[CML 041624] 2/5(金)緊急シンポジウム<日本軍「慰安婦」問題 日韓政府間「合意」は解決になるのか!?>&外務省前抗議行動

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2016年 1月 20日 (水) 05:07:43 JST


紅林進です。


2月5日(金)に、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動の主催で
行われるます外務省前抗議行動と緊急シンポジウムのご案内
を転載させていただきます。

(以下転送・転載歓迎)
******************************

*▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽*

緊急シンポジウム
日本軍「慰安婦」問題
日韓政府間「合意」は解決になるのか!?

*▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽**▲▽*

昨年12月28日、日韓外相は共同会見を開き、日本軍「慰安婦」問題の「最終的・
不可逆的解決」を宣言しました。直後、韓国では被害者と学生、市民らによる広
範な反対運動が起き、日を追うごとに拡大しています。一方、日本では評価が分
かれる中、韓国政府が被害者と支援団体、そして韓国世論をいかに「説得」する
かが問題解決の鍵
であるか
のような構図がつくり出されています。

このような日韓の認識差、温度差を埋めて、あらためて日本軍「慰安婦」問題の
あるべき解決を求めていくために、まずは日韓「合意」の問題点を明らかにする
必要があると考え、緊急シンポジウムを開催することにしました。

集会前には外務省で抗議行動をおこない、抗議声明も提出します。ふるってご参
加ください。

緊急シンポジウム発言者

金昌禄 慶北大学法学専門大学院教授
政府間「合意」の問題点は何か
李娜榮 中央大学社会学科教授(韓国)
韓国で広がる「合意」反対運動の現状
阿部浩己 神奈川大学大学院法務研究科教授
国際的基準に照らして「合意」を読み解く

とき:2月5日(金)11:00
 外務省正門前集合
11:00〜11:30 外務省前抗議行動、抗議文提出(HPにて賛同募集中)
12:30〜15:00 緊急シンポジウム
シンポジウム会場:衆議院第1議員会館大会議室
※12時よりロビーにて入館証を配布します。
資料代 700円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
主催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
〒169-0051東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)気付
TEL 070-1317-5677
e-mail:i_zenkokukoudou at yahoo.co.jp
http://restoringhonor1000.info
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


CML メーリングリストの案内