[CML 052575] 第2578目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2018年 5月 11日 (金) 06:51:22 JST


青柳行信です。2018年5月11日(金)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店ひろば第2578目報告☆
     呼びかけ人賛同者5月10日迄合計4439名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】5月10日1名。
   鈴木創太 
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆永田町で「メモは後からつくられる」「私の記憶」だけが王道
         (左門 2018・5・11-2082)
 ※猪瀬直樹元東京都知事が副知事だった時のエピソードが紹
 介されている(朝日、本日)。柳瀬元首相秘書官は、前の証言
 で「木で鼻を括った」ような答弁を非難され、今度は「誠実に」答
 弁すると言い乍ら、その疑いは更に広まり深まった。英語の辞
 書で「私の記憶が正しければ」
 =If I remember correctly
 =my memory serves me.とあるのを直訳すると正解?
  

★ 福岡の福島久子 さんから:
  ☆「偏った野党」は政権取れるやろ
  ※国民民主党の大塚共同代表は、立憲民主党を「偏った野党は政権が取れな 
 い」と言ったが、意味がよく分からない。
 とにかく、野党は一丸とならねば、小選挙区制の下での選挙には勝ちにくいから、
 野党同士の批判はやめていただきたい。


★ 乱 鬼龍 さんから:
  ☆脱原発川柳【ふるさとに帰る帰らない帰れない】 


★ 神奈川 菅原 さんから:
   ☆「原発は  核持つための   隠れみの」(へらずぐち亭誤字脱字さん)


★ 川瀨 正博(脱原発!電力労働者九州連絡会議・全九電同友会)さんから:
  長崎県内4市長、改めて避難・安全対策を要望しました!

 再稼働を強行している九州電力玄海原子力発電所から30キロ圏内に入る長
崎県内の松浦市など4つの市長らが8日、長崎県庁を訪れ、避難や安全面での
対策の充実を国や九州電力に働きかけるよう、改めて求める要望書を提出した
ことを、テレビ・新聞各社がローカル版で報道しました。
朝日新聞長崎板2018、05、09 https://tinyurl.com/y9oe8fja

 この中で、国に対しては、道路や大型の船が接岸できる岸壁の整備、離島の住
民や福祉施設の入所者などの屋内避難のための施設の整備など、事故が発生し
たときの避難対策を。九州電力に対しては、継続して安全対策に取り組むとと
もに、住民に責任をもって説明を行うことを、求めています。

4市が合同で避難対策の充実を求める要望は去年4月に続き2度目で、松浦市
、平戸市の市長らは国に要望した対策がこれまでに全く実現されていないこと
を厳しく批判しました。

松浦市の友田吉泰市長は「福島事故で多くの人が故郷に帰れない状況を見て、
同じことが起こりうるかも知れない不安の中で住民は生活している」「私たち
が求めたことに対しての回答が具体的にないまま、再稼働のみが進んでいるこ
とについては看過できない」と訴えました。平戸市の黒田成彦市長も「焦り・
苛立ち・不安だ。そのうちやるからいいじゃないと思っていたら大間違いで、
それこそが安全神話。それに決別し危機感を共有するためにも、県が先頭にな
って要望してもらいたい」と怒りを露わにしています。そして、玄海原発再稼
働前後に冷却配管トラブル等の事故が相次いでいる状況に「ますます住民の不
安は増幅するばかりだ」と懸念を示しています。


対応した長崎県の上田副知事は「進展が見られず、悔しい思いもある。課題解
消は安全安心上不可欠。財源面のハードルはあるが、要望を具体化し国や九電
にしっかりと働きかけていきたい」と応じました。

NHK長崎放送局
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20180508/5030000589.html
NBC長崎放送
https://www.nbc-nagasaki.co.jp/nbcnews/detail/925/
KTNテレビ長崎
http://www.ktn.co.jp/news/20180508185037/
NCC長崎文化放送
http://www.ncctv.co.jp/news/53858.html

■衆知のとおり、玄海原発は昨年3~4月に立地自治体の玄海町長と佐賀県知
事が同意し、周辺30km圏内の長崎県内3市と佐賀県1市が不同意の中で、
万一の避難対策もおろそかなまま3号機が今年3月に再稼働を強行しました。
出力調整中の3月30日に二次冷却配管の蒸気漏れ事故を起こし、営業運転が
当初の予定より約1ヵ月遅れているほか、核燃料を装荷した4号機も今月3日
、放射性物質を含む一次冷却水循環ポンプ内部の不具合事故で25日前後予定
の再稼働は6月以降にずれこむなどトラブル続きです。
川内1号機の放射性ヨウ素濃度が上昇した問題でも、4月5日に核燃料棒から
の放射性物質漏れが判明しています。
これらの問題は安全点検・検査等が杜撰に過ぎた何よりの証拠であり、一事が
万事と言われても反論の余地はありません。複雑に入り混み、総延長170
とも言われる配管の総点検など到底不可能と考えられ、「運転してみなければ
解らない程度の安全管理姿勢」で巨大な危険構造物を再稼働することは、絶対
に許されません。


★ 田中一郎 さんから:
(報告)東京電力元トップ経営者3人に対する福島原発事故刑事訴訟の現段階:
島崎邦彦東京大学名誉教授 法廷証言、添田孝史著『東電原発裁判』他+ 直近原
発関連情報など いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-d1dd.html 


★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/y6uop8pd
たんぽぽ舎です。【TMM:No3359】
2018年5月10日(木)地震と原発事故情報-
  6つの情報をお知らせします

1.『維持に5億円』という数字を突き付けて
    黙らせようとするのはやめて
    福島県内のモニタリングポスト(MP)の大量撤去しないで
    福島から避難中の母親A
2.「憲法の3原則」をこわす・殺す「原発」はNO!
   基本的人権、主権在民、平和主義の3つを破壊する原発やめよ
    柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)
3.倫理的観点から原発推進の経営方針に矛盾はないか
   「最後の一人まで賠償貫徹」「迅速かつきめ細やかな賠償の徹底」
   「和解仲介案の尊重」という三つの誓いに反する東電の拒否
   原子炉底抜けしやすい沸騰水型原発は動かしてはならない
     5/9東京電力本店合同抗議行動で質問書を提出
   「原子力民間規制委員会・東京」
4.東海第二原発 来月上旬に審査打ち切りの判断も…ほか
     メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)
    黒木和也 (宮崎県在住)
5.花角氏、県知事選出馬へ-事実上の与野党対決
     池田千賀子氏側も野党系の支持を受け「県民党」を前面に出す…
     メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)
    金子 通 (たんぽぽ舎会員)
6.新聞より1つ
  ◆「対策とれば原発事故起きず」 東電旧経営陣公判
   島崎邦彦元原子力規制委員が証言
   津波警告、公表を延期
    (5月10日、日本経済新聞朝刊38面より抜粋)


★ 中西正之 さんから:
<第21回総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会1>

平成29年8月9日に第21回総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会が開催され
ています。
この会議の議事録が公開されています。
http://bit.ly/2K7Ewg8

福島第一原発の過酷事故の後、民主党政権下で過酷事故の反省から、2030年に向
けて原発の運転をなくしていくエネルギー基本計画が策定されていました。
 しかし、民主党政権から、安倍政権に変わると、原発の運転比率と、石炭火力
発電の比率を拡大していく日本のエネルギー計画が、2014年に策定されてしまい
ました。

 そした、平成28年(2016年)2月22日に第20回総合資源エネルギー調査会 基本政
策分科会を開催して以後、この分科会は休止されていました。

 しかし、前回の日本のエネルギー計画の策定から3年間経ったので、法的に
2030年に向けての日本のエネルギー計画の検討が必要となったので、平成29年8
月9日に第21回総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会が開催されたそうです。

 2030年に向けての日本のエネルギー計画が、2014年に策定されてから4年間し
か経たないので、前回の2030年に向けての日本のエネルギー計画の基本的な骨格
は、そう急激に変わる物では無いと考えられているようです。

 ただ、この期間の2015年12月12日にパリ協定が締結され、世界的に2050年での
地球温暖化ガスの削減目標80%が提起されたが、日本もパリ協定に参加したので、
日本の2050年に向けてのエネルギー計画の検討が必要に成った。

 ただ、この検討に付いては、「目標を達成していくためには、これは今までの
延長ではなかなかいけないわけであります。この点に関しては、エネルギー情勢
懇談会というのを設置をいたしまして、議論を行う予定になっておりますが、そ
こでの議論も当然、2030年までの計画といろいろリンクをしてくるところもある
というふうに思っておりますので、その懇談会の議論の進捗に応じて、適宜この
分科会に懇談会の状況も報告をさせていただいて、この分科会と懇談会の連携も
図ってまいりたいというふうに考えております。」と説明されています。

 そして、その後「エネルギー情勢懇談会」が9回開催されており、前回の日本
のエネルギー計画よりも、パリ協定が取り決めた脱炭素化の問題もかなり取り上
げられました。

 しかし、総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会では、4年間しか経たな
い新しい2030年に向けての日本のエネルギー計画は、大きな変更は無いとの合意
から、第20回検討会から中断していた2030年に向けての日本のエネルギー計画の
検討が再開されたようです。

 基本的には、安倍政権の原発の運転比率と、石炭火力発電の比率を拡大してい
く日本のエネルギー計画はあまり変更しないという基本路線で検討が始まったよ
うです。


★ 原子力市民委員会事務局の村上 さんから: 

5月20日(日)に、宮城・仙台にて、原子力市民委員会の協力イベントとして、
『市民政治フォーラム 峺業ゼロ社会」への道標』が開催されます。

お近くの方はぜひご参加いただけますと幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       【5/20(日)】(仙台)

 市民政治フォーラム 峺業ゼロ社会」への道標

   http://www.ccnejapan.com/?p=8694
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「新しい市民政治をつくる宮城県民の会」は県政の転換が主要課題です。
それには多くの市民が自由に未来を語り、その実現に向け、政党や市民など
が確かな協同をつくることが大切です。政治を権力者や政治家任せにせず、
主権者がしっかりその役割を果たす政治文化が、ここ宮城県でも成長中です。

「新しい市民政治をつくる宮城県民の会」は、重要な地域課題を、正しく
創造的に解決できる政策と運動を議論する「市民政治フォーラム」を継続して
開催していきます。その第一回は、宮城県を「原発ゼロ地域」にする政策と
運動の検討です。ぜひご参加ください。

――――――――――――――――――――――――――

■日 時:2018年5月20日(日)13:00~16:30
■場 所:仙台弁護士会館 4Fホール(http://senben.org/location )

■プログラム:

 第一部  13:00~
  「新しい市民政治をつくる宮城県民の会」発足集会

 第二部  13:45~
  市民政治フォーラム「原発ゼロ社会への道標」

原発ゼロ社会の構築に向けての政策提言と「公論形成」を図る市民シンクタン
ク・
原子力市民委員会は『原発ゼロ社会への道2017-脱原子力政策実現のために』を
発表しました。脱原発が国会論戦の中心課題に浮上する中、状況をひらく理論、
政策的な枠組みが提供されました。その核心部分の報告を受けて、意見交換を
行います。(同書は当日・会場で特別価格1,000円にて販売します)

  Part.1 原発ゼロ社会をつくる政策と運動 (原子力市民委員会の提案)
   報告(1)『原発ゼロ社会をつくる政策と運動』
                  /満田夏花氏 (FoE Japan 理事)
   報告(2)『事故由来放射能物質の問題状況と取り組み課題』
                  /茅野恒秀氏 (信州大学准教授)
      - 意見交換 -
      
  Part.2 女川原発再稼働を問う県民投票の実現を
   報告(3) 多々良 哲氏 (みんなで決める会)

      - 意見交換 -

■参加無料・カンパをお願い致します

■主 催:新しい市民政治をつくる宮城県民の会
     〒980-0803 仙台市青葉区国分町1-8-10大和ビル2F
     Mail: miyagikenminnokai at gmail.com

■協 賛:原子力市民委員会
     放射能汚染廃棄物「一斉焼却」に反対する県民連絡会


-------------------------------------------
原子力市民委員会 事務局
〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル3階
(高木仁三郎市民科学基金内)
TEL/FAX: 03-3358-7064
URL   : http://www.ccnejapan.com/
e-mail : email at ccnejapan.com 
Twitter:  https://twitter.com/ccnejp
Facebook: https://www.facebook.com/ccnejapan
-------------------------------------------
 

★ cfrtyo さんから: 

  【荒井信一先生追悼シンポジウム】
いま『コロニアリズムと文化財』(岩波新書・2012年刊)を考える
  —文化財をめぐる日韓・日朝の葛藤の現状と今後を語る—

 荒井信一先生が昨年10月に逝去されてから半年が経過しました。
 晩年の先生のお仕事の中で、貴重で内外から高く評価されているのが、2012年
に発行された岩波新書『コロニアリズムと文化財』でした。日韓併合100年の
2010年に朝鮮半島由来の文化財の問題が注目され、2011年には「日韓図書協定」
批准のための衆議院外務委員会に招かれて、参考人として意見を述べるなど議論
を深めて、まとめられた著作でした。
 植民地期に流出した文化財の問題を、世界史的な視野で議論した画期的な著作
で、韓国語にも翻訳され出版されました。同書刊行から6年近くがたち、その後
に起きた出来事や葛藤もふまえて、改めて同書を読み、いま何を学び、今後に生
かしていくべきかを語るシンポジウムを開催します。
 お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。

パネリスト: 李泰鎮(ソウル大学名誉教授)
       李成市(早稲田大学教授)
       康成銀(前朝鮮大学校副学長)
       李素玲(前高麗博物館理事)
       戸塚悦朗(元龍谷大学教授)
       森本和男(歴史家)

■日時:2018年6月3日(日)14:00〜17:30、13:30開場
■会場:大阪経済法科大学・東京麻布台セミナーハウス 2F 大会議室
 地下鉄日比谷線「神谷町」駅(2番出口から地上に出て右、道なりに道路右側
をまっすぐ歩いて最初の信号を渡り、登り坂の途中左側。徒歩約8分、港区麻布
台1-11-5 ☎03-5545-7789 地図: http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-
pacific/access.html)
 
■参加費:500円(学生=無料)*予約不要
■呼びかけ・主催:韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議、東アジア歴史・文化財
研究会 
     連絡先:kcultural_property at yahoo.co.jp


---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●5月11日(金)14:00~佐賀地裁 第25回口頭弁論●

原発なくそう!九州玄海訴訟』意見陳述者 
5月12日 山内悟さん講演会 
案内チラシ https://tinyurl.com/yd8pgrrf 

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第24回●
「憲法について語りあおう」
日  時:5月14日(月)18:30~  
発題者:石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者) 
テーマ: 「今日の政治状況」
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

案内チラシ https://tinyurl.com/ya3sw5z3

●5月19日(土) アベ政治を終わらせよう!天神総行動●
     福岡市中央区天神 パルコ前
 ★「モリ・カケ・日報」徹底解明!
  ★ 9条変えるな!
  ★ 原発ゼロ・再生エネ社会を!

主催 福岡県総がかり実行委員会
共催 九条の会福岡連絡会、市民連合ふくおか
案内チラシ https://tinyurl.com/yaloqyb6

●市民連合ふくおか 例会ミーティング● 
日時: 5月21日(月)18:30~
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●第8回口頭弁論: 5月30日(水) 13:30●
 (川内原発行政訴訟) 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
13:00 裁判所前で事前集会
13:30 口頭弁論期日
14:00 報告集会
           場 所: 福岡中部教会
(福岡市中央区大名2-4-36 地下鉄・赤坂そ亳から徒歩 3分)
地図 https://tinyurl.com/yar3wd28

●福岡県総がかり実行委員会 会議●
日時:5月30日(水)18時30分~ 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)交流室
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●「2018年 非核と平和のつどい in福岡」●
日 時: 2018年6月2日(土)
・講 演: 川崎 哲(かわさき あきら)さん
       (核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)
・新作映画「いのちの岐路に立つ~核を抱きしめたニッポン国」 
案内チラシ: https://tinyurl.com/yamw6nlh

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第25回●
「憲法について語りあおう」
日  時:6月25日(月)18:30~  
発題者:石村善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
テーマ: 「知る権利」
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆           
   
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内