[CML 052771] 【YYNewsLive】■日本大学と田中英壽(ひでとし)日大理事長の深い闇!六つの疑問とその答え!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2018年 5月 31日 (木) 22:34:04 JST


いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日木曜日(2018年05月31日)午後9時から放送しました【YYNewsLiveNo2562】の放送台本です!

【放送録画】73分03秒

  https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/468175159

☆今日の画像

〇蓋組司忍組長(右)と日大・田中理事長(サウスチャイナ・モーニング・ポストから)

∋蓋組佐々木一家山本岩男組長(故人右)と日大・田中理事長(週刊文春6月7日号)

☆今日の推薦図書(朗読)

■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009年5月20刊)

この本は中国で150万部、韓国で7万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。

(序文より)

『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』

▲第51回 (2018.05.31) 朗読

第5章 インフレにおける「新政」

金本位制の廃除 銀行家がルーズベルトに与えた歴史的使命 P178-181
             
(1)今日のメインテーマ

■日本大学と田中英壽(ひでとし)日大理事長の深い闇!六つの疑問とその答え!

,覆実膤慳召法愼本』という国名を使えたのか?

△覆竺慇舷7万人、年間予算2000億円の大企業になったのか?

なぜ毎年91億円もの巨額の私学助成金が給付されるのか?

▲以上の ↓◆↓の疑問への答えは、日本大学の創立者の経歴の中にある。

すなわち、1889年に前身の『日本法律学校』を作った人物は長州藩下級武士出身の長州萩生まれ、松下村塾で学び討幕軍の指揮官とした活躍した、伊藤博文ら【田布施マフィア】の幹部であった山田顕義(あきよし)だったことである。

だからこそ普通では到底あり得ない『民間の教育機関が『日本』という国名を名乗ること』が特別に許可されたのである。『日本法律学校』は4年後の1903年(明治36年)には日本大学と改称し1920年(大正9年)の大学令により認可されたのだ。

そして日本大学は、戦前の『天皇制軍事独裁体制』で東京帝大をはじめとする七帝大が少数のエリート幹部の養成機関として機能する一方、『天皇の忠実な臣民』の中級幹部を大量に養成する機関として位置づけられたのである。

日本大学は戦後の日本でもまた、米国支配層の傀儡政党『自民党の忠実な臣民』を大量に育成するマンモス大学として国の手厚い援助を受けてきたのである。

2015年4月に国会で「日本維新の会」牧義夫衆議院議員が当時の下村博文文科大臣に『田中日大理事長と暴力団組長との関係疑惑』を追及したのにいつの間にかうやむやにされたのか?

ズ鯒9月『天啓新聞社』が田中日大理事長と山口組司忍組長とのツーショット写真を公表しようとした時二人の記者が何者かに襲われて足を骨折したのか?

γが田中日大理事長をJOC副会長に抜擢したのか?

▲以上のぁ↓ァ↓Δ竜震笋紡个垢訶えは、下記の英字新聞『サウスチャイナ・モーニングポスト』の2015年4月15日付け記事『日本オリンピック委員会幹部はヤクザのボスと一緒の写真の疑惑に直面している!』を読めばすぐわかるのだ!

▲2015年4月15日 付け『サウスチャイナ・モーニングポスト』記事!

Olympic official faces scrutiny over photo taken with Yakuza boss

日本オリンピック委員会幹部はヤクザのボスと一緒の写真の疑惑に直面している!

Government vows to look into allegations linking the vice-chairman of
Japan's Games committee to leading figure in organised crime.

日本政府は、日本オリンピック組織委員会副会長と組織犯罪幹部との関係を調査すると約束した。

16 April 2015 South Chine Morning Post

2015年4月15日 サウスチャイナ・モーニングポスト

(記事本文)

A Japanese politician has demanded an inquiry into allegations the
vice-chairmanof Japan's Olympic Committee has close ties with the
Yamaguchi-gumi, Japan's largest yakuza group.

日本の政治家が日本オリンピック委員会副会長が、日本最大のヤクザグループである山口組と密接な関係を持っている疑惑を調査するように要求した。

Yoshio Maki, a member of the opposition Japan Restoration Party, on
Wednesday asked the education minister in parliament whether he was
aware of the photo that shows Hidetoshi Tanaka, who is also chairman of
the elite Nihon University, sharing drinks with Shinobu Tsukasa, the
head of the gang.

日本の野党「日本維新の会」の牧義夫衆議院議員は、水曜日の委員会で下村博文文科大臣に「日本大学の田中英寿理事長と山口組司忍組長が酒を飲んでいる写真の存在を知っていた」と質問した。

Two reporters reportedly had their kneecaps smashed by assailants last
year whenthey started investigating the photo.

昨年2人の記者がこの写真の調査し開始した際何者かに襲撃され膝の甲を叩かれたと伝えられている。

The minister, Hakubun Shimomura, replied that he had been unaware of the
allegations of a link between Tanaka and organised crime, but added that
he intended tolook into the matter.


下村博文文科大臣は、田中日大理事長と暴力団との関係は知らなかったと答えたが、この問題を調査すると付け加えた。

"I have spoken to officials at the university who said they were shown
the photos of Tanaka with a yakuza boss by Tanaka himself, who was using
the photos to intimidate them and to warn them of the consequences of
opposing him," Maki told Vice News.

牧義夫衆議院議員は「ヴァイス・ニュース」に次のように話した。

「私は日本大学の幹部と話したが、彼らは田中理事長自身から理事長と暴力団組長との写真を見せられた。もしも理事長に反抗したらどうなるか、脅すために田中理事長はこれらの写真を使っていたと証言した」。

"They are afraid for their lives and afraid to oppose Tanaka for fear of
what will happen to them. I believe the photos are real."

「もしも田中理事長に反抗したらどうなるか、彼らは見の危険を感じていた。私はこの写真は本物だと信じている」

Preparations for the 2020 Tokyo Olympic Games come under the purview of
the ministry of education, while there are numerous lucrative contracts
being drawn up for new facilities and infrastructure for the event.

2020年開催予定の東京オリンピックは文科省の元で準備されているが、新しい施設やインフラ建設のために莫大な利益を生む多くの契約が結ばれている。

Some estimates put spending for the Games at US$50 billion, while
Japan's 21 organised crime groups are generally understood to take a cut
of around 5 per cent of all revenue from the nation's construction industry.

ある専門家は東京オリンピックの総支額額は500億ドル(約5兆円)に上ると言い、他方では日本の21組織暴力団は建設業界から全収入の約5%のリベートを得ると一般的に考えられている。

That vow to look into the matter is the first solid commitment by the
governmentto look into a link that has been rumoured since early last
year, said Jake Adelstein, author of Tokyo Vice: An American Reporter On
The Police Beat In Japan and an expert on Japan's underworld groups.
"Tanaka has long been rumoured to havelinks with organised crime,
although Nihon University has always tried to brush the allegations
under the carpet by saying that while he may have met members ofcrime
groups by chance in the past, he had nothing to do with them any more,"
Adelstein said.

日本の警察と暗黒街の専門家であるアメリカ人記者「ヴァイス・ニュース」のジェイク・アデルシュタイン氏は次のように言っている。

「この問題を調査するとの下村文科大臣の約束は日本政府が昨年初めから噂されてきた日大理事長と暴力団との関係を調べる最初の確固たる約束である」

「田中日大理事長が暴力団と関係しているとの噂は以前からあったが『理事長は過去に暴力団と偶然遭遇したことは過去にあったが現在は全く関係はない』と言って日大はすべての疑惑を封印してきた」。

"The photo was sent anonymously to a lot of press in Japan all at once,
but none of them would print it because, to be honest, they were scared."

「この写真は日本の多くの報道機関に匿名で一斉に送られたが、正直言って、皆怖がって誰もそれを印刷しなかったのだ」

Tanaka is very close to Prime Minister Shinzo Abe and Nihon University
also wields considerable influence.

田中理事長は安倍晋三首相と非常に近く日本大学もかなりの影響力を持っている。

The media was apparently given a demonstration of the consequences of
running the photo in September last year when two reporters for the
Keiten Shimbun were assaulted when they started asking questions about
the image and indicated that the paper was planning to print it.

日本のメディアは、昨年9月「敬天新聞社」が写真の調査を開始し写真を公表しようとした時に記者2人が襲撃されたという事実は、明らかに「ある意思表示である」と受け取ったのだ。

Both men had their kneecaps broken and phone calls were made to other
publications to warn them that their reporters could expect similar
treatment if they wentahead and published the photo.

二人の男性は膝の甲を襲撃で骨折させられた。他の出版社に電話がかけられもしも彼らが写真を公開すれば同様の扱いを受けるだろうと警告した。

"No one has wanted to touch the story so far because they don't want
their reporters to get hurt, but now that the photo is out there and
questions are being asked in the Diet, it will be harder and harder for
them to ignore it," Adelstein said.

「これまでのところ、記者たちに怪我をさせたくないので誰もこの件には触れたがらないが写真は外に流出し国会でも質問されているので、彼らが無視するのはますます難しくなる」とジェイク・アデルシュタイン氏は言った。

(記事終わり)

【関連記事1】

▲タックル問題で再燃 日大理事長の交遊関係に“マル暴”の影

2018年5月30日 日刊ゲンダイ  

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230047

司忍組長(右)と日大・田中理事長/(サウスチャイナ・モーニング・ポストから)

日大アメフト部員の“悪質タックル”問題は日大トップの解任問題にまで飛び火しそうな勢いだ。数年前、国会でも取り上げられた日大の田中英寿理事長(71)と、広域指定暴力団幹部との“親密”写真問題が再燃しているからだ。

田中理事長の黒い交際疑惑を裏付ける、6代目山口組の司忍組長とのツーショット写真を巡っては、2015年に香港の英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」など海外メディアが次々に報じている。

“黒い関係”を巡る疑惑は国会にも飛び火し、同年4月には、維新の党(当時)の牧義夫衆院議員(現・国民民主党)が、<日大の理事長としてというよりも、これは間違いなくJOC(日本オリンピック委員会)副会長であるからこそ、その裏社会との関係を懸念する記事が出ている>と指摘した。

いつの間にか田中理事長の“疑惑の交友関係”はウヤムヤに終わったが、アメフト事件を契機に日大の体質そのものに目が向けられ、再び問題視され始めた。

最新号の「週刊文春」は、司忍組長とのツーショット写真を掲載。ネットメディアも、闇社会との関係を報じ始めている。

■海外ニュースが報じた黒い関係

田中理事長や日大は、暴力団幹部との写真や交際について「(写真は)作られたもの」「事実無根」と一貫して主張しているが、暴力団関係者との写真は、司忍組長とのツーショット写真だけではない。

指定暴力団住吉会の福田晴瞭元会長との写真も出回っている。さらに、右翼系の敬天新聞には、09~10年に撮影されたとみられる山口組幹部とのツーショット写真も掲載されている。はたして、田中理事長は暴力団と関係があるのか。

米ニュースサイト「デーリー・ビースト」は、14年1月に「ザ・ヤクザ・オリンピックス」と題した記事の中で、<田中英寿氏は福田会長と過去においてよい友人だった><山口組のボスの少なくとも1人、さらには他の暴力団の構成員とも友人関係を維持していることを示す書類もあった>などと紹介している。

暴力団関係に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏がこう言う。

「そもそも、暴力団はボクシングや相撲などの体育会とのつながりが強い。ただ、一般的に、暴力団側は『声がかかれば会って腹を割って話をする』という立場なので、もし関係があるとすれば、田中理事長の方から接触を持ちかけた可能性が高い。恐らく、理事長の趣味、肌が合うといった感覚で交際していたのでしょう。写真は『合成だ』という主張が世間に通じるかどうか」

改めて日大とJOCに田中理事長と暴力団の関係について問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

仮にも田中理事長は生徒数7万人を誇るマンモス私大のトップだ。もはや、いつまでもウヤムヤにできる状況じゃないだろう。男らしく表に出てきて話をした方がいい。 



【関連記事2】

▲批判の矛先向く日大理事長の“正体” 角界が戦々恐々の理由

2018年5月31日 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/230105/1

コワモテでも有名な田中理事長

予想された通りの「厳罰」だった。

29日、都内で臨時理事会を開いた関東学生アメリカンフットボール連盟は、悪質な反則プレーで問題となっている日大アメフト部の内田正人前監督(62)と井上奨前コーチ(30)を罰則規定で最も重く、永久追放に相当する「除名」とする処分を決定。同学連の規律委員会は、反則が内田、井上両氏の指示によるものと認定した。

これを受け、同部の加藤直人部長は「ご裁定を重く受け止め、真摯に対応させていただきたく存じます」などとする声明を発表したものの、大学側はいまだ、「指導者の指示はなかった」とする見解を変えていない。それどころか、真相究明を委ねるとした第三者委員会の設置すら実現していない状態だ。

いよいよ批判の矛先が大学、そして、そのトップである田中英寿理事長(71)に向けられているのだが、予算2620億円の日本最大の学校法人を牛耳るそんな理事長の去就に戦々恐々としているのが、大相撲だという。

■引退力士を日大職員として再雇用

田中理事長が総監督を務める日大相撲部は、横綱輪島、大関琴光喜をはじめ、全大学中最多の68人もの力士を大相撲に送り込んでいる一大勢力だ。

相撲部屋にとってもだから、頭が上がらないところがある。幕下付け出し、三段目付け出しの資格を得た力士を入門させれば、労せずして関取を育てられる。即戦力力士の供給源である日大相撲部、いや、田中理事長の影響力は、角界においても絶大なものなのだ。

ある日大OBはこう話す。

「プロを目指す部員がどの部屋に入門するかは、すべて田中理事長の一存です。有無を言わさず、『オマエはこの部屋』と割り振られる。逆に『いや、ボクはこの部屋に入りたいです』などと逆らった力士には容赦しない。一方で面倒見の良い部分もあり、十両止まりで引退した力士を、日大の職員として再雇用したこともある。出身力士にすれば、日大という太いタニマチが付くうえに、引退後の心配もない。相撲部の門を叩く人材が絶えないわけですよ」

それもこれも、田中理事長の剛腕があってこそ。仮に失脚となれば、日大相撲部は衰退必至で、角界も大ダメージを受けるというわけだ。

相撲指導には定評がある田中理事長は、自身もアマチュア相撲ではそれと知られた存在。日大3年時に学生横綱に輝き、卒業後もアマチュア横綱3回、実業団横綱2回の実績を誇る。

当時を知る相撲記者は「プロでも横綱になれた逸材でした」と、こう続ける。

「本人はプロ志望だったが、学校側に『プロには1年後輩の輪島を行かせるから、オマエは大学に残れ』と言われ、断念した経緯がある。強さは本物でしたね。あの当時、輪島が入門した花籠部屋は、日大相撲部の稽古場の近所にあった。そこに、日大職員時代の田中理事長が『輪島、一丁やるぞ』と、アマ相撲の大会の調整のため、“出稽古”に来る。輪島は入門3年目に関脇を4場所で通過して大関に昇進するが、その時でさえ、田中理事長には歯が立たない。しまいには、『先輩が来そうだから』と逃げ回っていたほどです」

■語っていた皮肉な信条

 日刊ゲンダイは2006年、日大相撲部監督としての田中理事長に120分にわたってインタビューを行ったことがある。低迷中だった大相撲への提言として、

「最近の外国人の相撲を見ていると、勝負を優先するあまり、やや礼儀作法を欠いているように思う。師匠の教えが行き届いているようには見えない」

「白鵬や琴欧洲など、外国人力士の急成長を見るにつけ、今の日本人力士は精進しているのかと疑問に思う。現状に満足し、地位に甘んじているだけではないか」

「力士は地位が上がれば、それまで以上に周囲からチヤホヤされる。タニマチなどからの誘いも増えていく。カネ回りがよくなり、勘違いする者などは自制心が欠けているのだ」
などと語っていた。

こうした発言の多くが今、自身に跳ね返っている。

礼儀どころか倫理すら疑われているアメフト部を野放しにし、大学の常務理事でもある内田前監督らイエスマンにチヤホヤされ、その地位にあぐらをかいている田中理事長は、過去の自身の発言をどう思うのだろうか。 



【関連情報1】

▲【山田顕義(あきよし)とは】(Wikipedia抜粋)

山田顕義(あきよし)(1844年11月18日-1892年11月11日)は、日本の幕末の武士、長州藩士、明治時代の政治家、陸軍軍人。諱ははじめ顕孝、のち顕義と改めた。幼名は市之允(いちのじょう)。号に養浩斎(ようこうさい)・狂痴(きょうち)・韓峰山人(かんぽうさんじん)、不抜(ふばつ)、空斎(くうさい)など。山田 

空斎(やまだ
くうさい)としても知られる。階級は陸軍中将、正二位勲一等、伯爵。

明治維新期の軍人として新政府に貢献するとともに、新日本の設立者として、近代日本の法典整備に力を尽くしたため「法典伯」と呼ばれた。

長門国出身。吉田松陰が営む松下村塾に最年少の14歳で入門、最後の門下生となる[4]。25歳の時に戊辰戦争で討伐軍の指揮をとる。その際、西郷隆盛から「あの小わっぱ、用兵の天才でごわす」、見事な軍才から「用兵の妙、神の如し」との名言がある。岩倉使節団の一員としてフランスを訪問した際、ナポレオン法典と出会い、「法律は軍事に優先する」ことを確信し、以後一貫して法律の研究に没頭する。約9年間にわたり司法大臣として近代国家の骨格となる明治法典を編纂した。

【関連情報2】

▲【田中英壽日大理事長とは】(Wikipedia抜粋)

田中英壽(たなかひでとし、1946年12月6日- )は、学校法人日本大学第12代理事

人物

青森県五所川原市生まれ。1965年、日本大学経済学部に入学。1969年、日本大学経済学部経済学科を卒業し、日本大学農獣医学部体育助手兼相撲部コーチに就任。1999年学校法人日本大学理事、2000年日本大学保健体育事務局長、2001年日本大学校友会本部事務局長、2002年学校法人日本大学常務理事、2005年日本大学校友会会長などを歴任した。2008年より学校法人日本大学理事長。

小学校低学年から相撲を習い始め、日本大学在学時相撲部の選手として活躍、3年生のとき学生横綱となった。1969年12月・1970年・1974年の3度アマチュア横綱となったのを始め、のべ34のタイトルを獲得し、1980年に現役引退。同年、朝日スポーツ賞受賞。

1983年に日本大学相撲部監督に就任、久島海、舞の海を始め、幾多の学生を指導して厳しく鍛え上げ、大相撲にも卒業生を送り出すなど人材育成に務める。

1994年、財団法人日本オリンピック委員会(JOC)理事に就任、後にJOC副会長を務めたが、後述のように広域暴力団の住吉会会長や山口組組長らとのいわゆる黒い交際が発覚し辞任した。また公益財団法人日本相撲連盟専務理事・副会長、国際相撲連盟事務総長・会長などを歴任した。

その他

2013年(平成25年)2月1日付の読売新聞で、理事長を務める大学の工事受注業者から約500万円を受け取っていたとの疑惑が報じられ、国会でこの問題が取り上げられた。

2014年2月、週刊文春は、住吉会二代目会長福田晴瞭らとのスリーショット写真を掲載。同年9月頃には、山口組六代目組長司忍とのツーショット写真が流出、ヴァイス・ニュース(英語版)デイリー・ビースト(英語版)・ブルームバーグなどのインターネットメディアに掲載された。2015年4月15日、衆議院文部科学委員会で2020年東京オリンピックに関連して事実関係が問われ、文部科学大臣下村博文は調査を約束した。 

 

(終わり)

(2)今日のトッピックス

①  イタリア、組閣中断 「五つ星」連立再び探る

2018/5/30  日経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31175180Q8A530C1FF1000/

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリアの政局の迷走が続いている。いったん頓挫したポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右「同盟」の連立政権樹立の可能性が再び浮上。マッタレッラ大統領と次期首相候補の国際通貨基金(IMF)元高官カルロ・コッタレッリ氏は30日、大統領府で会談し、状況を見極めるため組閣作業を中断した。事態が収拾する気配は見えない。
画像の拡大

会談後、コッタレッリ氏は「政治家による新政権の誕生の可能性が出てきた。市場の緊張も鑑み、進展の可能性を待つことにした」との声明を発表した。大統領の同意を得て、組閣に向けた協議をいったん休止した。

関係筋によると、五つ星は大統領が拒否した欧州連合(EU)懐疑派の閣僚人事案を変え、再び同盟に連立政権の樹立を呼びかけた。五つ星のディ・マイオ党首は大統領の弾劾要求も撤回したという。強硬姿勢だった態度を軟化させ、再び政権入りの可能性を探っているとみられる。

一方の同盟は再選挙にこだわる。サルビーニ党首は30日「我々はまず中道右派連合として、次に五つ星と一緒に政権を作ろうとしてきたが、いつも『NO』と言われてきた」と指摘、これ以上の連立交渉に難色を示した。同盟は3月の総選挙後から支持率が上がっており、再選挙を実施した方が有利と判断している可能性が高い。

再選挙の時期については同氏は「できるだけ早く」としつつも「(夏休みシーズンに入る)7月は避けるべきだ」と話す。中道右派連合を形成する政党「フォルツァ・イタリア(FI)」を率いるベルルスコーニ元首相も、再選挙を視野に同盟と協力する意向を表明している。

もともとは五つ星と同盟は政策で合意し、新政権の誕生が間近とみられていた。ただ失業者への月780ユーロ(約10万円)の最低所得保障などの政策はバラマキの色が濃い。EUの財政ルールを批判するなど、放漫な財政運営やEUとの関係悪化を懸念する声は強く、大統領は両党による組閣を阻止していた。

五つ星と同盟には連立に向けて温度差がある。交渉がうまくいかなければ、コッタレッリ氏は再び組閣作業に乗り出し、閣僚名簿を大統領に提出するとみられる。伊メディアによると、閣僚は少人数になる見通しで、大学教授や元検察官、弁護士らの起用が取り沙汰されている。

ただ、イタリアでは実権を持った政権として始動するには議会の信任が必要だ。大統領が閣僚人事を承認しても、議会多数派の五つ星や、同盟が賛同する可能性は低い。その場合は早期の再選挙が濃厚となり、7~9月に実施する観測が浮上している。

伊政局の混乱を嫌気し、日本などの株式相場は急落。世界の金融市場に影響が飛び火し、投資家はユーロ圏第3位の経済大国の動向に敏感になっている。

3月4日の総選挙では経済が停滞する南部地域の有権者が五つ星を支持し、単独で第1党に躍進。政党グループとしては同盟やFIでつくる中道右派連合が最大勢力になった。ただ、どの勢力も過半数には届かず、3カ月近くにわたって協議が続けられている。

▲蹈轡外相が訪朝、金正恩委員長と会見 ロ政府発表

2018年5月31日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3176741?cx_part=top_block&cx_position=3

北朝鮮・平壌で行われた会談で、握手を交わすロシアのセルゲイ・ラブロフ外相(右)と北朝鮮の金正恩労働党委員長(2018年5月31日撮影)
【5月31日 AFP】(更新、写真追加)ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei
Lavrov)外相は31日、北朝鮮の首都平壌を訪れた。ロシア政府の発表によると、同外相は金正恩(キム・ジョンウン、Kim 

Jong
Un)朝鮮労働党委員長と会見したという。金委員長とロシア政府関係者が会見したのは今回が初めて。

ロシア外務省はツイッター(Twitter)に英語で、「ラブロフ氏は平壌を訪問中に、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩国務委員長の出迎えを受けた」と発表。2人が握手を交わす様子を捉えた写真を公開した。

またラブロフ外相は金委員長の訪ロを招請。ロシア外務省によれば、ラブロフ外相は金委員長に「ロシアに来てください。お会いすることをとても楽しみにしています」と話した。

これに先立ちラブロフ外相は、空港で申紅哲(Sin
Hong-chol)外務次官との出迎えを受けた。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、「ロシア連邦のセルゲイ・ラブロフ外相は31日、朝鮮民主主義人民共和国の李容浩 

(リ・ヨンホ、Ri
Yong-Ho)外相の招待を受け、ここ(平壌)に到着した」と伝えていた。

2歎彁務局長、首相との面会発言「その場の雰囲気で」

2018.05.30 朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL5Z7R9RL5ZPTIL034.html

愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会したと県の文書に記されている問題で、学園の渡辺良人事務局長が31日、松山市の県庁を訪れ、「県と市に誤った情報を与えた」とのコメントを出したことについて謝罪した。記者団の取材にも応じ、面会の発言は「たぶん自分が言ったのだろうと思う」と話した。

中村時広知事が台湾出張のため、西本牧史・企画振興部長が対応した。面談は冒頭だけ報道陣に公開され、渡辺事務局長は「愛媛県に対し多大なご迷惑をおかけした」と謝罪。西本部長は「非常に重大な内容で、事前に県に連絡がなかったのは残念」と述べた。

県は、学園に約93億円を補助する市に、約30億円を支援する。西本部長は「多額の公金を支出する以上、県民や県議会に説明を果たす必要がある。加計学園もしっかりと説明責任を果たされることが信頼確保につながる」と指摘した。

渡辺氏は記者団に、首相と加計氏が面会したという県との打ち合わせ時の発言について「(参加した)あのメンバーならぼくしかいない」と説明。「その場の雰囲気で、ふと思ったことを言った」「十数年来煮詰めてきた獣医学部がなくなるのは、しのびがたい思いがあった」と話した。「うそというか、そういう思いをもって説明したんだと思う」とも述べ、15分ほどで質問を打ち切り、退室した。

学園は26日、面会発言についてコメントを報道各社にファクス送信。「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出した」と釈明した。中村知事は「一般論として、偽りなら謝罪、説明し、責任者が記者会見するのが世の中の常識」と学園の対応を疑問視していた。

愛媛県は、2015年2月25日に加計理事長が首相と面会し、獣医学部の計画について説明した、という学園の報告内容が記された文書を参議院に提出。学園と首相はともに面会を否定している。

ぅ戰襯ーの襲撃事件、ISが犯行声明

2018年5月31日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3176611?act=all

ベルギー東部リエージュで起きた襲撃事件で犠牲となった女性警官2人(撮影日不明。2018年5月30日提供)

【5月31日
AFP】(更新)ベルギーのリエージュ(Liege)で女性警官2人と学生1人が殺害された襲撃事件から一夜明けた30日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が、犯行は同組織の「兵士」によるものだと表明した。IS傘下のプロパガンダ機関アマック(Amaq)が、メッセージアプリ「テレグラム(Telegram)」のアカウントで犯行声明を公開した。

ISは「ベルギーのリエージュ市での攻撃の主は、イスラム国の兵士である」と表明。「彼は米主導の国際的連合の国々を狙えという呼び掛けに応じ、攻撃を行った」とし、シリアでISと戦う米主導の有志連合に言及した。

ベルギーの捜査当局は、襲撃犯の身元をベンジャミン・ヘルマン(Benjamin
Herman)容疑者(31)と特定した。同容疑者は29日、リエージュで女性警官2人を繰り返し刺した後、それぞれから奪った銃で2人を殺害。さらに、市中心部で駐車中の車に乗っていた学生を射殺した。

ベルギー警察によれば、ヘルマン容疑者は暴行や軽犯罪で10年にわたり収監と出所を繰り返していた住所不定の人物。検察当局は、同容疑者が用いた襲撃方法はISの「手口」として知られるものだと指摘している。

AFPが入手した一般市民の撮影による動画には、銃撃中の犯人が「アラーアクバル(Allahu 

Akbar、神は偉大なりの意)」と叫びながら通りを歩く様子が写っている。

ベルギーでは2016年にも首都ブリュッセルで死傷者の出る襲撃事件が発生し、ISが犯行声明を出した。

(3)今日の重要情報

^打楴鸛蝓崗篤くらいで」発言のまやかし!
加計理事長の接待は焼肉だけじゃない、年間1億円の報道、昭恵夫人支援も

2018.05.30 Litera

http://lite-ra.com/2018/05/post-4039.html

安倍首相(首相官邸HP)と加計氏(加計学園HP

「(2015年2月25日に)お会いしたことはない」。一昨日おこなわれた集中審議で、安倍首相は「獣医大学いいね」と言ったという加計孝太郎理事長との面談を、加計学園から出された仰天コメントを使って否定した。

加計学園のコメントはいわば“安倍首相の名前を使って愛媛県と今治市を騙した”という詐欺行為を告白した内容だ。普通に考えれば、「加計は詐欺師だ!」と激昂しても不思議はないのに、しかし安倍首相は「抗議する理由がない」と知らん顔……。これまでも佐川&柳瀬の総理護衛コンビによる茶番劇が国会で繰り広げられてきたが、そのなかでも今回の“加計コメントを受けた安倍首相の一人芝居”は群を抜いて酷いシナリオとしか言いようがない。一体こんな穴だらけの下手な嘘を、どうやって信じろというのだろう。

だが、安倍首相は一昨日、もうひとつ噴飯モノの話をはじめた。それは、加計理事長と繰り返し会食やゴルフに興じてきた“接待疑惑”を指摘されたときのことだ。

安倍首相は、「(加計氏は)私が国会議員になる前からのずっとの付き合い」だと主張すると、「こちら側も相当ごちそうしている」「ゴルフは費用がかかるから、それはこちら側ですべてもっている」「焼肉屋の場合はこちらが払ってる場合もありますし」と、いつもの通り証拠も何もないままざっくりした記憶を並べ立て、「贈収賄になるとはとても考えられない」と強弁。何をトチ狂ったのか、ついには「(会食の)その後も、家でもう1回食べるってことも(ある)」などと言い出した。

接待を受けたあとに家でシメのお茶漬けをかき込めば贈収賄にならないって、それはどんな理屈なのだろうか。もうさっぱり意味がわからないが、さらに安倍首相は、“利害関係者である加計理事長が、安倍首相や首相秘書官と会食したり食事代を支払うのは問題ではないのか”と追及した立憲民主党の長妻衆院昭議員に対して、「食事の見返りに特区に入れたかのごとくの言い方だ」「みんなそういう印象をもっているんですよ!」などと逆ギレ。そして、こうまくし立てたのだ。

「私が食事をごちそうしてもらいたいから国家戦略特区で特別にやるって、たとえば焼肉をごちそうしてもらいたいからそんなことするって、これ、考えられないですよ!」

新潮、文春が報じた加計理事長の「カネがかかる」「年間一億出してる」発言

いやいや、「焼肉をゴチになったから、そのお返しに」というかたちで特区が決まったなんて誰も言っていないし、思うわけがない。むしろ、「加計さんは長年の友人だ」と強調し、あたかも学生同士のカジュアルな付き合いのなかでおごってもらったかのように「印象操作」しているのは、安倍首相のほうではないか。

そして、安倍首相と加計理事長の仲は、そんな「焼肉をおごる・おごられる」というような庶民的なものではけっしてない。「腹心の友」という言葉がもつ清いイメージとは裏腹な、「ズブズブの関係」と表現すべき間柄だ。

そもそも、安倍首相より3歳年上の加計理事長が出会ったのは、留学先である南カリフォルニア大学のキャンパスだったことは周知の通りだが、当時はそれほど仲が良かったわけではないという。

 加計問題を追いかけるジャーナリスト・森功氏の『悪だくみ
「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(文藝春秋)によれば、ふたりが接近したのは帰国後、安倍が神戸製鋼に就職して以降。昭恵夫人がFacebookに投稿した、2015年のクリスマスイブに撮られた“男たちの悪だくみ”写真にも写っている三井住友銀行・元副頭取で現在、金融庁参与である高橋精一郎氏と週末に大阪で遊ぶようになった際、そこに加計氏も加わるようになってからだという。当時、すでに学園の副理事長という立場にあった加計氏は、羽振りも良かったらしい。

〈いきおい彼らの遊びは、もっぱら時間と資金力のある加計任せだ。加計が安倍に声をかけ、それに応じるかっこうで、盟友関係がのちのちまで続く〉(『悪だくみ』より引用)
実際、その後のふたりの関係を赤裸々に物語るかのような報道がなされたこともある。「週刊新潮」(新潮社)や「週刊文春」(文藝春秋)では、加計理事長が口にしていたという、こんな発言が紹介されている。

「彼とゴルフに行くのは楽しいけど、おカネがかかるんだよな。年間いくら使って面倒を見ていると思う?」(「週刊新潮」2017年3月16日号)
「(安倍氏に)年間一億くらい出しているんだよ。あっち遊びに行こう、飯を食べに行こうってさ」(「週刊文春」2017年4月27日号)

さらに、「安倍に近い関係者」もまた、かつて安倍がこのように話していたと証言しているのだ。

「加計さんは俺のビッグスポンサーなんだよ。学校経営者では一番の資産家だ」

これらの発言が事実ならば、安倍首相が強調する“長年の友人関係なのだからおごられることもある”という関係とはまったく違い、加計理事長は意識的に「年間一億」もかけて安倍首相の「面倒を見て」おり、一方の安倍首相も加計理事長のことを「スポンサー」として認識していることになるだろう。「焼肉をおごられた」なんて次元の話ではまったくないのだ。

安倍首相のため選挙活動に協力、昭恵夫人が取り組む活動をバックアップ

だいたい、安倍首相と加計理事長は、わかっているだけで年に数十回、会食したりゴルフをする「お友だち」以上の関係であることは間違いない。現にこれまでにも、2009年の総選挙では安倍のために加計学園が職員に“出張命令”を出して選挙活動に動員していたことが発覚。また、加計理事長は「自由民主党岡山県自治振興支部」の代表者として政治資金収支報告書に名を連ね、同支部の所在地も加計学園グループの予備校である英数学館岡山校の住所が記載されていた。

しかも、その関係は安倍本人だけにとどまらない。安倍が結婚してからは、加計理事長は昭恵夫人とも仲を深め、昭恵夫人が取り組むミャンマーの教育支援を加計学園が協力している。つまり、安倍の政治活動や妻である昭恵氏の活動まで、加計理事長はバックアップしてきたのだ。

会食やゴルフというのは、それこそ首相動静にも出ている「オフィシャル」の情報にすぎない。実際には、このように加計理事長は安倍夫妻にとって公私ともに多大な「面倒」を見てくれている相手なのだ。その「見返り」として国家戦略特区での獣医学部新設を動かしたのではないか。そういう疑いの目を、いま安倍首相は向けられているのだ。

そもそも、会食やゴルフにしても、けっして見逃がせない問題だ。大臣規範には〈関係業者との接触に当たっては、供応接待を受けること、職務に関連して贈物や便宜供与を受けること等であって国民の疑惑を招くような行為をしてはならない〉とある。だからこそ安倍首相は、加計学園の獣医学部新設計画をはじめて知った時期を、当初は「構造改革特区で申請されたことは承知をしていた」「私は議長だから国家戦略特区に申請をすれば私の知り得るところになる」と答弁していたのに、「2017年1月20日の特区諮問会議」だと前言撤回したのだ。

野党はずっと加計理事長の証人喚問を要求しており、一昨日の集中審議で要求が出されたが、与党はこれを拒否した。いくら安倍首相が潔白を叫んでも、これでは「やましい関係」であることを証明づけているようなものである。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************























CML メーリングリストの案内