[CML 007903] TUPに関する元メンバーからの報告

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2011年 3月 2日 (水) 13:53:07 JST


萩谷です。

mlpmおよび、CMLでの先日の私の投稿に対し、TUPの内情の詳細を知りたいとの要請をくださった方に、3人の元メンバーの報告をお送り しました。多くの方に関心をお寄せいただきましたこと、お礼申し上げます。

先日も申しましたとおり、これらの報告は、CMLのように公開でアーカイブ化される場で発表すべきものではないと考えます。よってDMとしました。これについては、CMLである人から疑問を呈されたのですが、やはり最初の方針どおりとします。
今後も関心お持ちの方にはご要請あり次第DMにてお送りいたします。

報告のひとつは、「TUPで何がおこったのか」。初期からのメンバーで、配信人を先日の退会まで4年間担当してこられた古藤加奈さんによる、TUPの運営の変質にかんする証言です。

今のTUPのメンバーの一人が、CMLおよびmlpmという二つの市民運動系のMLに
古藤さんを名指しで中傷する文書を転送したのは、ご存知の方もお いでかと思います。
これは、名誉毀損で訴えられてもおかしくない行為です。しかもそれを転送してくれとまで言っているのですから、何をか言わんやです。

しかし彼らの名誉毀損該当行為はこれが初めてではありません。
もうひとつの報告<「TUP速報」の消滅 - 「陰謀論を扱うのは平和活動にとってデメリットだ」は本当か?>を書いている千早さんの場合がまさにそうでした。

千早さんは、911の真相究明のために書かれた記事の配信を十分な理由の説明
もなく差し止められたメンバーです。この人もごく初期か らTUP配信の翻訳の質
を維持することに多大の貢献のあった人の一人です。

先日の私の説明にもあったように、岩波の「冬の兵士」を出すため、翻訳チェッ
クの目的でもうけた別のML(査読班ML)は、あまりに往々、千早 さんに対する
陰口に使われていました。

査読者たちはてんでに彼女の人格を疑うような発言をするので、私はいったいど
んなひどいことを千早さんはしたのかと思い、彼 らに尋ねましたが、納得のい
く説明はいっさい聞いていません。

陰謀説に問題があるとすれば、科学的にまちがいなのか、政治的にまずいかのど
ちらかでしょうが、どちらも言わず、彼女の人格を攻撃したり、自分た ちは傷
つけられたなどという類の発言ばかり でした。

私の見るところ、千早さんは歯に衣着せぬ物言いはするものの、相手を傷つけて喜ぶ傾向はない人です。しかし彼らは、彼女が狡猾な意 図的挑発をしていると言っていました。

私は査読班でも、コアグループの人へのDMでも、自分は陰謀説あるいは911やらせ説をむげに否定する考えはないし、かの 陰謀説の大家、木村愛二氏とは以前は親しい間柄だったくらいで、星川さんも菅原さんも木村さんの書いたものは読んでいる、と言ったのに、彼らコアグループの人たちは、奇妙にも、そういう私に対してまったく不用心で、平気で千早さ んをこきおろしつづけるのでした。

査読MLでの千早さん誹謗は、岩波の編集者という外部の人が入ってきてもやみま
せんでした。私は外部の人の前では慎むよう警告しました。する と、そ のMLの
管理人は、では別のMLを作りましょうとのたまったものです。

私はあきれて、このやり取りを千早さん本人と発起人の菅原さんに転送し ても
いいのかと言いますと、管理人からは、「closed な MLでの発言を外に漏らすの
は原則違反ではあります。だから、萩谷さんが千早さんにそれを告げるのは原則
違反ではありますね。しかしながら、この場合は、 僕の方が先に原則違反して
いるので、僕としてはそれをするなとは申せません」というメール(2009年3月
5日)がきました。それぐらいしか言え ないのが当然です。

ところが、実際に私が転 送をすると、管理人は、本体のTUP-MLのほうで、萩谷
は重大な許しがたい違反をおかしたと言いたてました。

岩波の編集者の読んでいるところで千早さんをこきおろすのは、名誉毀損で告訴されてよい行為です。私がしたことは、同じTUP の仲間どうしでのメールを当該の人間
に転送しただけです。
これが重大な違反なら、彼らのしたことはなんだったのでしょうか?

3人目は、千早さんとコアメンバーの間を正常化しようと試みた末、コアメンバーに疎まれ、退会に至った丸田由紀子さんで、TUPの実情につ いて問い合
わせをくださった方への返事として書いた覚書「覚書または資料として」です。

                           以上






CML メーリングリストの案内