[CML 052678] 韓国の民主化闘争 市民社会の力に学ぶ これからの文在寅政権とキャンドル革命

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2018年 5月 22日 (火) 09:02:51 JST


反戦共同の寺田です。
  
 いま、全世界が朝鮮半島に注目している。
再度、明日―23日の連続講座を案内します。

 トランプ米大統領に対するパレスチナ民衆の怒りの闘いに思いを馳せる中、
 一方で東アジアの平和への道が今、大きな焦点になっています。
 「これからの文在寅政権とキャンドル革命」をテーマに
 講演会を開きます。
 ぜひ、ご参加ください。

主催:反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 

 「時代を読み解く」連続講座パート



日時 2018年5月23日 (水) 午後6時30分〜

会場 キャンパスプラザ京都・第4会議室

    (JR京都駅西・ビッグカメラ前)

参加費 700円



これからの文在寅政権とキャンドル革命

韓国の民主化闘争―市民社会の力に学ぶ

https://www.facebook.com/events/445423559238452/

講師 文 京洙 (ムン・ギョンス) さん

立命館大学国際関係学部特任教授

  専攻、政治学、韓国現代史。著書の『新・韓国現代史』は

  植民地支配からの解放、朝鮮戦争、独裁、経済成長、民主

  化と歩んだ戦後を中心に韓国史をまとめたもの。



2016年の10月から翌年の3月にかけて、

韓国では毎週末大規模なキャンドル集会が行われ、

多くの市民が朴槿恵大統領の退陣を求めた。

有権者を無視し、国家を私物化した権力者に対する怒りは

キャンドル革命―市民革命と命名された。

そして誕生した文在寅大統領。

その文政権は、平昌冬季オリンピックを機に

南北の対話と平和に向けた歩みを始めた。

 国家を私物化した権力者は日本にもいる。

 「安倍やめろ」の声は日増しに高まっているが、

 退陣までに至らない。

 いま、韓国の市民社会の力を学び、

 東アジアの平和のためにともに考えたいと思います。



 問い合わせ 090−5166−1251 寺田まで



CML メーリングリストの案内