[CML 052512] 第2572目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2018年 5月 5日 (土) 08:08:57 JST


青柳行信です。2018年5月 5日(日)。【転送・転載大歓迎】

●5月19日(土) アベ政治を終わらせよう!天神総行動●
     福岡市中央区天神 パルコ前
 ★「モリ・カケ・日報」徹底解明!
  ★ 9条変えるな!
  ★ 原発ゼロ・再生エネ社会を!

主催 福岡県総がかり実行委員会
共催 九条の会福岡連絡会、市民連合ふくおか
案内チラシ https://tinyurl.com/yaloqyb6


☆原発とめよう!九電本店ひろば第2572目報告☆
     呼びかけ人賛同者5月4日迄合計4438名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。
    
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>


★ 横田つとむ さんから:

  青zKさん

昨日の夜の三瓶山はすごい雨と風でした。
寒気団が来たとかで、気温が7℃まで下がりました。
やはりやまですねえ。
今日は キツツキが開けた穴を塞ぐ作業をしました。
高いところに開けているので、脚立に乗っての作業です。
とりあえず5個だけ塞ぎました。 
あんくるトム工房
キツツキの穴 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4755


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ◆今日もまた、世界的名作『ファウスト』にあやかって:
 ☆ワルプルキスの煩悩界に汚染して ノーベル文学賞年延べとなる
         (左門 2018・5・5−2076)
 ※作品の中に「煩悩界」が活写されるのは文学の必須条件でもある
 が、選考委員自らが煩悩塗れになっては味噌もくそも一緒くたで噴
 飯ものである。この猶予期間が村上春樹さんのチャンスになるとか
 ならないとか、それもまた煩悩の仕業ならば「賞」などなくて「世界本
 屋大賞」にした方がすっきりする。『ファウスト』のような名作出でよ。
    

★ 福岡の福島久子 さんから:
  ☆事故続く原発とめて暮らしたい
 ※玄海原発4号機に、一次冷却水の循環ポンプの水の流量が
 通常の2倍に増えるトラブルが発生した。
 事故が起きると必ず「放射性物質漏れはない」と言うが、
 日常的に、放射性物質を含む蒸気を夜間に
 シューッと抜いているらしい。
 玄海3号機も川内原発も不具合があった。
 もういい加減に原発を動かすのはやめてもらいたい。


★ 神奈川 菅原 さんから:
  ☆「山にのぼるのは 悲しいから
   おいで一緒に わたしたちと」
   ↑国会近くで出会った人に教えてもらった歌

「記録変え  嘘の歴史を  捏造し」(へらずぐち亭誤字脱字さん)


★ ハンナ&マイケル さんから:
    <憲法記念日に想う>

 九条の会福岡県連絡会主催の「憲法記念日のつどい」に参加しました。

ピースベルつやざきの児童や青年たちによる「ぞう列車がやってきた」は、何回
聞いても心温まりますね。

最後は福大の勝山吉章さんによる「高等教育無償化と大学」。学問の自由が死に
瀕していることは、ここ何年か講演を聞いて、薄々感じていたことですが、ここ
まで大学評価と運営交付金の配分を表にして見せつけられると、背筋が凍る思い
です。

この時期恒例の弁護士さんたちによる憲法劇団「ひまわり一座」の芝居も、フラ
ンスのベストセラー「茶色の朝」を元にした劇で、素晴らしかったそうです。

 「茶色の朝」は、最初は茶色い犬と猫しか飼うことを許されない社会という設
定の中で、人々が何も考えずに政府の言うがままに行動してきたところ、徐々に
自由がせばめられてゆき、ある日、無実の人々が逮捕される恐怖社会の出現、と
いうストーリーです。

それで久しぶりに「かさをささないシランさん」を再読しました。1991年に谷川
俊太郎の文でアムネスティ・インターナショナルが出版した絵本です。これが
「茶色の朝」に続く物語のように思えたからです。逮捕されてしまった男の、そ
の後が描かれているのです。

雨が降っても、傘をささず、濡れながら歩くのが大好きな青年の物語。シランさ
んは、政治のことなど日ごろ考えたこともなく、普通に友人たちとテニスに興じ
たり、ごく当たり前に幸せに生きている若者にすぎなかった。ある夜彼は、突如
逮捕される。理由は皆が傘をさしているのに、一人だけさしていなかったから。
他に一切の理由はない。シランさんは獄中につながれ、外の世界と遮断され、だ
んだんとボロボロにくずれていく。

「茶色の朝」では、ほら、こんな具合に、少しでもおかしいなと思ったら、声を
上げ、それに対する抵抗運動をしていなかったら、いつの間にかこんな政府にな
ってしまうんですよ、だからこまめに市民運動やりましょう、みたいなお説教臭
さが最初から裏にあります。

読者は、大丈夫かな、政府のこんな態度を許しておいて、ホントにいいのかなと、
常に警戒しながら本を読み進め、最後に、ホ〜ラ、言わんこっちゃない、やっぱ
り最初からちゃんと反対の声上げるべきだったんだ、と思うしくみ。つまりは、
これは心理学者フランク・パヴロフによる、市民運動側に立った、よくできた道
徳教科書ということになります。

詩人谷川俊太郎のすごさは、そのようなお説教を垂れない点。シランさんの生き
る社会には独裁者がいるのですとか、徐々に締め付けがきびしくなってきた恐怖
政治が敷かれているのですとか、あらかじめ、そうした政治的な説明など何もな
い。

ここは最初から何の説明もない不条理の世界なのです。でも人間というものは、
常に不条理な世界に生きているともいえるでしょう。恐怖政治を待つまでもない。
ある日突然、心臓麻痺で倒れる、車に轢かれる、土砂崩れの下敷きになる、路上
で刺殺される。

今、政治状況を憂え、集会に参加して学び、街頭に立って反対の声をあげている
のは、ごくごく一部の人たちで、「ほら、ぼやぼやしていると、『茶色の朝』が
来ますよ、もう目の前ですよ」、と危機感をあおります。けれど道行く人はほと
んどがシランさんなのです。「ほら、道でいきなり暴漢に襲われることだってあ
るんですよ、それに備えて今何かしなさい」と言われたのと同じくらい、彼らの
心には私たちの言葉は響いていない。

「かさをささないシランさん」はアムネスティの活動を知ってもらうために書か
れた本なので、シランさんはやがて牢屋でアムネスティ会員からの葉書を受け取
ることになります。暗い獄中に射し込んでくる一条の明かり。アムネスティのシ
ンボルマークは、鉄条網が巻きつけられた火の灯るロウソク。会員となって35年、
小さな火を細々と灯し続けてきて、もう、うんざりして、心が折れそうになるこ
ともあるけど、この火だけは絶やすまいと、あらためて思った憲法記念日でした。

※※※
5月3日東京での集会、こんな場面があったようです。
https://tinyurl.com/y9jod3la


★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1807日後
テント日誌 4月28日(土)〜5月3日(祝)
人権についての常識からほど遠い人々の所業 等 
紹介内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/ybnxc2qp

 
★ 宮崎の黒木和也 さんから:

*<玄海原発>4号機、冷却水ポンプのトラブル 再稼働延期か
毎日新聞 5/3(木) 23:01配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180503-00000078-mai-soci

*<玄海原発>4号機異常 九電、点検判断前に連絡
佐賀新聞 5/4(金) 9:54配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-03212890-saga-l41 

*<玄海原発>4号機、冷却ポンプに異常 再稼働遅れる見通し
佐賀新聞 5/4(金) 9:33配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-03212886-saga-l41

*<日立会長>英原発で支援強化要請 メイ首相と会談
毎日新聞 5/4(金) 20:54配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000059-mai-bus_all

*<問う論じる 改憲の行方>(上)被災者支援 多様性欠く
河北新報 5/4(金) 12:20配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000014-khks-soci 

*ノーベル文学賞の発表が見送られた セクハラ構図はいずこも同じ 
腐敗を生む秘密主義と特権階級
木村正人 在英国際ジャーナリスト 5/4(金) 18:40 
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180504-00084827/ 
 
*<世界の中の日本国憲法>9条編(上) 「不戦」支える「戦力不保持」
東京新聞 2018年5月4日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201805/CK2018050402000147.html


★ 田中一郎 さんから:
 京都大学当局のタテカン(立て看板)撤去通告・話し合い拒否は大学における
学問・言論・活動の自由を侵害する大学自治否定の典型だ 
 いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-ddee.html


★ 中西正之 さんから: 
<第8回エネルギー情勢懇談会に付いて>

第8回エネルギー情勢懇談会はまだ議事録の掲載は有りませんが、動画の掲載は
有ります。
第8回エネルギー情勢懇談会の資料を示します。
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/ene_situation/008/

エネルギー情勢懇談会は、第1回エネルギー情勢懇談会で問題の提起をし、第2
回から第7回のエネルギー情勢懇談会で、主に海外の有識者を招いて、各国のエ
ネルギー基本計画の実情と問題を説明してもらい、それらについて検討を重ねて
きました。

 第8回エネルギー情勢懇談会は、第1回から第7回のエネルギー情勢懇談会で
検討されてきた結果を、資源エネルギー庁の担当官がまとめて、報告を行い、そ
れらについて委員が意見を述べています。

 議事録は有りませんが、動画を見ると検討内容がかなり良く分かります。
資源エネルギー庁の基本的な論点は「50年エネルギーシナリオ 論点」に説明さ
れています。

 その詳細は「50年エネルギーシナリオ論点参考資料」に示されています。
これらの資料には、安倍首相に忖度したと思われる、原発擁護の記述もかなり有
ります。

 再生可能エネルギーの中でも、太陽光と風力発電は不安定エネルギーで、それ
らの不安定さを蓄電池でカバーしようとすると、大変高価な電力に成るとか、ド
イツでは原発の運転を早い時期に廃止することに成ったが、実際には石炭火力発
電を減らすことができていなく、CO2の削減もできていなく、電気の販売価格
も他の国に比べて大変高くなっている等、パリ協定の決定には如何に無理がある
かの意図的な説明がたくさんあります。

 しかし、そのような基本論調が、3年前に安倍政権が日本のエネルギー基本計
画を策定した時には、当たり前に受け止められたが、この3年間に世界のエネル
ギー基本計画の変化があまりにも大きく、金融界のエネルギー投資先は再エネに
変わってきて、今の時点では到底、3年前のエネルギー基本計画をそのまま継続
することができないとの共通の認識もできているようです。

 海外の有識者も、エネルギー環境団体の代表の方は別ですが、他の有識者の報
告は、バリ協定の決定に影響を受けて、既にエネルギー計画の路線変更をしたと
ころが多く、それらの報告を無視できなくなっているようです。

 エネルギー情勢懇談会委員は、立場は同じではありませんが、やはり海外の大
きな変化は無視できないと考えて、意見を述べたようです。

 海外から招いた有識者は、ジェレミー・リフキンやエイモリー・B・ロビンス
のように世界の脱炭素化の流れを切り開いたような、世界的に著名なシンクタン
クの代表者はおられません。しかし、海外の大きな流れを報告してくれています。

 日本の将来にとって、極めて重要な会議と思われます。


★ 前田 朗 さんから:
※ 終わらない「慰安婦」問題

――今田真人『極秘公文書と慰安婦強制連行』出版記念シンポジウム
日時:6月22日(金)開場18:00、開会18:30〜20:40閉会
会場:IKE Biz 多目的ホール(としま産業振興会館、旧豊島勤労福祉会館)
参加費(資料代含む):500円
*
「吉田証言は生きている」今田真人(ジャーナリスト)
「慰安婦問題と女性史研究の現在」鈴木裕子(女性史研究者)
「慰安婦サバイバーの闘いの意味」梁 澄子(日本軍「慰安婦」問題解決全国行
動共同代表)
「性奴隷制とは何か」前田 朗(東京造形大学教授)
*
主催:今田真人さん出版記念シンポジウム実行委員会
連絡先:八王子市宇津貫町1556 東京造形大学・前田研究室
042-637-8872、070-2307-1071(前田)E-mail:maeda at zokei.ac.jp


※ 新刊案内です。
高橋哲哉・前田朗『思想はいまなにを語るべきか――福島・沖縄・憲法』(三一書房、2018年)
https://31shobo.com/2018/02/18006/

福島・沖縄・憲法……「棄民政策」をむき出しにした政治。
2018年・明治維新150周年、2019年・天皇代替わり、2020年・東京オリンピック……
これらを奇貨とし、突き進められる「改憲」。
私たちは、これに対抗するために、如何に思考し、行動すべきか? 
 高橋哲哉氏に聞く。
<目次>
第一章 フクシマ――3・11以後をあらためて考える
 コラム1 原発民衆法廷
資料   原発民衆法廷判決
コラム2 避難の権利
第二章 日本問題としての沖縄米軍基地
 コラム3 「土人」――植民地主義とヘイト・スピーチ
第三章 日本国憲法の行方――歴史認識から未来志向まで

*本書は、2016年11月〜17年1月にかけて、
新横浜のスペース・オルタにおいて開催された3回のインタヴュー講座第2弾の記録です。
前田朗が高橋哲哉さんにインタヴューしました。
なお、同じシリーズのインタヴュー講座第1弾の記録は、
鵜飼哲・岡野八代・田中利幸・前田朗『思想の廃墟から――
歴史への責任、権力への対峙のために』(彩流社、2018年)として出版されています。


※ NO!女性への暴力
女性に対する暴力と差別のない社会をつくるための実践国際人権法講座(全2回)
開催趣旨
女性への暴力・差別が絶えない日本社会。暴力/差別を許容する日本社会のジェンダー観
・女性蔑視思想を女性差別撤廃条約から斬る!女性蔑視思想を清算し、女性への暴力・差
別のない社会をつくるために何ができるのかを学びます。

<第1回>
女性差別撤廃条約を読む
講師 前田朗(東京造形大学教授)
日時:5月13日 13:30〜(開場:13:15)
場所:吉祥寺南町コミュニティセンター(武蔵野市吉祥寺南町3-13-1)
資料代:500円

<第2回>は7月1日、テーマは「国際社会から見た日本軍性奴隷制問題」の予定。
主催:沖縄と東アジアの平和をつくる会
Mail:okinawainochitakara at yahoo.co.jp

◆沖縄と東アジアの平和をつくる会
日本の沖縄や東アジアに対する植民地主義や排外主義を清算・克服し(未完の加害責任、
植民地支配責任、戦争責任を果たす)、軍事力にもとづかない沖縄と東アジアの平和の実
現をめざす若者グループ


−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●さよなら原発! 福岡 例会●
日時:5月7日(月)18時30分〜 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)交流室
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●福岡県総がかり実行委員会● 
日時:5月8日(火)18時〜 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)研修室
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
5月11日(金) 第25回口頭弁論
原発なくそう!九州玄海訴訟』意見陳述者 
5月10日(木)矢ケ崎克馬さん講演会「内部被曝の怖さを知っていますか」
案内チラシ https://tinyurl.com/y8xupd7g

5月12日 山内悟さん講演会 
案内チラシ https://tinyurl.com/yd8pgrrf 

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第24回●
「憲法について語りあおう」
日  時:5月14日(月)18:30〜  
発題者:石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者) 
テーマ: 「今日の政治状況」
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
案内チラシ https://tinyurl.com/ya3sw5z3

●5月19日(土) アベ政治を終わらせよう!天神総行動●
     福岡市中央区天神 パルコ前
 ★「モリ・カケ・日報」徹底解明!
  ★ 9条変えるな!
  ★ 原発ゼロ・再生エネ社会を!

主催 福岡県総がかり実行委員会
共催 九条の会福岡連絡会、市民連合ふくおか
案内チラシ https://tinyurl.com/yaloqyb6

●市民連合ふくおか 例会ミーティング● 
日時: 5月21日(月)18:30〜
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●第8回口頭弁論: 5月30日(水) 13:30●
 (川内原発行政訴訟) 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
13:00 裁判所前で事前集会
13:30 口頭弁論期日
14:00 報告集会
           場 所: 福岡中部教会
(福岡市中央区大名2-4-36 地下鉄・赤坂そ亳から徒歩 3分)
地図 https://tinyurl.com/yar3wd28

●「2018年 非核と平和のつどい in福岡」●
日 時: 2018年6月2日(土)
・講 演: 川崎 哲(かわさき あきら)さん
       (核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)
・新作映画「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」 
案内チラシ: https://tinyurl.com/yamw6nlh

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第25回●
「憲法について語りあおう」
日  時:6月25日(月)18:30〜  
発題者:石村善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
テーマ: 「知る権利」
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆           
   
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770−5−71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内