[CML 033767] 「産経のドン」が証言する集団レイプ

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2014年 9月 10日 (水) 22:02:47 JST


 坂井貴司です。
 
 フェイスブックで知りました。
 
 太平洋戦争時、日本陸軍経理課の軍人として慰安所設置の任務に就いた「産経
のドン」故・鹿内信隆。
 
 産経新聞からリベラル色を一掃し、極右タカ派の論調でこの新聞を塗り固め、
自民党政権と深く結びつくことでマスコミ業界の大物として君臨した鹿内が、さ
らに驚くべきことを「自慢話」として得意げに語っていたことが判りました。
 
 太平洋戦争の初期、日本は当時アメリカの植民地だったフィリピンを占領しま
した。

 その直後マニラ大学に在学していたフィリピン人女学生を、日本軍の高級将校
たちが「山分け」してレイプした、と鹿内はさも痛快そうに語っていたのです。
 
 (ここから)
 
*「産経新聞社の鹿内信隆氏が証言する日本軍による強制売春の事実!」
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=495661687237656&set=a.363646430439183.1073741830.100003814863471&type=1&fref=nf


 以下の対話は、鹿内信隆氏が桜田武氏との共に書いた『いま明かす戦後秘史
(上)』(サンケイ出版、1983年、29-30頁)からの引用である。

 周知のように鹿内信隆氏は、フジサンケイグループ会議の議長で、産経新聞社
の社長を務めた、日本のメディア界の重鎮だった。

 その鹿内氏が証言するフィリピンでの日本軍の行状は、実に恐るべきものであ
る。

 日本軍の南進は、建前上は東南アジア諸国を欧米の植民地から解放するための
ものであった。しかし、マニラに進駐した日本軍には、鹿内氏が語る裏の顔があ
った。

 マニラに日本軍が侵攻したため、フィリピンの各島からマニラ大学に進学して
いた女子学生が島に帰れなくなった。その女子学生たちは、「方々の島々の豪族
の娘たち」だったという。

 そして、鹿内氏が知った戦況報告によれば、その女子学生たちを、「日本の将
校がいただくわけだ。それが、いかにすばらしいかという報告で終始一貫おわっ
ちゃったわけ」というのである。

 対話者の桜田氏もあまりにひどい話なので絶句するが、鹿内氏は、「話としち
ゃ面白いよね。戦争中の話ですから。その女子大生が日本の将校のえじきになっ
たという報告があったのが、ぼくには非常に刺激的な印象としていまも残ってい」
るというのだから、呆れ果てた話であろう。

これ以上、明々白々たる強制売春の証言はないだろう。なにしろ、証言者は、吉
田某のような得体の知れない人物ではなく、日本のメディア界を代表する著名人
なのだから。

【桜田】そうでしょう。

【鹿内】ろくな戦争もしないうちに、最後はみんな餓死してしまったんですが、
緒戦は本間正晴中将を中心として、上陸したときは大変な勢いでした。本間軍団
の経理部のいちばん偉い人は、私どもの経理学校の上官だった人ですが、名前は
ここで申し上げないほうがいいとおもう。上陸作戦がすんでから、その人が陸軍
省に報告に来られた。経理担当の最高の師団将校ですから。で、その人の報告は、
要するに「すばらしい」というんです。 何がすばらしいのかといったら、マニラ
大学の女の学生は全部セレベスとか、が集まっていた。 ところが、日本軍がマニ
ラに上陸したら、島に帰れなくなっちゃった。 寄宿舎にいるやつが、みんな孤立
しちゃったわけだ。それを日本の将校がいただくわけだ。それが、いかにすばら
しいかという報告で終始一貫おわっちゃったわけね。 その戦況報告のはなしが 
…。
【桜田】うーん。

【鹿内】ぼくは、そのとき、非常に衝撃を受けたけれども、しかし話としちゃ面
白いよね。戦争中の話ですから。その女子大生が日本の将校のえじきになったと
いう報告があったのが、ぼくには非常に刺激的な印象としていまも残っています。
しかし、この人は中将になって、最後は満州で戦死してます。 
 。

(ここまで)

 「産経」は従軍慰安婦の証言は間違いや嘘が多いので信用できない、と書きま
す。
 
 これは、自社を日本有数の全国紙に育て上げた「中興の祖」が言ったことです
ので信用できるでしょう。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内