition shipments. Despite that  
> fact, DOT-E 9649, (governing the shipment DU ammunition) is one of  
> the few documents on which our two agencies have not been able to  
> reach an agreement.
>  We believe that failure to renew the exemption may possibly  
> interrupt the movement of these critical munitions to our forces in  
> Afghanistan and Iraq. The cost of our compliance with the currently  
> exempted standards may reach as high as $50 million; and it may  
> cost prohibitive given our current fiscal restraints.
>  The DOD looks forward to working with DOT on this critical issue.  
> Please have your office contact Lieutenant Colonel Mark Wyrosdick  
> at (757) 878-7518 so our staffs can continue to work toward a  
> mutually beneficial resolutions. You[r] continued cooperation is  
> greatly appreciated.
>
>    Sincerely,
>            Patricia M. Young
>            Deputy to the Commander
>
>
>
>
>
>



CML メーリングリストの案内